【ランキング】脱サラ起業で成功した私が選ぶ、仕事ランキング

【ランキング】脱サラ起業で成功した私が選ぶ、仕事ランキング
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

脱サラ起業のおすすめの仕事ランキングが知りたい。

脱サラ起業で成功しやすい仕事のランキングを知りたい。

脱サラ起業で失敗しない方法のランキングが知りたい。

【ランキング】脱サラ起業で成功した私が選ぶ、仕事ランキングの記事では、脱サラ起業に成功して投資と経営で月500万円稼ぐ私が、脱サラ前の人が知りたいであろうランキングを紹介します。

【この記事をよむと】

・脱サラ起業に人気の仕事ランキングがわかる
・脱サラ起業失敗しないランキングがわかる
・脱サラ起業成功しやすいランキングがわかる

「脱サラ起業よりも、副業の方が興味がある!」という方は、下の記事も読んでみてください!

この記事の信頼性

【ランキング】脱サラ起業で成功した私が選ぶ、仕事ランキングの記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。
投資と経営で月500万円稼ぎます。

先日、こんなツイートをしました。

24歳で脱サラして、25歳で起業して、27歳で働かなくてもよくなった。
そんな私だからこそ書ける記事を、このブログでは提供しています。

脱サラ起業に必要なことは、成功している私だからお伝えできます。
ぜひ、楽しい人生を過ごしてください。
では、いきましょう。

脱サラ起業のランキング発表の前に、前提知識

脱サラ起業のランキング発表の前に、前提知識

脱サラ起業するビジネスはやればお金になる仕事を選ぶ。

脱サラ起業ランキングが気になってると思いますが、もっとも大切なことは、脱サラ起業を成功させることです。

どうやったら成功するかというと、
1、生活費を下げ、
2、お金を稼いで、
3、仕組みをつくる
だけで脱サラ起業は成功します。

その時に大事なことは、脱サラ起業したビジネスでお金を稼ぐことです。
なので、脱サラ起業して、上手くいかくかわからないビジネスをやってはいけません。

やればお金になる脱サラ起業後のビジネスとは?

たとえば、サイバーエージェントの藤田さん、オンザエッジのホリエモンなんかも、最初はホームページの制作など、やればお金になる仕事からこなしてました。

今でいうと、IT系のスキル・知識・経験を活かした仕事や、ウーバーイーツの配達員みたいなもの、インターネット転売なんかもそうですよね。

つまり、ウーバーイーツのような、飲食店、お客さん、配達員を結ぶような大きなシステムビジネスを、上手くいくかわからないなかやるのではなく、ウーバーイーツの配達員から始めるようなことを、最初にやるべきです。

・画像やイラスト作成
・ホームページ作成
・動画編集
・字幕編集
・簡単なアプリ制作

などなど、

やればお金になる仕事は世の中にあふれていますから、お客さんもいるし、わかりやすいです。

脱サラ起業後のビジネスが生むお金をどうするか?

脱サラ起業後のビジネスを、「やればお金になるビジネス」でつくれば、すぐに売上がたっているはずです。

その売上は不動産へ投資することを、私は続けてきました。

【脱サラ起業時】

脱サラ=24歳
起業=25歳
ブログ収入=月3万円
不動産収入=月2万円

▶︎【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

▶︎【結論】脱サラ起業して収益不動産を買えば、金持ちになる。

【33歳時点での私】

ビジネス収入=450万円前後
不動産収入=月53万円
不動産売却見込み額=約1億円

今、ビジネスをやめて、仙人のように暮らしたとしても、53万円は「なにもせず」に入ります。
生活費より、増える金額が大きいので、もはや、勝手に金持ちになります。

システムを組む強さは、こういうところにあります。

【野心が強いなら】

ビジネスのヒトモノカネ、ビジネスの情報にもっとお金を回せばいいだけです。
ビジネスのシステムを大きくするイメージ。

ただ、現在コロナウイルス感染症のパンデミックで大変な状況の企業さんを見てたら、ビジネスで稼いだお金を、ビジネスに全力って馬鹿だなと強く思います。

私はいつか悪くなる時が来ると理解していたので、不動産を買ってきましたが、正解でしたね。

【結論】

脱サラ起業して、やればお金になるビジネスからの収入でシステムを組む。

システムを組むなら、不動産を絡めた方がいい。

不動産をシステムに組み込むなら、自分のビジネスを法人化してあげてください。
法人化してあげて、その会社の売上となれば信用を積み上げることができます。

信用はお金を借りるチケットになるので、早い段階から用意すべきですね。

つまり、銀行からお金を借りる準備をするべきです。

私はその準備のおかげで、借り入れを5000万円まで伸ばせました。
あるはずのなかった5000万円から、年間500万円生み出せています。

私は嫌いなのでやりませんが、マンションなどを3億円などで買う方法であれば、私くらい積み上げていれば、できちゃいます。

その場合、年間1500万円ほど生み出せます。
私は税金が嫌いなのでやりませんが、あなたは使えるかもですよ。

脱サラ起業に成功しやすい、おすすめの仕事ランキング

脱サラ起業に成功しやすい、おすすめの仕事ランキング

脱サラ起業におすすめの仕事ランキング1位

【結論】

脱サラ起業におすすめの仕事ランキング、
1位は、プログラミング。

やればお金になる仕事で脱サラ起業するのが賢いんですが、今だったらプログラミングがおすすめ。

今世界の半分はインターネット世界にあります。
現実世界の仕事は減っていき、インターネット世界の仕事が増えます。

たとえば、銀行の人がやっていた現実世界の仕事は、インターネットの世界でできるようになりました。

すると、銀行員はどんどん減っていって、代わりにインターネット世界のシステムをつくったり、メンテナンスしたりする人が必要とされていますよね。

どちらに仕事があるかと言えば、インターネット世界にあります。

まだまだ10万人ほどIT系人材が足りず、ディープラーニングや、暗号資産の技術者となれば、年収3000万円〜の世界です。

つまり、年収が上がりやすく、就職・転職しやすい。
もちろん、脱サラ起業しても収入は無限大。

【結論】

脱サラ起業におすすめの仕事ランキング、
1位は、プログラミング。

学習する方法のおすすめは、以下の記事に書いてありますので、お金稼いで、やりたいことやっちゃってください。

▶︎今話題のTech Academyを徹底解説!(口コミ・評判あり)

脱サラ起業におすすめの仕事ランキング2位

【結論】

脱サラ起業におすすめの仕事ランキング、
2位は、動画編集。

脱サラ起業におすすめの仕事ランキング、
2位は、動画編集です。

動画編集の需要が高まっているのは、ユーチューブやTikTok、バズビデオなど、映像系コンテンツが充実してきたからです。

視聴者が増えたことで、ビジネスとして成立するようになりました。

ビジネスとして成り立つなら、周辺に大きな需要が生まれる。

ということで、お客さんがたくさんいるしこれからも伸びる業界なので、動画編集を選ぶとお金になりやすい。

やればお金になる仕事を使って、システムを組み上げる話は最初にしたとおりです。

【結論】

やればお金になる仕事の中で、今からおすすめなものが動画編集ですね。

クライアントの期待に応えるクオリティの高い動画を納品して、もう一度発注してもらうようにしましょう。

リピーターをつくり、新規のお客さんをとってくる、手間や時間を作業時間にしたら、やればやるだけお金になります。

また、動画編集を頼む側からすれば、当たり外れのある動画編集者をまた選びなおしたり、一度お試しで発注したりするのは、手間だし時間やお金のかかるものです。

業者を変える手間や時間のことを、スイッチングコストいいます。


スイッチングコストのおかげで、信頼してもらえる仕事をして、単価も高すぎなければ継続的に仕事がもらえます。

一度使ってもらって信頼関係を獲得するというのは、動画編集を頼む側、動画編集を受ける側、どちらにとってもいいことなんですよね。

【結論】

脱サラ起業におすすめの仕事ランキング、
2位は、動画編集。

学習する方法のおすすめは、以下の記事に書いてありますので、お金稼いで、やりたいことやっちゃってください。

▶︎今話題のTech Academyを徹底解説!(口コミ・評判あり)

脱サラ起業の失敗しない方法ランキング

脱サラ起業の失敗しない方法ランキング

脱サラ起業の失敗しない方法ランキング1位

脱サラ起業の、
失敗しない方法ランキング1位は、

サラリーマンの間に準備をして起業。

脱サラ起業して失敗しない人は、ほぼほぼ脱サラ起業前に勝ちが確定してます。
やっぱり上手に脱サラ起業してる人が、脱サラ起業に成功する人なんですよね。

脱サラ起業した時には、すでにお客さんがたくさんついているとか、

脱サラ起業した時には、貯金がきちっとしてあるとか、

脱サラ起業した時には、お金の仕組みができているとか、

ヒトモノカネがしっかりしていて、本人も人間的魅力のある人が、脱サラ起業に成功します。

たとえば私の場合も、

【私の場合】

・脱サラ起業前にブログを書き
・脱サラ起業前に不動産購入
・脱サラ起業前に株式投資

としていたので、

手帳として書いていたブログからは、月3万円が入ってくるようになっていましたし、不動産からは月2万円が入ってくるようになっていました。

これで合計5万円が入ってくるわけです。

生活費を3万円以下にしていたので、お金が何もしなくても増えるようになってました。

▶︎【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

▶︎【結論】脱サラ起業して収益不動産を買えば、金持ちになる。

それとは別に株式投資では、自分が勤めていた会社の株を毎月6万円投資していて、24歳でやめる時には倍に増えてましたし、ガンホーという株を買い、80万円→1000万円以上となり、税引後で約800万円になりました。

▶︎【株式投資で脱サラする方法】プロ起業家が教える株式投資

お金そのものを用意するか、お金の仕組みを用意するか、

私も2年半の間にやれましたから、サラリーマンを2年半やってる間に準備するのがおすすめです。

サラリーマンの間にやってから独立すれば、独立してビジネスで大失敗しない限り、脱サラ起業の成功は簡単です。

脱サラ起業の失敗しない方法ランキング2位

脱サラ起業の、失敗しない方法ランキング2位は、

やればお金になるビジネスで起業

たとえサラリーマンの間に、
・お金の入る仕組み
・お金そのもの
を準備できていなくても、ちゃんと需要のある仕事をして、やればお金になることをすれば、脱サラ起業後もお金に困ることはありません。

唯一働けなくなるリスクにだけ、ちゃんと保険会社の保険をかけておけば、よりリスクは低くなります。

【結論】

やればお金がもらえる仕事を、脱サラ起業後のビジネスにすれば、お金に困ることはない。

とはいえ、スキル・知識・経験がないと、稼げる仕事にありつくのは難しいので、自分の能力アップは目指すべきですね。

おすすめは、IT系のスキル・知識・経験ですので、身につけましょう。

【私の場合】

関西大学総合情報学部に進学して、IT系のスキル・知識・経験を4年の月日と約400万円で手に入れました。

これが大当たりでした。

ライバルが弱い、IT系が進んでいない業界を狙い、ビジネスを展開していますが、

ホテル業、不動産業、リフォーム業と、ライバルが弱くて余裕で勝てますから、仕事とお金に困ったことはありません。

IT系のスキル・知識・経験の勉強が、どうやったらいいかわからない人は、テックアカデミーがおすすめです。

▶︎今話題のTech Academyを徹底解説!(口コミ・評判あり)

脱サラ起業で失敗する起業方法ランキング

脱サラ起業で失敗する起業方法ランキング

脱サラ起業で失敗する起業方法ランキング1位

脱サラ起業の、
失敗する起業方法ランキング1位は、

脱サラ起業して、やったことないジャンルで起業する。

脱サラ起業ランキングの中でも、絶対に知っておいてほしいランキングが、失敗する起業方法ランキングです。

その圧倒的第一位が、やったことないジャンルで起業すること。

【脱サラ起業が失敗する理由】

・市場のことがわかっていない
・商品・サービスのことがわかっていない
・お客さんのことがわかっていない
・自分のことがわかっていない

どんなことでも、最初は初心者です。
今まで、一度もやったことがないことで、経験者ほど上手くいったことがあるのでしょうか?

どんなビジネスも、だいたい誰かとの争いになります。

初心者のあなたが、経験者を上回る何かがあると、なぜ、信じることができるでしょう?

【結論】

初心者が経験者に最初から勝てるわけないから、脱サラ起業は自分のジャンルで戦え。

たとえば、飲食店で起業したいなら、業種を選び、飲食店でバイトでも正社員でもやるべき。

ラーメン屋と決めたら、ラーメン屋でバイトか正社員すべき、ラーメン屋やってからカフェで起業とかはダメ。

2年ほどやった後に脱サラ起業してラーメン屋をやると、少なくとも2年のキャリアがあり自分の経験を通して、何がよくて何が悪いかがわかるので、店選びや客選びなどなど、ようやく戦えるレベルです。

【結論】

せっかくなら、転職してる時間はもったいないので、現在のサラリーマンでやってることを、脱サラ起業後のビジネスにすべき。

とはいえ、やりたいことをやるために脱サラ起業するんですって声があると思います。

馬鹿じゃないの?と私は思います。

人生を台無しにしてまで追いたい夢なら、最初からやればいいし、成功してから、ありあまったお金と時間でやればいい。

私だって、体動かしたいからという理由だけで、リフォーム業を立ち上げました。

ジムいくより、お金稼いだ方がいいですよね。

でも、佐川急便とかヤマト運輸とか、バイトや正社員をやると会社の都合に、振り回されるから体鍛える割に嫌な思いするから、

自分で会社つくりましたよ?笑

やりたい仕事だけ受けて、体動かしてお金もらうだけです。

楽ちんなのに、体鍛えられて、めっちゃ、いいですよね。

【結論】

最終結論として、脱サラ起業後のビジネスは、自分がサラリーマンやってたビジネスにして、

成功してから、時間とお金で完全に好きなことをすること。

脱サラ起業して、やったことないジャンルで起業すると、ほぼ100%失敗して、脱サラ起業が終わります。

借金なんて残ろうものなら、うんこみたいな人生が待ってます。

脱サラ起業で失敗する起業方法ランキング2位

脱サラ起業の、
失敗する起業方法ランキング2位は、

脱サラ起業して、会社のお金と自分のお金をごっちゃにする。

私が24歳で脱サラしてから、9年の時間が経ちました。

脱サラ起業してからというもの、周りに脱サラ起業した人が多くいて、たくさんの失敗を間近で見てきました。
その経験からして、脱サラ起業に失敗する人は、会社のお金と自分のお金がごちゃごちゃです。

【結論】

脱サラ起業に失敗する人は、会社のお金と自分のお金がごちゃごちゃ。

たとえば、調子よく売上が上がって、利益が残ると税金が発生します。

その時に車を買ってしまうタイプです。

めちゃくちゃ頭が悪いお金の使い方で、今まで車がなくて上手くいってたのだから、車を買ったことで売上がさらに上がらない限り、ただ欲しかった車を買っただけなんです。

ただ欲しかった車を買っただけということは、ただのプライベートの欲求です。

【結論】

ビジネスのためにならず、一円も生み出さない馬鹿なやり方です。

脱サラ起業家はサラリーマンと違って、来月の給料がありません。
調子のいい時に、どんどんビジネスに投資をして、
・安定した収益を上げること
・もっと大きな収益にすること
にお金を使わないといけません。

ですが、自分のお金と、会社のお金が区別できていないと、意味不明に、経費にできるからと車を買います。

まじで馬鹿です。

【結論】

ビジネスで稼いだお金は、安定することか、大きくすることに、正しく使って脱サラ起業を成功させるべし。

飲食店経営者で、自分の店のレジからお金を持ち出して、飲み歩く人がいましたが、売上の良い日に、ごっそり持っていって、月末の支払いで困ってました。

高金利のノンバンクからお金を借りて、せっかくの利益から無駄払いしてたり、馬鹿な人でした。

【結論】

もちろん、借金だらけで、会社を潰してましたよ。

タイトルとURLをコピーしました