簡単にはもらえない補助金・助成金!〜0円で始められる脱サラ起業術〜

簡単にはもらえない補助金・助成金!〜0円で始められる脱サラ起業術〜
さるしゃちょー@脱サラ起業家

年齢:34歳 職業:経営者
家族:同級生の嫁、息子2歳、娘0歳
株式投資:+2325万円
不動産投資:約1億4千万円
会社経営:2017年7月〜現在

※(2022年7月現在)

さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

起業したいけど資金が足りない!!

起業の為に補助金は誰でも受けられる??

申請方法は??

起業のために今まで一生懸命働いて

貯金はある程度したものの、

起業のために自分で色々と調べてみたり、

いざ準備にとりかかってみると

自分が思っていたより初期費用がかかる!!

と知った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

補助金が誰でも貰えるのであれば、

もちろん貰いたいですよね。

そう思っているあなたの

疑問や悩みを解決したいと思います。

「脱サラ起業の前に副業をやってみたい!」という方は、
下の記事も読んでみてください!

この記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。

経営と投資で月500万円稼ぎます。

先日、こんなツイートをしました。

私は脱サラ起業を成功するために

明確な目標と計画を立て、

中学生の頃から成功へ向けて行動してきました。

「補助金」について調べたり考えているくらいなので

もう自分がどんな業種で起業して、何をしたいのか

すでにプランを明確にされている方も多いでしょう。

脱サラ起業を目指して、ネットで検索して、

この記事を選んで下さってるあなたは

行動力のある素晴らしい人です!

私はそんな行動力のあるあなただからこそ、

必ず脱サラ起業を成功させてほしいと

心から強く思います。

だからこそ、

今から少し厳しいことを言いますが、

「補助金を貰ったら、必ず脱サラ起業は成功する」

わけではありません。

「補助金を貰って、起業したら成功」でもありません。

今から補助金についての説明もしますが、

この記事を読んで、

現時点での計画と準備で本当に良いのか

今の自分の選択が本当に正しいかどうか

もう一度考え直すきっかけになれば良いなと思います。

ではさっそく、本編をどうぞ!

起業の為の補助金・助成金とは

補助金と助成金について違いや特徴など解説

補助金・助成金は、

起業やビジネスを考えている人や

すでに行なっている人に対して

国や地方自治体が返済不要の資金援助を

してくれるしくみです。

補助金

補助金は、

起業するために必要な設備費用や人件費など、

これからの日本の経済が

前向きになる行為に対して支給されるお金です。

倍率が高く、審査が厳しいことから

条件を満たしていても支給されないケースが多いのが特徴です。

助成金

助成金は、

環境や雇用形態の改善、人材育成など、

社会的に困ってる人や、従業員が働きやすい環境に

よりよくする行為に対して支給されるお金です。

補助金より少額ですが、

条件を満たせば支給されやすい性格が特徴です。

このように、補助金と助成金は

返済不要のお金という面では同じですが、

利用する目的と意義が明確に異なります。

これから始まる、

新しい目的のために使うのが補助金で、

今の会社の状況を

今以上に良くするために使うのが助成金です。

つまり、

脱サラ起業を考えている人に関しては

主に補助金に関しての情報が重要になるので

補助金メインで説明していきます。

補助金・助成金の種類

では、補助金や助成金はどこから支給されるのか。

管轄は大きく分けると4種類あります。

  • 経済産業省・中小企業庁
  • 厚生労働省
  • 地方自治体
  • 民間団体・企業

経済産業省・中小企業庁は

経済・産業の発展の管轄で

起業の際の補助金は主に経済産業省・中小企業庁が

支援してくれます。

厚生労働省は福祉、労働、雇用の管轄のため、

起業後の環境や人材育成などの費用の援助をしてくれます。

経済産業省や中小企業以外に、

地方独自の補助金や助成金もあり、

応募条件、制度、内容は地方によって異なります。

また、

民間団体や企業が社会全般の利益のために

行なっている補助金や助成金制度もあります。

ではここで、起業するまでに

知っておいた方がよさそうなものを少し紹介します。

創業・事業継承補助金、地域創造的起業補助金

創業や事業継承によって

新たな需要や雇用を生み出し

国の経済の活性化が期待される事業に対し、

創業にかかる経費の一部を補助する制度です。

補助額が最高200万円とけっこう高額です。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は

補助金を申し込む上ですでに創業している必要があります。

創業予定の人は申し込みすらできません。

また、従業員が少ないことが条件です。

5人以下もしくは20人以下と業種によって異なります。

さらに申し込むにあたり、

最寄りの商工会議所から支援を受けながら

経営計画を作成、書類に印鑑をもらう必要があります。

キャリアアップ助成金

非正規雇用の従業員をキャリアアップさせたい時に

申請できる制度です。

自分が起業して人を雇い、

アルバイトから正社員へと

変更する可能性などがある場合は

チェックしておいた方が良さそうです。

この他にも日本には

様々な補助金・助成金が存在し、

それぞれ受給条件や支給金額は異なります。

申請~受給までの流れ

簡単に手順を説明すると、

  1. 探す
  2. 応募する
  3. 審査
  4. 決定・申請
  5. 事業実施
  6. 補助金支給

まずは補助金によって条件があるため

応募、申請できる補助金を探すことから始めましょう。

その次に、応募です。

審査を通過すれば補助金支給決定です。

しかし、

実際にかかる費用を計算後、申請するのですが

事業が動き出してからも

かかった経費の報告や、

交付した内容通りに事業が進んでいるかどうかの確認を随時受け、

承認されて初めて補助金が支給されます。

補助金受給のメリット・デメリット

補助金にもメリット・デメリット両方あるので

簡単に説明します。

メリット

  • 返済不要
  • 起業前に申請可能
  • 会社の信用度が上がる
  • 以降融資が受けやすくなる
  • 複数申請できる

返済不要ということは、

国からタダでお金が貰えるということです。

さらに、

審査を通過し、受給できるということは

この会社は日本経済のために必要だ!

この会社のために援助してあげよう!

と国から期待されているということです。

当然会社の信用度も上がりますし、

起業後融資も受けやすくなります。

また、応募に関しては複数可能です。

しかし受給できるかどうかは

厳格なルールに沿って審査されます。

デメリット

  • 倍率が高い
  • 応募期間が短いものが多い
  • 申請するまでにかなりの時間がかかる
  • 必ず受け取れるわけではない
  • 支給は基本後払い

まず、高額な金額になるほど倍率が高いです。

そりゃあタダでお金が貰えるのあれば

申請だけでもしておこう!と応募殺到するはずです。

その分、審査も厳しく通過しにくいのが現実。

また、書類をひとつ作成するのにも

かなりの時間と労力がかかります。

時間と労力をたくさん費やすのに、

受給できるとは限らないのです。

もし受給が決まったとしても、

すぐに受給というわけではありません。

初めにかかる経費を計算して申請した上での受給になるため

ある程度の資金を事前に準備しておく必要があります。

「起業するための資金が足りないなら、補助金を貰えばいい」

という考えは、

はっきり言って、甘すぎます。

補助金はあくまでも「足りないものを補う」制度です。

補助金ありきで起業を考えてる時点で失敗します。

貯金が少なくても始められる起業

今まで一生懸命働いて貯めたお金を

一番初めに使ってしまう選択をするのは

センスがないなって私は思います。

補助金ないと足りないとか、ありえないです。

計画不足で失敗に終わるのが目に見えてます。

今からでも遅くないです。一緒に考え直しましょう。

起業するにあたって重要なことは、

「いかに小さく始められるか」です。

そもそも業種によって、同じ業種でも

必要な資金額は異なります。

おおよその目安を業種別にまとめてみました。

 ネット起業 0~100万円
 ネイルサロン    10万円~300万円
 士業 50万円~500万円
 飲食店 100万円~1000万円  
 雑貨屋 300万円~1500万円
 美容室 500万円~2000万円
 医院 1000万円~1億円
 トレーダー 1000万円~1億円

見ての通り、0円〜1億円とこんなにも差があります。

補助金は誰でも審査に通るわけではないし、

かと言ってお金を借りるのはリスクがあります。

脱サラ起業で成功させたいのであれば、

リスクをできる限り最小限にすること。

その方法は

自己資産を充分に貯めるか、

補助金なし、借金なしで始められるネット業界で起業するか

の二択だと私は考えます。

目指すべきはローリスク・ハイリターン

なぜ、私がネット業界での起業をおすすめするのか。

ネットビジネスは、

  • 0円〜始められる仕事がある
  • パソコン1つあれば始められる
  • 時間や場所を選ばなくてよい
  • 世界中の相手に商売できる
  • 副業として気軽に挑戦できる

という好条件が揃っています。

ネットビジネスは、ローコストでローリスクなのです!

資金が足りないかもしれない、

補助金がもらえないかもしれない、

起業できないかもしれない、

という不安を感じることなく、

万が一失敗したとしても、お金を失うことはほぼありません。

私の場合は、

IT系の大学を選び、ITのスキルと知識を身につけ、

在学中にパソコン1台で

月収100万円稼いだ経験があります。

さらに今は脱サラ起業に成功し、

経営と投資で月500万円稼いでいますが、

大学生の頃身につけたITのスキル、知識、経験が

今の私を支えています。

脱サラ起業を成功させるために、

私だったら、

まずIT企業に転職して、ITのスキル・知識・経験を積みます。

IT企業は現在給料が高めなので、

今よりも100万円ほど収入がアップします。

働いてお金を貰いながら、

起業資金のために貯金ができる。

働いてお金を貰いながら、

スキルや知識を身につけ、経験を積むことで

自分の価値を高めることができます。

さらに、私だったら

空いた時間、パソコンでできる副業にも挑戦します。

アフィリエイトやブログなど、

今では気軽に一人で

場所も時間も関係なくやれる世界です。

結果がすぐに出なくても、挑戦し続けることが大事です。

無駄にはなりません。

ITスキルを身につけることで

あなたが損をすることは何一つありません。

むしろ、今後はITスキルを持った人材が

どの業種でも必要とされます。

タブレットやスマートフォンなど

日常でも当たり前にIT化が進み、年々進化しています。

ネット業界で起業しないにしても、

ITスキルを身につけておくことで

作業の効率化や経費削減に繋がります。

さらにパソコン一つで日本だけではなく、

世界中の人に対してビジネスができるようになります。

成功の鍵は、ローリスク・ハイリターンです!!

初心者でもITスキルを身に付ける方法を
まとめたので、興味がある方は是非見てみてください。

ここまで読んでみて、

あなたの計画や準備は今のままで大丈夫ですか?

今までやこれからの選択、間違いないですか?

この記事を読んで

このままではダメだなって少しでも考えたあなたへ。

脱サラ起業を成功させるために、

私は全力でIT企業への転職をおすすめします。

渾身の記事を書いていますので、ぜひ読んで下さい。

行動力のあるあなたは、

必ず、脱サラ起業を成功させるべきです。

タイトルとURLをコピーしました