嫁の力は偉大!!脱サラ起業には嫁の力が不可欠な理由。

嫁の力は偉大!!脱サラ起業には嫁の力が不可欠な理由。
さるしゃちょー@脱サラ起業家

年齢:34歳 職業:経営者
家族:同級生の嫁、息子2歳、娘0歳
株式投資:+2325万円
不動産投資:約1億4千万円
会社経営:2017年7月〜現在

※(2022年7月現在)

さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

嫁はいた方がいい??

どんな人を嫁に選べばいい??

嫁ストップ・嫁プッシュとは??

15歳で出会って、
お付き合いした彼女と結婚した私が、
これらの疑問に答えます。

彼女のおかげで、月500万稼げる男になりました。

「脱サラ起業の前に副業をやってみたい!」という方は、
下の記事も読んでみてください!

この記事の信頼性

嫁の力は偉大!!脱サラ起業には嫁の力が不可欠な理由。の記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。
投資と経営で月500万円稼ぎます。

先日、こんなツイートをしました。

私は嫁がいたから、成功することができました。

配偶者で人生が変わります。

また、

「1億円貯める方法を、お金持ち1371人に聞きました」
という本の中でも紹介されていますが、
「配偶者がいることが成功要員である」と分析されています。

まったくもって同感です。
私は3億くらい資産もってます。

1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました

新品価格
¥1,815から
(2020/6/23 10:35時点)

アマゾンから買えるようにしといたので、買って読んでみてください。

幸せな人生に、信頼できる嫁がいることは欠かせないと同時に、
脱サラ起業で成功したいなら、世の女性の中から優秀な人を、他人より早く見つけないとダメです。

嫁はいた方がいい??

脱サラ起業するのに嫁はいたほうがいい??

【結論】

脱サラ起業で成功したいなら、嫁はいた方がいい。

脱サラ起業で成功した私が、自信を持って言える部分です。
嫁のおかげで、
成功することができました。

【嫁がいるメリット①】

嫁にかっこつけたくて、頑張れる。

まず、人間は自分のためよりも、誰かの為に努力する方が力がでます。
嫁にかっこつけたくて、ある程度のレベルで仕事できます。

私は嫁がいなかったとしたら、
ずっとゲームしてしまって、ダメ人間だったと思う。

【嫁がいるメリット②】

信頼できる人がいるおかげで、
精神が安定して幸せで満たされる。

お金がどれだけあっても、
精神の安定がなければ、幸福を感じることは難しいです。

嫁がいてくれれば、ものすごく幸せです。

それでお金もあるから、もう最高に幸せです。

経営者は責任を背負っていて、
「自分次第で何もかも変わってしまう」というプレッシャーがかかってます。

だから、嫁の存在が必要です。

【嫁がいるメリット③】

役割分担ができる。

私が従業員を怒る時は、必ず、嫁がフォローしてくれます。

私が鬼軍曹役、
嫁が優しいお母さん役、
と部下のマネジメントでは役割をわけています。

私が未来の設計図を担当して、嫁が近しい仕事の段取りをこなします。

私の成果の8割は嫁がいて、成り立っているのです。

【嫁がいるメリット④】

周りの評価も高まる。

私が15歳から付き合った彼女と、結婚していることも影響あるでしょう。

32歳で17年間同じ女性といるので、
圧倒的に女性からの評価が高いですし、同性からも誠実さを評価してもらえます。

素敵な嫁がいてくれたおかげで、
なんと一緒にいた年数すら評価してもらえる。

一緒にいたくて、一緒にいるし、幸せな時間を過ごしてきただけなのに、
その時間すら評価してもらえるなんて、嫁がいるだけでスゴイ効果です。

【結論】

絶対に結婚した方がいい。

いい嫁と結婚することが、
脱サラ起業成功への近道。

どんな人を嫁に選べばいい??

脱サラ起業で成功するなら、どんな嫁を選ぶ??

【結論】

「尊敬することができて、一緒に幸せになりたいと思える」
そんな女性を嫁に選びましょう。

私は15歳の時に付き合った彼女と結婚して子供もいます。
もう17年一緒にいますので、人生の半分以上の時間を過ごしてきています。

一緒に幸せになりたいと思える、尊敬することができる人は、
今の嫁以外に考えられないです。

私たち夫婦は2人で一緒に、
毎日幸せに生きるプロだと思っています。

この若さで一人の人と一緒にいて、こんなに幸せな人は、
自分たち以外に出会ったことがありません。

人間は自分が一番大切です。

だから、誰かと過ごすってことは、
自分に都合がいいかどうか?を、どうしても考えてしまいます。

すると、夫婦という形が成立するわけがないんですよね。

夫婦は所詮「他人」です。

もっとも小さな社会の単位、それが夫婦です。

他人が一緒にいる為には、意味がないと成り立ちません。

相手をリスペクトすること、自分にリスペクトされる要素があることが、
夫婦という形にとって大切です。

この人と一緒にいて誇らしいという気持ちが、
夫婦を意味のあるものにできます。

お互いが相手をリスペクトできれば、結婚生活はエンターテイメント性に溢れています。

だから、一緒に幸せになれるんです。

幸せにしてやるとかは違います。
お互いが相手からリスペクトされるように、誠実に努力する必要があります。

これからの日本は、
生きていくのに、めっちゃしんどいです。

これからの日本は残念ながら、生きていくのがしんどいです。

上がり続ける税金、上がらない給料。

お互いが自分たちの長所を生かして、
成長していける関係性でないとしんどいです。

片方に足を引っ張られたら、一緒に沈む時代です。

だからこそ、
一緒に成長していけることが、かなり大事な要素になります。

あなた一人が成長しても、
嫁だけが成長しても、
今の日本だったら沈むでしょう。

ずっと、不幸でいることになります。

【結論】

一緒に幸せになれる努力ができる。
リスペクトすることができる。

私の嫁みたいな人が最高!!

嫁ストップ・嫁プッシュとは??

脱サラ起業を成功させる、嫁ストップ・嫁プッシュとは?

【結論】

嫁ストップ=ブレーキ
嫁プッシュ=アクセル

嫁ストップ=ブレーキですが、
いい嫁ほどブレーキのかけ方が上手い!!

私は理想が高く、夢みがちなので、
嫁ストップでブレーキがないと、200キロでドリフトしながら峠道を爆走してしまいます。

それくらい無謀な人間の一人です。
もちろん、例え話です。笑

実際は車すら持っていません、お金かかるものが嫌いなんです。

【嫁ストップで成功したパターン】

株式投資で、かなりの額投資していた時、
熱くなってしまい、2700万円の損失を出しました。

この時、もう一歩進んで追加投資していたとしたら、
破産レベルの失敗をするところでした。

嫁ストップにより、
くやしいけど、損切りした後、
不動産でコツコツやってきて、
今、1億円ほどの物件を持っています。

あの時、破産していたら、不動産は始められていないですし、
前向きに切り替えさせてくれたのは、まじで嫁ストップさまさまです。

負けず嫌いなので、失敗を認めるのが難しい時があります。

プライドが邪魔するんですよね。

でも、プライドで飯は食えないんで、
嫁ストップで原点回帰できるのは、まじでありがたいです。

二人で幸せに生きる為に、いろいろやっています。
それを忘れてしまうのは、大きな間違いです。

株式投資とか不動産投資は、
もののついでなんで、嫁ストップで気づくことが大事。

嫁ストップのおかげで、ブレーキがかかって、
これまで救われてきました。

嫁プッシュ=アクセルですが、
こちらは勝負の時、落ち込んだ時、
嫁がアクセル踏んでくれたので、めっちゃやれました。

自分一人だとパワーが出ない時も、嫁の存在が私に力をくれます。
嫁プッシュがあれば、マリオのスターとった状態!!

おりゃーといけます。

【嫁プッシュで成功したパターン】

ホテル業で、
田舎中型店の経営を、ビジネスパートナーから依頼されました。

万年、赤字店舗であり、まじで田舎なので、
私の能力が活かしきれない。

あーあ、もうおもんないやん。

と思っていたのですが、
嫁が言うには、

あの店舗黒字にできるのは、あんただけやろ??

って、

見返したったらいいやん

って、

めっちゃ、可愛い顔してるのに、男前すぎて惚れましたね。

せやな、よしやるか!

見事、大幅黒字達成しました。
年間5000万円の純利益です。

年間赤字5000万円の店舗でしたから、
年間黒字5000万円の店舗にして、
私の力で1億円積んでやりました。

ほらね?

私も人間なんで、気持ちがもろもろ支配します。

その気持ちを大きく揺さぶって、大きな幸せや興奮を与えてくれるのは、
嫁の存在なんですよね。

【結論】

嫁ストップ=ブレーキ
嫁プッシュ=アクセル

ブレーキかけて傷つかないよう、
嫁が守ってくれます。

アクセル踏んで成功するよう、
嫁が背中押してくれます。

いや、絶対結婚した方がいいやろ。

ここから先のコンテンツは、より深堀りした内容です。

脱サラ起業で成功することは、甘いことではないですが、
そんなに難しくもありません。
いい嫁と二人で努力できれば、だいたい勝てるでしょう。

少なくとも一人で頑張ってるだけの勘違い野郎には勝てますから、
いい嫁の見つけ方なんかも紹介しますね。

嫁に脱サラ起業を相談する

既に結婚していて、嫁さんがいる時
「脱サラ起業をしよう」と考えたら嫁さんに相談すると思います。

というより、相談しなくちゃいけません。

人生を共に歩んでいこうと誓ったにも関わらず、
あなた一人の勝手な行動でお互いの人生をぐちゃぐちゃにすることは許されません。

脱サラ起業を考えた時は、必ず嫁さんに相談するようにしましょう。

ただ、全員が全員脱サラ起業に賛成するとは限りません。
中には、反対する嫁さんも当然ながらいます。

反対要因としては
「経済面の不安」が一番大きいでしょう。

この時あなたは、なんと言って嫁さんを説得させますか?

私は
「自分がやろうと思っていること」
「やろうと思った経緯」
「いつまでにどのくらいの収益が生まれるのか」
「生活に困らないくらいの収益が発生するのはいつごろになるのか」
など
私が考えていること全てを話しました。

嫁さんに相談する時は、より詳しく脱サラ起業の内容を説明することをお勧めします。
嫁さんの不安要因は「わからない」から来ることが多いです。

あなたの説明次第で、嫁さんの不安は解消することが可能です。

もしあなたが、隠し事をしてまで脱サラ起業をやろうと考えているのなら、それはお勧めしません。
一番信頼して欲しい人には、隠し事はなしでいきましょう。

【結論】

嫁さんには、脱サラ起業の内容を隠さずに説明すること。
信頼して欲しい人には、隠し事はなし。

自己紹介の深堀りと、嫁についてのアドバイス

脱サラ起業成功させる嫁についてのアドバイス

こんにちは、さるしゃちょーです。
株式会社の代表取締役です。

25歳で脱サラ起業して、
27歳時点でお金が増え続ける人生を、
嫁と幸せに過ごしています。

詳しく知りたい方は、
プロフィール記事も書いているので、
確認してみてください。

嫁とは2003年に付き合ってますので、
15歳で出会って、今2020年で17年。

そう、17年一緒にいますし、お互い人生の半分以上一緒に過ごしてます。

お互い素晴らしい人になれるよう、
ずっと努力を続けています。

最初から飛び抜けて、素晴らしい人間として、
お互いいたわけではなく、共に過ごし成長する中で、

世の中探しても見つからない、
そんな存在にお互いがなっています。

もう、嫁以外に人生を一緒に過ごしたいと思う人は現れることはないでしょう。

それくらい素敵な女性です。

共に歩む日々の中で、一緒に成長できたことを、本当に嬉しく思います。

【結論】

嫁は、完璧を求めず、
「一緒に成長していけるか?」を、基準に選ぶべし!!

そもそも、
偉そうに人の評価してるけど、自分はそれほど優れているの?

自分も未熟、相手も未熟、
それでも一緒に歩み、成長する。

嫁を探すなら、学生時代が最高 。

嫁を探すなら、学生時代が最高。

【結論】

嫁探しに最も大事な時期は、学生時代で間違いない。

学生時代は恋人を選び放題、
二度とこんなに美味しい状況はこない。

前後のかぶっている学年も入れると、半端じゃない数の女性から嫁を選べます。

私はその中から、今の嫁を見つけました。

質は量から生まれます。
量の確保がビジネスでも大切。

2人の中から嫁を選ぶ
10人の中から嫁を選ぶ
100人の中から嫁を選ぶ

どれが、いい嫁を選べそうか?

これは、感情論ではなく、数学でも証明されている話。

量が質の母なんですよ。

たくさん失敗して学んだことから、最良を選ぶ努力を続けることで、成果につながります。

ビジネスも嫁選びも、量が質を決めます。

学生時代がなぜ有利かというと、
男女共学の高校に所属しているだけで、

自分が高校1年生だとしたら、同級生と高校2・3年生の先輩から選べる。
高校の後輩が2学年分入学してくるので、入学してくる後輩の中からも選べる。

高校3年間の間に、5学年分の女子生徒に出会えます。

社会人になって、
同世代がこれだけ集まっていて、何度も同じ時間を共有できる環境は、まったく存在しません。

ある時、ある場所に、同じ時間に存在すること。
それがなければ、出会うことすらできない。

出会いは、かけがえのないもの。

学生時代と同じ数の出会いを、社会人で再現するなら、
すれ違う人に声をかけないと、いけないレベルです。

普通に、出会うって難しいんですよ。

学生時代に嫁を選べたことが、私のかなり大きな成果です。

社会人になってからまだ一人なら、
私だったら、出会いを最重視します。

学生時代を過ぎた人は、大チャンスを逃してしまっているので、
いつかは、、、みたいな馬鹿を言ってないで、出会いを探すことにもっと必死になるべき。

量が質を生むのに、量をこなせてないなら、
質の低い嫁をパートナーにするか、独身で生きていくかです。

【結論】

量は質の母、
学生時代がめちゃ有利。

そこを逃したなら、
出会いをつくることに必死になるべき。

嫁がいなくても、問題ない時代。

嫁がいなくても、問題ない時代。

【結論】

一人でも生きていける時代。
一人で生きて何が面白い?

難しい方からやっとけ。

一人で生きていくことが、ものすごく簡単な時代。

お金を払えば、だいたい手に入る時代。

資本主義経済が成熟して、
必要なモノやサービスは、企業が努力して提供してる。

つまり、現代社会は、モノやサービスに満たされている。

わざわざ2人で、制限だらけの中、生きていく意味はある??

どこに結婚するメリットが、あるのでしょうか?

そこだけ切り取ると、
結婚なんてしなくていい。

家族を持つメリット・デメリットと、
一人でいるメリット・デメリットを、
比べると差がないような時代です。

そんな時代においても、
結婚は素晴らしいものだと、私は思うんですよね。

結婚できて、よかったー!!

私は、絶対に結婚をオススメします。

嫁がいると、人生の幸福度が大きく違います。

メリット・デメリットとかを超越します。

私も結婚するまでは、結婚について疑問でした。

結婚は紙切れ一枚の謎の契約。
結婚式とかいう謎の儀式。

なぜ、結婚式?
なぜ、結婚??

と思っていました。

ぜひ、最高の相手と結婚してください。

そうすると、
結婚について考える無駄は無くなります。

そんな意味のないことは考えなくて済みます。

一緒に歩んでいける、
一緒に成長していける、
一緒に幸せになれる、

結婚して幸せに歩めばいい、
ただ、ただ、それだけのことです。

【結論】

最高の嫁を選べばいいだけ。

時代がどうのこうの、
稼ぎがどうのこうの、
子供がどうのこうの、
結婚がどうのこうの、

まじで関係ない。
結婚は素晴らしいもの。

現代版嫁の選び方、3つのポイント。

現代版嫁の選び方、3つのポイント。

【結論】

お互い尊敬できる。
一緒に成長できる。
一緒にいて笑える。

嫁選びのポイントは3つです。

お互い尊敬できる人なら、一緒にいる意味があり、
誇らしい気持ちで一緒にいれます。

一緒に成長できれば、自分の成長も相手の成長も、喜びで溢れていて、
お互いがベストパートナーに、なることができます。

一緒にいて笑えれば、共に過ごす時間が楽しいですし、
楽しい気持ちで過ごす時間は、幸せに溢れています。

私の嫁は、

お互い尊敬できる。
一緒に成長できる。
一緒にいて笑える。

そんな嫁です。

私の結論としては、
嫁はいた方がいいから、結婚したほうがいいです。

いい嫁を選ぶなら、出会いの回数が重要です。

お互い尊敬できる。
一緒に成長できる。
一緒にいて笑える。

そんな嫁を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました