独立開業したい方必見!【上手な脱サラ起業術】

独立開業したい方必見!【上手な脱サラ起業術】
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

独立開業の方法は?

開業したらどのぐらいの
確率で成功する?

開業に失敗したら
どうなる?

このように、脱サラし
飲食店などを開業したいけど
不安が大きく、一歩が
踏み出せないという方も
少なくないのではないでしょうか。

そこで、今回は皆さんの疑問に
おこたえしていき、
上手な脱サラ起業の方法を
伝授していきます。

「脱サラ起業の前に副業をやってみたい!」という方は、
下の記事も読んでみてください!

この記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。

経営と投資で月500万円稼ぎます。

先日、こんなツイートをしました。

脱サラ起業は準備と計画が
大切です。

なんとなくで、始めては
必ず失敗します。

私が成功できたのも
準備と計画をしたからです。

あなたの未来の幸せのために
今から準備計画をしていきましょう。

起業の方法

起業の方法

脱サラし、独立開業するには
どのような手続きが必要なのか?

起業の方法は大きく2つ。

・個人事業主で起業

・法人として起業

個人事業主の手続きは
税務署に開業届を提出するだけ。
費用もかかりません。

法人は、株式会社、合同会社など
種類が色々あり手続きも少し
変わってきますが、
定款の認証、設立登記など
提出物も多く、費用は
最低でも20万円ほどかかります。

法人のメリットは、
社会的信用が高く、金融機関から
借入がしやすい。
年収800万円以上では
個人事業主より節税ができる。

個人事業主だからといって
人を雇えないというわけではないし
まずは、小さく個人事業主から始め
事業を拡大させる時に、法人化し
加速することをおすすめします。

私の場合、まずは個人事業主
として小さく始めました。
勝ち逃げが確定したところで
法人成りして、株式会社の代表をしています。

個人事業主であれば、
ある程度雑でも何とかなります。

法人成りはあまりに面倒すぎて、
現在年間100万円を払い、税理士や
社会保険労務士とチームを組んでいます。

なぜなら、シンプルに財務や諸々複雑だから。

創業時に年間100万円出ていくビジネス設計は
ビジネスモデルとして良くないです。

一人で起業をするなら尚更、
まずは個人事業主として小さく始めて、
大きく育てることをオススメします。

開業の手続き以外にも
業種によっては、許認可が
必要であったり、資格が必要な
ものをありますので、必ず
事前に調べてください。

独立、開業の成功率

独立、開業の成功率

独立開業して、その後の生存確率は
どのぐらいか知ってますか?

めちゃめちゃ低いです。

1年以内に約6割は
廃業に追い込まれてしまいます。

全体でみてみると
開業しても約9割は失敗する。
と言われてます。

なぜ、こんなに失敗してしまうのか?

開業自体はとても、簡単だからです。
難しいのは成功させること。

誰でもできるからこそ、中には
甘い考えで開業する人ももちろんいます。

失敗する人の原因は

・資金不足
・スキル不足
・知識不足

などの準備不足です。

失敗しない為には、
万全の準備を整えてから
開業してください。

脱サラ起業のデメリットとリスク

脱サラ起業のデメリットとリスク

脱サラ起業のデメリットを
みていきます。

脱サラ起業のデメリット

・安定した収入がなくなる

・全て自己責任になる

・実績がないと社会的信用が低い

・リスクが大きい

サラリーマンとは違い、
働き方や時間も自由になる
メリットはありますが
うまくいかなければ、収入は
0という危険もあります。

今まで会社が守っていてくれてた
部分も自分の責任になります。

開業して、失敗してしまったら
借金、離婚、再就職困難などの
状況に陥ることもありリスクは
とても大きいです。

脱サラ起業は失敗する確率が
高く危険性も高いということです。

できるだけ、リスクを抑えることが
重要。ビジネスを小さく始めることが重要。

起業に失敗しない為に必要なもの

起業に失敗しない為に必要なもの

起業に失敗しない為には
何が必要なのか?

資金

開業して、失敗する原因で
一番多いのが資金不足です。

開業資金は用意できても
売上が思ったようにあがらず
開業後の、人件費や家賃が
払えないなどが、よくある
パターンです。

資金は、余裕をもって準備
しておきましょう。

そして、できる限り、
お金を使わないやり方、
ビジネスをすることを
心がけましょう。

スキル・知識

成功する為に必要なスキルは
いくつかあります。

・業種専門のスキル
・経営スキル
・ITスキル

専門のスキルは必要ですが
それだけあっても、経営の
スキルがなければうまくいきません。

そして、3つ目のITスキルは
なぜ必要なのか?

インターネットの普及により
パソコンやスマホは必須の時代です。

5Gの時代になり今後より一層
ITは身近なものになります。

ビジネスの世界でも
IT技術により、人のかわりに
ロボットが働いてくれるようになり
人件費の削減につながっています。

いままでITとは無縁だった業界でも
ITの導入がすすんでいます。
時代に取り残されない為には
ITスキルを身に付けロボットを
動かす側に回らなければ
いけません。

これから脱サラ起業に成功したい
のであれば、どんな業種であっても
ITスキルは必要です。
本当に成功したいのであれば
身に付けてください。

ITスキルを学ぶなら
この記事を参考にしてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

上手な脱サラ起業方法

上手な脱サラ起業方法

ここまで、開業方法や、必要なものを
解説してきましたが、具体的に
どのようにして脱サラ起業するのか?

私ならこのようにします。

1.IT企業に転職

2.副業でネットビジネスをする

3.脱サラする

1.IT企業に転職する

ITスキルはどのように
みにつけるべきか?

それのこたえが
IT企業への転職です。

何十万円もお金を払って
塾に通ったり、教材を買っても
身につけることはできますが
非効率です。

IT企業で働くことにより
お金をもらいながら身につける
ことができます。

とはいえ、未経験から
いきなり転職だなんて。。

と、不安になると思いますが
安心してください。

IT人材の不足により
未経験者歓迎の求人も多いうえ
IT転職までをサポートしてくれる
企業があります。

中でも私がおすすめするサポートを
紹介した記事があるので是非みてください。

2.副業としてネットビジネスを始める

IT企業で働き、得たスキルを活かし
ネットビジネスを始めます。

ネットビジネスのいいところは
パソコンがあれば始めることが
できるところです。
資金0円です。

失敗してもリスクはありません。
失うものは費やした時間ぐらいでしょう。

私は大学生の頃
ネットビジネスで月100万円
稼げました。

副業だからといって
大きく稼げないわけではありません。

本業以上に稼いでいる人もいます。

サラリーマンの安定した給料が
ある間に、失敗を繰り返し
試行錯誤し、自分のビジネスモデルを
確立させていきます。

3.脱サラする

ITスキルが身についたら脱サラします。

ネットビジネスが軌道に乗っていれば
それ1本に絞るのもひとつ。

ネットビジネスをやめる場合も
IT企業で働いたことにより身についた
ITスキルと起業資金が残ります。
それを利用し、別のビジネスで
開業するのもひとつの手段。

そして自分のビジネスモデルを
確立しスタッフを自分の分身のように
育て、業務を任せることにより
オーナー業に専念できます。

働かなくてもお金がはいって
くるようになります。

ここまでが私が考える
現代での上手な脱サラ起業方法です。

まずは行動してみよう

まずは行動してみよう

行動をするというのは
とても大切。
私が成功できたのも
行動力のおかげです。

やるかやらないかの
2択でやるを選び続けたおかげ。

行動をしないと、現状は1ミリも
かわりません。

その行動が必ず成功するとは
限りませんが、失敗したとしても
そこから得られるものも大きい。
次へとつながります。

行動すらしなければ、改善点も
みえてきません。

独立開業に成功する為に
行動し続けてください。
まずは第一歩としてITスキルを
身に付けてください。
必ずあなたの為になります。

私はあなたを全力で応援しています。

タイトルとURLをコピーしました