開業届けを出して、脱サラ起業する方法

開業届けを出して、脱サラ起業する方法
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

開業届けって何のこと?

開業届けの書き方は?

開業届けを、
出すタイミングは?

開業届けを出して、脱サラ起業する方法
の記事では
開業届けにまつわる疑問に、脱サラ起業の成功者が答えています。

開業届けを出すってことは、つまり起業するってことです。

開業届けを出すということは、起業するってことですので、気合いれていきましょう!!

では、本編どうぞ。

「脱サラ起業の前に副業をやってみたい!」という方は、
下の記事も読んでみてください!

この記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。

投資と経営で、
月500万円を稼ぎます。

先日、こんなツイートをしました。

脱サラ起業して成功しました。
お金が余って増え続けてます。

25歳で脱サラ起業して、
27歳で勝ち逃げしました。

【勝ち逃げとは?】

何もしなくても入ってくるお金が、生きていく為に必要なお金を上回っているから増え続け、危険なことには、保険金がかかってる状態。

後でも、開業届を提出するタイミングを言いますけど、サラリーマンの間に開業届けは出しましょう!!

私もサラリーマンしながら開業届けを出して、副業で起業しました。

青色申告控除で税金も安くなったし、給料とは別にお金も稼げたし、安全なサラリーマンしながら起業が経験できました。

開業届けを出して、副業で起業して、脱サラ起業で成功して、今や代表取締役社長です。

【結論】

代表取締役社長って最高!!

まずは開業届けを出して、自分の人生を進めましょう。
このブログを通して、後輩起業家の幸せを応援できればと思います。

がんばれ!!

開業届けって何?

開業届けって何のこと?

開業届けとは、一体どういうものでしょうか。

【結論】

開業届けとは、個人事業を開業したことを税務署に申告するための書類です。

お金を稼いだら、ちゃんと税務署に申告します。

開業時は税務署に知らせる為に、個人事業の開業・廃業等届出書を提出するのですが、それを一般的に開業届けと言います。

開業届けは、形式的なもの。


こんなこと言ったらあれですけど、

開業届けは、ただの書類です。

個人事業主は、1年間(1月1日〜12月31日)の所得を計算し、所得税を納税しなければなりません。
その他にも、税金の支払いが必要だったりします。

結局、お金を稼いだ分や経費は、確定申告で申告することになるので、

開業届けは、提出しなくても罰則はありません。

ですが、個人事業の開業・廃業等届出書と、青色申告承認申請書とを出せば、

青色申告特別控除が、受けられるようになります。

いくつか条件がありますが、個人事業の開業・廃業等届出書と青色申告承認申請書とを出して、

青色申告特別控除は、必ず受けるべきです。

だから、開業届けは出すべきだし、自分のやってることを把握する為にも、ちゃんと開業届けのフォーマットで記帳していきましょう。

では、書き方を見ていきましょう。

開業届けの書き方は?

開業届けの書き方は?

開業届けを出した方が、青色申告特別控除の分有利だと伝わったと思います。

そして、確定申告は避けて通れませんから、脱サラ起業前から準備をしておきます。

【事前準備】

マイナンバー、事業所の住所、開業日

・マイナンバーがわかる書類
・事業所をどこにするか?
・いつ開業日とするか?

を用意しておきます。
そして、あとは

【会計ソフトfreee(フリー)】

で作成します。まじでおすすめです。

おすすめレベル、MAXの星五つです。
★★★★★

私が個人事業主時代にあれば、めっちゃ楽だったのになと思います。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑
個人事業主としてやるなら、確定申告は避けられないですので、脱サラ起業前に、準備します。

ちなみに、やっておいた方がいいことは、3月の税務署見学です。

殺気だった男たちが、列をつくってますから!!笑

確定申告は殺意が湧くくらい、クソ面倒なんです。
なぜなら、お金を取られる為に自分で計算しないといけないから。

その確定申告を簡単にしてくれるのが、freeeなので絶対に利用すべき。
本当に悪いことは言わないから、使っておきましょう。

使わないなら、あなたが列の殺気だった一人になるでしょう。笑

【結論】

freeeを導入して、開業届けを簡単に提出して、確定申告を楽にして、脱サラ起業の成功にだけ集中すべし。マジでおすすめ。

脱サラ起業して、失敗したら悲惨です。

・再就職ができない
・仕事を選ばず働くしかない
・離婚する
・大切な人達に迷惑をかける
・借金だけが残る

などなど、マジでリアルにあります。

脱サラ起業したら、成功以外ありえない。

起業したら成功するだけ。
その為には、経理業務は軽くしないとダメ。

【結論】

freeeで楽をして、本当にやるべきことに集中すべし。

私は会社の代表取締役になって、今は優秀な税理士さんに丸投げです。
なぜなら、私の時間は稼ぐことに集中すべきだからです。

もう自分でやるのは辞めました。

起業したばかりなら、お金が大切なので自分でやるべき。

だから、【会計ソフトfreee(フリー)】を利用します。

開業届けを出すタイミングは?

開業届けを出すタイミングは?

開業届けを出すタイミングは、ずばりサラリーマン中です。

【結論】

サラリーマンやってる時に、副業として開業届けを出すべし。

脱サラ起業で成功したいなら、安全域という考え方をしてほしい。

来月の給料は、副業が成功しようが、副業が失敗しようが、ちゃんと入ってきます。

給料もらいながら、チャレンジしたら安全。

起業を副業から始めれば、何度も失敗できます。

失敗するから、成功するんです。

副業禁止ですが、やっても大丈夫?

副業禁止の会社とか、あると思いますが論外です。
そんな会社は、さっさと転職しましょう。

副業が許される会社に、さっさと転職してください。

脱サラ起業成功の為に、IT系の転職が最高なので記事にしています。

今時、副業禁止の会社なんて経営者が時代遅れなので、そんな会社辞めたらいいです。

脱サラ起業成功したいなら、IT系のスキル・知識・経験をもって、副業から起業して成功したらいいんです。

私も、

1、サラリーマンと副業
2、脱サラして個人事業主
3、個人事業主から法人化

と代表取締役社長まで、小さく始めて、大きく育てました。

今、7億円規模のビジネスを、問題なく運営できているのは、確実にステップアップしたからです。

【結論】

開業届けは、サラリーマンやりながら副業で提出しましょう。

これからの時代に必ず必要になってくるITスキルを自分にあったやり方で学べる方法をまとめた記事を最後に載せておきます。あなたの未来の力になってくれます。

タイトルとURLをコピーしました