【役に立つ名言】私が脱サラ起業に成功したヒミツ。

【役に立つ名言】私が脱サラ起業に成功したヒミツ。
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

脱サラ起業に役立つ、
名言が知りたい。

脱サラ起業して、

名言に助けられたことはある?

脱サラ起業したい!
おすすめの名言を教えて!!

【役に立つ名言】
私が脱サラ起業に成功したヒミツ。

の記事では、

脱サラ起業の役に立つ名言を、
紹介して解説しています。

私が勝手に師匠に任命している人の、
大切な言葉なので上手く活用してください!

【結論】

言葉は力だ!
脱サラ起業を成功させよう!!

この記事を読むと、
控えめに言って「人生」が変わります。

私は少なくとも、
名言のおかげで人生が変わりました。

私が脱サラ起業で成功した、
ノウハウだけでなく考え方も、
ちゃんと盗んでくださいね。

この記事の信頼性

【役に立つ名言】私が脱サラ起業に成功したヒミツ。の記事信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。
投資と経営で月500万稼ぎます。

先日、こんなツイートをしました。

今の自分が幸せになれたのは、
日本社会のおかげなので、
恩返しとして記事にしていってます。

疑問を持たれて、
話が伝わらないのは嫌なので、
証拠をいくつか並べときます。

脱サラ起業成功者の根拠

株式投資では、
29050630円を稼いでいます。

日付内容出金金額(円)入金金額(円)
2020/1/10振込*カ)パートナー企業04,403,759
2020/1/8口座振替 NSSゼイリシホウシユウ55,0000
2019/12/30振込手数料2500
2019/12/30振込*アルソツクフクオカ(カ101,6400
2019/12/30ATM手数料1100
2019/12/30ATM セブン銀行0500,000
2019/12/30振込*借り主030,000
2019/12/27口座振替 楽天カードサービス255,8380
2019/12/27ATM手数料1100
2019/12/27ATM セブン銀行0150,000
2019/12/27振込*借り主060,000
2019/12/27口座振替 SMBC(カ)LIFULL16,5000
2019/12/23口座振替 NSS シヤロウシ16,5000
2019/12/10振込手数料2500
2019/12/10振込*自社別口座への移動9,790,0000
2019/12/10振込*カ)パートナー企業09,890,334
2019/12/9口座振替 NSSゼイリシホウシユウ55,0000
2019/12/3振込手数料2500
2019/12/3振込*カ)リフォーム屋33,0000
2019/11/28振込*借り主030,000

株式会社の代表取締役してます。
33歳の男性です。

ビジネスパートナーとの、
プロ野球選手みたいな業務委託契約で、
多い月で1000万円稼ぎます。

24歳で脱サラして、
25歳で起業して、
27歳で勝ち逃げできました。

【勝ち逃げとは?】

何もしなくても入ってくるお金が、
生きていく為に必要なお金を、
上回っているから増え続け、
危険なことには、
保険金がかかってる状態。

不動産にも投資をしていて、
1億円くらい持ってます。

そこから、ちゃりんちゃりんと、
賃料が振り込まれてます。

働かなくても、お金が増え続けます。

自分自身はもう十分なので、
あなたに成功してもらいたいと思い、
過去の自分に書くように記事を書いてます。

昔、自分にこんなこと教えてくれる人が、
いたらいいのになぁと思いつつ、
書いていきますね。。。

脱サラ起業の役に立つ名言を言った人は誰?

脱サラ起業の役に立つ名言を言った人は誰?

脱サラ起業の役に立つ名言を言った人。

Warren Edward Buffett(ウォーレン・エドワード・バフェット)

1930年8月30日生まれ
バークシャー・ハサウェイ
筆頭株主、会長兼CEO

【結論】

世界最高の投資家の一人。
圧倒的な投資成果を出す。

ウォーレンバフェットは、
「オマハの賢人」と呼ばれています。

「ウォーレンバフェット」は、
「スーパー資産家」になった「今」も、
「オマハ」に住んでいます。

そして、

「他の誰にも達成できない成果」をもって、
「賢人」の異名を持ちます。

すごい人になった今も、
贅沢らしい贅沢よりも、
本を読むことを好み。

自分のしたいことを、
しているといいます。

【結論】

本当にすごい人。

ちなみに、

「ウォーレンバフェット」と、
「ランチする権利」がチャリティで世にでます。

「ウォーレンバフェット」と
「ランチができる権利」が
「5億円」で落札されたりします。笑

【結論】

1時間の価値が、1億円を超える男。

「投資の世界」で
「ウォーレンバフェット」は、
「彼を知らない人はいない」ほどの有名人。

今回はそのバフェットが使う言葉に、
焦点をあてて自分の人生に活かしていきます。

脱サラ起業の役に立つ名言【ランキング】

脱サラ起業の役に立つ名言【ランキング】

さるしゃちょーが、
勝手に「ランキング」しました。

ランキングの根拠は、
私の人生への貢献度です。笑

【第一位】

1ドルのものを40セントで買う哲学を学んだ。

私の人生への貢献度は半端ではなく、
私をお金持ちにしてくれた言葉です。

脱サラ起業したら、
私は値段をつける側になりました。

値段はつけるものであって、
つけられるものではないことを、
教えてもらいました。

価値とは何か?
投資の本質ですね。

【第二位】

「やる価値のないこと」なら、「上手くやる価値」も無い。

私の人生への影響度がこちらも、
かなり大きい言葉です。

とくに、

やらないことを決める時に、
かなり役立っています。

脱サラ起業後は、
全部自分の判断になりますから、
やらないことを決めることは大切。

【第三位】

「まずまずの企業を素晴らしい価格で買う」より、「素晴らしい企業をまずまずの価格で買う」ことのほうがはるかによい。

価値とは何か?
価値がなくならないモノは?

これがワインとぶどうの考え方になり、
今の私を金持ちにしてくれてます。

脱サラ起業に成功できたのも、
この考え方のおかげ。

【第四位】

金持ちになる為には、2つのルールを守りなさい。【ルール1】絶対にお金を損しないこと。【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと。

難しい、難しい、難しい、
ただ、本質なんですよね。

私は、何度も失敗しています。

これからも挑戦を続ける、
大きくな課題の一つです。

【第五位】

ゆっくりお金持ちになりたい人はいないよ。

急がば回れ、
という言葉が日本にはあります。

小さくとも確実な歩みが、
大きな成果につながることは、
よくあることです。

急いで、
脱サラ起業を失敗する人生より、

ゆっくり、
幸せになろうと思います。

脱サラ起業の役に立つ名言【第一位】

脱サラ起業の役に立つ名言【第一位】

1ドルのものを40セントで買う哲学を学んだ。

「投資の本質」をついた、
「ウォーレンバフェットの名言」です。

日本になおして考えてみると、
100円のものを40円で買う哲学を学んだ。

って感じです。

当たり前と言われれば当たり前です。

「ウォーレンバフェットの名言」の特徴は、
「シンプル」だということ。

ですが、

「日々の生活」で、
「ウォーレンバフェットの名言」通り、

1ドルのものを40セントで買い続ける

それは非常に難しくて、
価値とは何か?がわかっていないと、
まったく判断することができません。

【私の場合】

不動産を相場の半額以下でしか買いません。

かなり問題のある不動産を買っています。

本来の価値は倍以上なのに、
問題のせいで安売りされているんですね。

ウォーレンバフェットの名言にしたがって、
安く買うことができたとして、
ようやくスタートラインです。

【私の脱サラ起業】

24歳で買った収益不動産と、
ブログからの収入3万円のおかげで、
安全に脱サラ起業することができました。

つまり、

バフェットの名言のおかげで、
不動産を買う決断ができて、
そのおかげで脱サラ起業で成功しました。

さらに今も同じことを繰りかえして、

約1億円で売れる不動産を持っていて、
そこから53万/月(満室だと60万)が、
入ってくるようになってます。

なんと5300万で買っています。
バフェットありがとう。

脱サラ起業に役立つ名言を実行

【私の場合】

・不動産を半額で買うという実践。

「安くなっている原因分析」
「安くなっている原因除去」

ウォーレンバフェットの名言を、
自分の「投資」に組み込んでいますが、

悪いモノを安く買っても意味ないんです。

いいモノが安くなっているから、
買いたいですよね。

【私の場合】

「1億円の物件を5300万円で買い」

4700万円「安い原因を分析」
4700万円「安い原因を除去」

取り除ける「安くなっている原因」であれば、
取り除くと「4700万円上がる」だけ。

「安くなっている原因」を取り除くと、
「1億円」にちゃんと戻ります。

5300万円で買った不動産が、
1億円で売れるようになってます。

【結論】

ウォーレンバフェットのおかげで、
今、5300万しか出さずに、
約1億円の不動産を持っています。

別の言い方をすれば、
さるしゃちょーは、

「1億円の高級品を、5300万円で買う哲学」

を知っていたから、
経済的に成功したと言えます。

【結論】

「ウォーレンバフェットの名言」より、
「1ドルのものを40セントで買う哲学を学んだ」

脱サラ起業の役に立つ名言【第二位】

 脱サラ起業の役に立つ名言【第二位】

「やる価値のないこと」なら、「上手くやる価値」も無い。

これも、当たり前じゃない?

こちらも言われれば当たり前だけど、
できない人が多いんですよね。

さるしゃちょーは
クドクド長くなるので未熟者ですが、
頑張ってわかりやすく解説します。

【ダイエット頑張る】は「上手くやる価値もない」

ダイエットは上手くやっても、
あんまり意味がないんです。

ダイエットしなければならない状態が、
間違っているからです。

【結論】

ダイエットは、
マイナスをゼロに戻すだけなので、
上手くやる価値がない。

では、
どう考えるべきかというと、

太りにくい体をつくる
太りにくい食事にする
太りにくい筋肉をつける
太りにくい運動をする

ということを上手くやることに、
価値があるんですよね。

つまり、

ダイエットは上手くやる価値がない
太りにくい体を作ることを上手くやるべき。

【上司の愚痴を言う】は「上手くやる価値もない」

上司の愚痴をいうことも、
上手くやる価値のないことです。

上手く言っても、愚痴は愚痴。
問題が解決しないんです。

【結論】

「問題解決」にならず、
「時間」と「心」の無駄遣い。

上手くやるべきは、

問題が起こりにくい仕組みづくり
問題が表面化しない人間関係構築
上司との距離感調整
会社の制度変更

つまり、

上司の愚痴を言うは上手くやる価値がない
「改善の行動」を「上手くやる」べき!

【宝くじを買う】は「上手くやる価値がない」

「宝くじは当たらない」から、
「上手くやる価値がない」

「再現性」の低いことに
「労力はかけない」ことですね。

【結論】

起こらないことに、
時間とお金をかけるのは無駄。

20年間入ったお金を投資に回し、
こつこつ増やしていけば、
宝くじで当たる分くらいは稼げます。

宝くじは当たるまでお金がないですが、
投資なら、途中もお金持ちで、
どんどん豊になっていけます。

つまり、

「宝くじを買う」は「上手くやる価値がない」
「金持ち」になるなら「投資」を上手くやること。

脱サラ起業の役に立つ名言解説【まとめ】

やる価値のないことに

  • 「時間」
  • 「労力」
  • 「お金」

を使っている人をよく見ます。

上記の例は、
共感してもらえそうなもののピックアップです。

「やる価値のないこと」に、
「時間」を使ってるいると人生を難しくしてしまいますよね。

極端に言ってしまえば、
世のほとんどが「やる価値のないこと」です。

【結論】

「やる価値のないこと」なら、「上手くやる価値」も無い。

脱サラ起業の役に立つ名言を実行

じゃあ、君はどうやってるの?

さるしゃちょーは、
「資産を買うこと」に「人生を捧げて」います。

「やる価値のあること」なら「上手くやる価値」がある。

ってことを、
バフェットは教えてくれているので、
資本主義のルール上でバフェットの真似をしてます。

【バフェットの場合】

価値のある企業の株を持ち、
配当を再投資していく。

資産=株式

【私の場合】

価値のある不動産を持ち、
家賃を再投資していく。

資産=不動産

資本主義経済のルールは、
わかってきています。

だから、

やる価値のあることは、
もうわかっています。

【結論】

資産を持ち、
再投資していくことです。

それを、やるだけ。

ウォーレンバフェットの名言は、
好奇心旺盛で遠回りしそうな私に、
本質を教えてくれたのです。

それでも、
何度も早く儲けようと、
やる価値のないことをやり、
失敗しています。

脱サラ起業の役に立つ名言【使いこなせない人】

例えば、「時間」を無駄にしている人は、
1日「2時間」を無駄にしているとします。

やる価値のないことをしてるからですね。

それは、

40年間で3年以上の違いを生みます。
「3年ある人」と「3年ない人」

その差は凄まじいです。

「やる価値のないこと」なら、「上手くやる価値」も無い。

「上手くやる価値」のないことを、
「1日2時間」やると、

  • できること
  • 残せるもの
  • 得られるもの
  • その他いろいろ

「40年間」で「3年分以上」失います。
1日「500円」だと、「40年間」で730万円違う。

「ウォーレンバフェットの名言」がわかれば、
「価値が理解できてないこと」は恐ろしいことだとわかります。

【結論】

「やる意味のないこと」に使う「時間」は「人生」にありません。

脱サラ起業の役に立つ名言【第三位】

脱サラ起業の役に立つ名言【第三位】

「まずまずの企業を素晴らしい価格で買う」より、「素晴らしい企業をまずまずの価格で買う」ことのほうがはるかによい。

「投資」をやっている人間だったら、
「本質」だなーと感じる言葉です。

また脱サラ起業したあとのビジネスで、
私はこの考え方を使い差別化をしています。

差別化というのは、
ライバルに負けない個性をみにつけることです。

どういうこと???

脱サラ起業の役に立つ名言を解説

【結論】

なにものにもかえられない、
大きな付加価値をもっているか?考える。

※出典が怪しいので調べてもらいたいのですが、

例えば、
ユニバーサルスタジオジャパンは、
毎年4億円ほどで

そこそこのアトラクションを
いれていたそうです。

理由は、

新規アトラクションが、
新規客やリピート客を増やす効果があるから。

しかし、

【毎年4億円使った場合】

そこそこのアトラクションを入れて、
どんどん売上は下がる一方でした。

そこで森岡毅というマーケッターは、
潰れかけのUSJに本当の価値あるものに、
投資することを考えます。

それが、

【40億円かけた場合】

ハリーポッターを導入して、
USJは、V字回復しました。

経済活動のあらゆる場面で、
こういうことが起きます。

それだったら行ってみたいと思うか、
そのために行きたいと思うか、

USJにとってハリーポッターは、
それほどのコンテンツだったわけです。

【結論】

「まずまずの企業を素晴らしい価格で買う」より、「素晴らしい企業をまずまずの価格で買う」ことのほうがはるかによい。

金メダリストは名前が出てくるけど、
銀メダリスト以下はわからんって感覚わかりませんか?

まとめると、
ウォーレンバフェットの名言通り、
素晴らしいものを「まずまず」の価格で、
買うことを目指そうってこと。

脱サラ起業の役に立つ名言【重要事項】

素晴らしい企業の価値基準が、
重要なのに、難しいです。

今、

もてはやされているような企業も、
一寸先は闇ですよね。

「何が正しく」て、
「何が間違っているか」の「価値判断」も、
「時代が変われば」簡単に変わります。

それなのに、
「何が素晴らしい企業か」を知る必要があります。

「素晴らしいと思った企業」が
「そうでなかった」とき、すべてが狂いますよね。

「ウォーレンバフェット」が
「オマハの賢人」と呼ばれる理由は、

素晴らしい企業の価値基準を自分で持ち、
価値基準が正しかったと成績で証明している。

正しかったと、誰もが認める結果を出し、
それを続けていることが「オマハの賢人」たるゆえんです。

脱サラ起業の役に立つ名言【熱く語る】

私達はそもそも、
選ぶことを繰り返しています。

さらに脱サラ起業したら、
全部自分に責任がかえってきます。

選んだ結果で、

手に入れたり
失ったり

しているのです。

「なんとなく失う」には、
「人生」は「大変な価値」をもっています。

ウォーレンバフェットの名言には、
その他大勢の何かに「価値」はない
という表現も含まれていると私は思っています。

・どこにでもあるもの
・どうにでもなるもの
・誰でもいいもの

は「価値」がないと言われている気がしています。

ウォーレンバフェットが、
そう言ってなかったとしても、
さるしゃちょーはそう考えています。

私だけの仕事をできるように、
意識しています。

脱サラ起業してからも、

・あなたと仕事したい
・あなたに任せたい
・あなたの会社がいい

と言ってもらえるのは、
この名言のおかげです。

脱サラ起業に役に立つ名言【 第四位】

脱サラ起業に役に立つ名言【 第四位】

金持ちになる為には、2つのルールを守りなさい。【ルール1】絶対にお金を損しないこと。【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと。

みんな、損をしたくて、
投資をするわけじゃないです。

だから、みんなわかってるはず。

でも、ほとんどの人が、
投資で損をしてしまいます。

私も投資では、
なんども痛い目にあってます。

言葉ではわかってるんですけどね、
いつも反省することがあります。。

【結論】

「言葉」は、「簡単」なんですけど。
「実現」するのは、「めっちゃムズい」。

脱サラ起業に役に立つ名言【さるしゃちょーの場合】

金持ちになる為には、2つのルールを守りなさい。【ルール1】絶対にお金を損しないこと。【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと。

という言葉を知っていましたし、
理解もしていました。

ところが、

さるしゃちょーは全然わかっていなかったので、
使えるレベルになってなかったんですね。

【私の場合】

株での損失=2700万
FXでの損失=300万
競馬での損失=44万

人生が詰んでいてもおかしくない損失です。

さらには、株式投資の場合、
最初から損をしたのではなく、
上手くいっているタイミングもありました。

途中「1億円の含み益」がありましたが、
もっと儲かると思って利益を確定できませんでした。

売れば1億円の儲けがあったということです。

1億円の利益はどこかへ消えて、
結局、2700万円の損でした。

絶対にお金を損してはいけません。
絶対にお金を損してはいけません。

脱サラ起業に役に立つ名言から学ぶべきこと

小さくはじめて、間違いを犯し、
そこから学び、成長して、
未来で回収すれば、損はしていません。

こじつけっぽく聞こえるかもですが、
それしか「損をしない方法」を、
さるしゃちょーは見つけられませんでした。

「2700万円を失った失敗」から
「たくさん学び」ました。

「2700万円を失った」おかげで、

「1億円の不動産」を手に入れることができ、
「2億円で売れる会社」を創ることができています。

一つの答えとして、
ウォーレンバフェットの名言に対する、
さるしゃちょーの回答を、
あてにしてもらっていいです。

【結論】

小さくはじめて失敗をして、
そこから学んでまた挑戦すること。

小さくチャレンジし続けること、
失敗から学び続けること

難しいんですけど、
今も続けている私は金持ちになれました。

どんどんお金持ちになっているので、
おそらく間違っていないはずです。

天狗になって、
失敗しないようにしたいですね。

脱サラ起業に役に立つ名言【第五位】

 脱サラ起業に役に立つ名言【第五位】

ゆっくりお金持ちになりたい人はいないよ。

なぜ、あなたは成功しているのに、
真似できる人がいないのでしょう?と、

バフェットが聞かれたときの返答が、
「 ゆっくりお金持ちになりたい人はいないよ。 」でした。

なにせ、

世界トップレベルの資産家である投資家が、
やりかたを全部公開しているのに、
同じようにすごい人はでてきてないです。

「ウォーレンバフェット」が、
「やっている手法」を公開しているのに、
「真似しない」のは不思議ですよね。

普通は教えてくれないから、
わからないから、真似できないのです。

ところが全部公開されてますから、
みんなバフェットになれるはず。

でもなれていない、、、

脱サラ起業に役に立つ名言が持つ意味

【結論】

バフェットが使っている力は、
複利の力です。

たしかに「手法」が公開されているのに、
真似しないのは、「真似できない」のは、

「何か」があるからです。

さるしゃちょーが思う、一つの答えは、

【結論】

複利の力です。

複利の力は、
お金がお金を生み出す力です。

例えばなしで、
複利の力を説明すると、

死なない鶏が「卵」を一つ産んで、
その「卵」から「鶏」が産まれ、

「卵」は2つになり、
「卵」から「鶏」が2羽産まれ、

合計で「4羽になる力」です。

【結論】

お金からお金が生まれて、
生まれたお金からもお金が生まれる力。

バフェットが使っている大きな力は
「複利の力」であることが

一般の人が「真似できない」
問題になっています。

複利の力を活かせる人は本当に少ないんですよね。

理由は、

鶏が卵のうちに食べてしまうからです。

さっきの作り話で説明すると、
ほとんどの人は「卵」が必要で食べてしまいます。

だから、

このさきで増えるはずだった、
「3羽分のチャンス」に
出会えることはありません。

「食べないと生きていけないから」と言えるでしょう。

また、

鶏が一羽しかいない状況が日常なので、
たくさんの「鶏」を持つ、
ウォーレンバフェットを見て、
スーパーマンか何かと思ってしまいます。

鶏が1羽しかいなくて増えない人から、
鶏がたくさんのバフェットをみると、
理解することができないってことです。

【結論】

バフェットは鶏を死なないよう世話して、
「卵」を食べずに「鶏」に育てつづけただけ。

ゆっくりお金持ちになりたい人はいないよ。

という言葉を、
鶏と卵の話になおしてみると、

最初の卵を食べずに、増えるのを待てる人はいないよ。

ってことなんだと思います。

私は鶏が死なないように、
卵を産み続けてくれるように、

相場の半額で不動産を、
買いつづけています。

リフォームして、
価値をつくりつづけています。

【私の場合】

鶏=不動産
卵=家賃

家賃貯まる→不動産を買う
=ずっとお金が増え続けます。

鶏にずっと卵を産ませられる人はいないし、
鶏になるまで待てる人はいないよ。

バフェットの名言は、
大切なことを教えてくれます。

【まとめ】脱サラ起業の役に立つ名言

【まとめ】脱サラ起業の役に立つ名言

【結論】

Warren Edward Buffett
(ウォーレン・エドワード・バフェット)
の名言のおかげで、

私は脱サラ起業に成功できる行動ができている。

私が脱サラ起業に成功できた理由は、
二人の師匠からの言葉を大切にしたからです。

一人目の師匠が、
Robert Toru Kiyosaki(ロバート・トオル・キヨサキ)

二人目の師匠が、
Warren Edward Buffett(ウォーレン・エドワード・バフェット)

【結論】

二人の師匠の言葉が、
私をお金持ちにしてくれました。

経済的な自由は、
私に残りの人生を好きに生きる、
たくさんの可能性を教えてくれました。

27歳で使うお金よりも、
働かなくてももらえるお金が多く、

何もしなくてもお金が増え続ける人生になりました。

こうなってしまえば、
そんなに難しく考えることなく、
楽しいことだけすればいいんですよね。

一つずつ、自分の理想と向き合って進んでいます。

【人生を変えるアドバイス】

1、ブログを書く
2、収益不動産を買う
3、IT系のスキル・知識・経験を得る

いい言葉に影響を受けて、
何かやってみようと思ったら、

まず、ブログを書くことをおすすめします。

1日33円でブログは運営できます。

それなのに、
24時間文句を言わず働いてくれる、
自動販売機になってくれます。

卵を生むニワトリになってくれるんですよね。

ちなみに私は24歳のとき、
ブログから月3万円入る状態で、
脱サラ起業しました。

【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

次は、収益不動産を買うことです。

100万円以上かかることなので、
難しく感じるかもしれませんが、

卵を食べずにいれば、ニワトリにできます。

ちなみに、私は24歳のときに、
はじめての不動産を177万で買いました。

卵を食べなかったら、ニワトリがめっちゃ卵産みました。

【不動産投資で脱サラできる方法】プロの起業家・投資家が教えます。

最後に、
IT系のスキル・知識・経験を得ること。

スキル・知識・経験のないオジサンが、
日本の生産性を下げる害悪ですが、

そのオジサン達のおかげで、
どこもかしこもライバルがへぼい。

【結論】

IT系のスキル・知識・経験を、
上手く使って勝てたら楽に生きていける世の中です。

いまだに根性論な人たちを、
おきざりにしていきましょう。

【初心者向け】IT系のスキル・知識・経験を手に入れる方法

また、別の記事で、
ロバートキヨサキの名言も紹介しますね。

タイトルとURLをコピーしました