【年収1000万円】脱サラで年収1000万円稼ぐよりもいいこと。

【年収1000万円】脱サラで年収1000万円稼ぐよりもいいこと。
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

脱サラして年収1000万円稼げますか?

脱サラして年収1000万円稼ぐのを目標にするのは、どうですか?

脱サラして年収1000万円稼ぐには、どうしたらいいですか?

【年収1000万円】脱サラで年収1000万円稼ぐよりもいいこと。

の記事では、

脱サラ起業して、
投資と経営で月500万円稼ぐ私が、
脱サラして年収1000万円の稼ぎ方や、
年収1000万円を稼ぐよりも、
いい方法をお伝えします。

私のライフスキルを詰め込みましたので、
生きやすく、楽しい人生が味わえるはずです。

【この記事をよむと】

・脱サラして年収1000万円稼ぐ方法がわかる
・脱サラして年収1000万円稼ぐ以外を知る
・脱サラして年収1000万円以上稼げる

「脱サラ起業の前に副業をやってみたい!」という方は、
下の記事も読んでみてください!

この記事の信頼性

【年収1000万円】脱サラで年収1000万円稼ぐよりもいいこと。の記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。
投資と経営で月500万円稼ぎます。

先日、こんなツイートをしました。

だいたい月500万円は超えますよね。

お金を稼ぐことは、
そんなに難しいことではなくなりました。

次はメインバンクの通帳データです。

パートナー企業との業務提携分が、
12月度だけでも1000万近いですよね。

日付内容出金金額(円)入金金額(円)
2020/1/10振込*カ)パートナー企業04,403,759
2020/1/8口座振替 NSSゼイリシホウシユウ55,0000
2019/12/30振込手数料2500
2019/12/30振込*アルソツクフクオカ(カ101,6400
2019/12/30ATM手数料1100
2019/12/30ATM セブン銀行0500,000
2019/12/30振込*借り主030,000
2019/12/27口座振替 楽天カードサービス255,8380
2019/12/27ATM手数料1100
2019/12/27ATM セブン銀行0150,000
2019/12/27振込*借り主060,000
2019/12/27口座振替 SMBC(カ)LIFULL16,5000
2019/12/23口座振替 NSS シヤロウシ16,5000
2019/12/10振込手数料2500
2019/12/10振込*自社別口座への移動9,790,0000
2019/12/10振込*カ)パートナー企業09,890,334
2019/12/9口座振替 NSSゼイリシホウシユウ55,0000
2019/12/3振込手数料2500
2019/12/3振込*カ)リフォーム屋33,0000
2019/11/28振込*借り主030,000

2019年12月は他の収入とも合わせて、
最高月収1114万円を達成させてもらって、

年収1000万円どころか、
月収1000万円いったこともあります。

月1000万円稼げる私が、
みんなが憧れる年収1000万円について、
達成の仕方や、年収1000万円稼ぐより、
いい方法なんかも共有します。

では、本編いきましょう。

脱サラして年収1000万円の為に、把握すべきこと。

脱サラして年収1000万円の為に、把握すべきこと。

【結論】

年収1000万円は、
1円を1000万回重ねたもの。

年収1000万円を稼ごうとして、
まず理解しなければいけないのは、
年収1000万円が1円を1000万回重ねたものだということ。

ほとんどの人が、
年収1000万円を稼げない理由は、
生産性と労働時間に壁があるからです。

普通に頑張っても、
年収1000万円は無理だと、
最初にわかってもらいたいんです。

ちょうど、
現在の日本で1000万円を稼ごうと思うと、
突破するのに難しい壁が現れます。

ほとんどの人はその壁をやぶることができず、
年収1000万円に届きません。

だから、

年収1000万円プレイヤーは、
全体の数%しか存在しないんです。

【結論】

年収1000万円を達成するためには、
生産性と労働時間による壁をこえる必要がある。

もうちょっと数字で考えます。

しんどいでしょうけど、
電卓を出して、ついてきてください。

めちゃくちゃ重要で、
あたり前のことをいいます。

年収1000万円いきたいなら、
絶対、飛ばさないでください。

では、計算します。

うるう年を考えずに、1年間は何秒なのかを計算。
365日×60秒×60分×24時間=31536000秒。

1年=31536000秒

つまり、

1年は31536000秒ありますから、
ずっと起きていれらるなら、

年収1000万円÷31536000秒=0.318/秒

1秒で0.318円ほど稼げれば、
年収は1000万円を超えます。

【結論】

寝ないで働き続けられるなら、
1秒で0.318円稼げればいい。

いや、寝ないと死んでしまいます。
いや、食べないと無理です。
いや、休みないとか無理です。

と思いますよね。

その通りですから、
1日の半分は働かないことにしましょう。

すると、

単純に2倍稼がないと、
年収1000万円になりません。

0.318/秒×2倍(1日の半分を休むので)=0.636/秒

【結論】

1日の半分を休みにするなら、
年収1000万円を稼ぐ為には、
1秒に0.636円は稼げないとダメですね。

私は秒で物事を考える癖がついているので、
もう年収1000万円の正体がわかります。

ところが、

読者のみなさんは、
そんな特殊な訓練をしてないと思うので、
時間が一番わかりやすいはずです。

だから、

時間になおしてあげると、
0.636円×60秒×60分=2289円/時間

つまり、

時給換算すると、
2289円を稼げないと、
年収1000万円にならないです。

さらに、

時給2289円になったとしても、
1日12時間毎日働く計算になります。

なぜなら、

1日の半分しか休みにしない計算にしてるから。

【結論】

年収1000万円を稼ぐには、
時給2289円で1日12時間働く必要がある。

まわりくどくなりましたが、
私が伝えたかったことは、ただ一つ。

自分一人が働いて達成しようと考えるのは、
無理がある年収が1000万円という額なんです。

年収が低いと単純労働で、
達成可能なんですが、

年収1000万円を稼ぐとなると、
自分が頑張るという発想からは逃げないと、
まず達成が不可能です。

コツコツ準備して、いい大学行って、
年収の高い職場にいくなら別ですが、
それができているなら、この記事にはいないはず。笑

【結論】

年収1000万円いきたいなら、
自分が働かないってことにこだわれ。

脱サラして年収1000万円稼ぐ方法

脱サラして年収1000万円稼ぐ方法

【結論】

年収1000万円は、
単純労働で達成しないので、
他人の時間・他人のお金・他人の力を使う。

文系の読者さん、
ごめんなさい。

私も文系なので、
気持ちはわかりますが、
数式使わせてください。

文系っぽくいうと、
レバレッジ(テコの原理)を使うと、
年収1000万円が達成できます。

ですが、今回は読者さんが年収1000万円を、
本気で狙ってると考えるので数式を使います。

では、いきましょう。

【結論】

〇〇×nになるように式を組むことから、
年収1000万円の道がはじまる。

たとえば、

ブログ読者のみなさんが、
普段使っている式は、こんな感じです。

労働資本(自分自身)×労働時間=給料

で、最初の章でも解説しましたが、
時給をあげるか、労働時間を伸ばすか、
この式を使う限り、他に方法がありません。

なので、

残業代カットや、完全週休2日で、
生活がしんどいみたいな話がでてきてしまいます。

【結論】

労働資本×労働時間=給料では、
年収1000万円は、苦しい・厳しい。

じゃぁ、月収1000万円の私はというと、

【ホテル業】
店舗数×顧客数=売り上げ

【不動産業】
物件数×賃料=売り上げ

【リフォーム業】
仕事の依頼数×単価=売り上げ

となっていて、
どこにも私の労働時間をいれていません。

【結論】

他人のお金、他人の力、他人の時間を、
使うと年収1000万円をこえていく。

自分の労働時間を使わないでいこうと思うと、
他人の力・他人のお金、他人の力が必要です。

ホテル業・リフォーム業は、
他人の時間を借りています。

それぞれ、
お客さんがお金を払うレベルにする為に、
従業員を教育して、タスクを実行してもらいます。

労働時間は、従業員が提供してくれます。

不動産業は特別で、
廃墟か草むらを安くで買う(自分)
地域に役立つ物件に変える(他人)為に、
お金を払ってリノベ業者(他人)入れます。

客付け・管理を業者(他人)に任せて、
通帳のチェック(自分)となります。

労働時間は、外部業者が提供してくれます。

【結論】

大事なことなので、もう一度いうと、
他人のお金、他人の力、他人の時間を、
使うと年収1000万円をこえていく。

ビジネスは人件費を上回る収益を、
出し続けるのが難しいので、
私みたいに若者を育てたいとかなければ、
人を雇うのは反対です。

外注でなんとかなるビジネスにしましょう。

おすすめは不動産ですよね、
私の場合、毎月53万円入ります。

【脱サラ当初の場合】

脱サラ=24歳
ブログ収入=月3万円
不動産収入=月2万円

【脱サラから9年後】

現在=33歳
ビジネス収入=月450万円前後
不動産収入=53万円/月

不動産収入は、
通帳ながめるだけなので、
めっちゃ楽ちんです。

まったく時間を使わないので、
お金が自分の代わりに働いてくれる感じ。

従業員と違って、
ケアをしてあげる必要ないので、
お金に働いてもうらうのは楽ちん。

▶︎【結論】脱サラ起業して収益不動産を買えば、金持ちになる。

ほかには、

ブログ収入もおすすめです。

なにか目標をたてて、
実況中継のような日記ブログをつくれば、
月3万円くらい入ってきます。

こちらも24時間文句もいわず、
ネット空間でお客さんを集めて、
勝手に広告してくれるので、
お金が手に入ります。

▶︎【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

【結論】

年収1000万円稼ぐには、
他人のお金、他人の力、他人の時間を使う。

脱サラして年収1000万円稼ぐのはバカ

脱サラして年収1000万円稼ぐのはバカ

【結論】

脱サラして年収1000万円稼いだら、
税金・社会保険料が多くて割に合わない。

一人で年収1000万円稼ぐとか、
バカらしいというのが私の結論。

夫婦で稼ぐべきだし、法人化すべき。

それを理解してもらう為に、
ざっくり手取り計算をします。

あくまでイメージをつかんでもらう為に、
ざっくりいくので、理解してくださいね。

【年収1000万円のサラリーマン】

ざっくり手取りは720万円。
税金・社会保険料で280万円。

年収1000万円のサラリーマンは、
約5パーセントほどらしいので、
相当難しいです。

ですが、

そんなに大変なのに、
めっちゃ税金・社会保険料がとられます。

【年収500万円のフリーランス夫婦】

ざっくり手取りは850万円。
税金・社会保険料で150万円。

年収500万円のフリーランスは、
約25パーセントほどらしいので、
4人に1人は、いけちゃうレベル。

ですが、

こんなに楽なのに、
税金・社会保険料が低いおかげで、
年収1000万円サラリーマンに比べて、
年間130万円も手残りします。

脱サラ起業して、夫婦で稼いだほうがいい。

年収1000万円のサラリーマンの旦那と、
専業主婦という組み合わせより、

二人ともフリーランスで、
楽ちんで稼いでいったほうが、
コスパいいんですよね。

二人の方が楽しいし、
私の家庭で奥さんは最高のパートナーです。

戦友であり、親友であり、恋人であり、家族です。

【結論】

年収1000万円サラリーマンはコスパ悪い。
楽に稼げていないなら、やめてOK。

ほかには、
私がやってるように法人化がおすすめ。

法人化すると、
私・奥さん・法人くんと3人格つくれます。

その3人で所得を分散してやると、
効率よく稼ぎを手元に残せます。

年収1000万円のサラリーマンが、
一人で稼いでしまうと、
1000万円に対する、
税金・社会保険料がかかります。

ところが、

私、奥さん、法人くんで、
年収1000万円を割ると、
一人333万円でOKです。

税金・社会保険料と、
それぞれこの333万円をもとに、
計算してくれるから安くすみます。

【結論】

年収1000万円を一人で稼ぐのはバカ。
仕事の大変さもわけあって、所得もわけあうと、
楽なのに、お金持ちの人生が待っている。

脱サラ起業して年収1000万円以上稼ぐには、楽をすること。

脱サラ起業して年収1000万円以上稼ぐには、楽をすること。

【結論】

脱サラ起業して、
年収1000万円以上稼ぐには、
どんどん楽をすること。

結局、年収1000万円以上いくのに、
単純労働では難しいです。

生産性を上げる、労働時間を伸ばすには、
限界がありますよね。

だから、

他人のお金、他人の時間、他人の力が、
ちゃんと使えないと年収1000万円を、
稼ぐのは厳しいですね。

【結論】

年収1000万円を稼ぐ為には、
どんどん楽をするように働くこと。

一つ目が、自分が稼いだノウハウをまとめて、
従業員でもできるところを任せること。

2つ目は、お金に働いてもらうこと。

私はそれで月1000万円を稼いだ男なので、
この二つをおすすめします。

あなたに能力がないなら、
従業員を雇うのは反対です。

コロナ前までは、
従業員を雇ってサービスを受注するのが、
かなり強いなぁと思ってました。

従業員のみんなと楽しく挑戦しながら、
お金ももらえるなんて最高ですしね。

私はかっこつける相手がいないと、
遊んでしまうタイプなので、
従業員や奥さんがいるのは大事です。笑

ですが、

コロナを経験して、
周りを見てたら考えが変わりました。

私くらい、準備ができる人じゃないと、
従業員を雇うのは危ないです。

人件費は固定費になるので、
仕事が消滅した時に、
それまでの分が吹っ飛びます。

そうならない為に、たとえば私の場合、
ホテル業のライバル会社を空売りしてます。

他には不動産業では、
カタイ商売しかしていません。

【不動産】

年齢=33歳
不動産=約1億円
不動産収入=月53万円

こうしておけば、
ビジネスが赤字の時でも、
不動産からお金がでてくるので、
なんとかすることができます。

なので、

従業員を雇うより、
お金に働いてもらう不動産が先、
不動産から従業員の給料がだせそうなら、
どんどん雇用していくのはありです。

【結論】

脱サラして年収1000万円稼ぎたいなら、
お金に働いてもらって、自分は働かないのが一番。

タイトルとURLをコピーしました