今から脱サラ起業するならこの方法!【現代で勝つ為に】

今から脱サラ起業するならこの方法!【現代で勝つ為に】
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

起業するなら個人?法人?

起業するならどんな
業種を選ぶべき?

おすすめのビジネスは?

脱サラ起業したいけど、
何から始めたらいいのか?
起業するならどんなビジネスが
いいのか?

いろいろ不安や疑問が
あると思います。

この記事では、私が脱サラ起業に
成功した経験をもとに
みなさんの疑問におこたえし
不安を解消していきます。

「脱サラ起業の前に副業をやってみたい!」という方は、
下の記事も読んでみてください!

この記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。

経営と投資で月500万円稼ぎます。

先日、こんなツイートをしました。

私は中学生の頃に計画をたて
サラリーマン時代に準備し
脱サラ起業に成功しました。

今幸せなのは
過去の自分が計画、準備、行動
してくれたおかげです。

未来のあなた自信や家族の方の為に
今から行動し続けていきましょう。

では、本編をどうぞ。

起業するなら個人?法人?

起業するなら個人?法人?

起業方法は大きく分けて2つ
あります。

・個人事業主として起業

・法人として起業

起業するならどちらがいいのか?

小さく起業するなら
個人事業主がおすすめです。

個人事業主は、手続きも楽です。
税務署に開業届を提出するだけです。
費用も0円です。

法人の場合、登記や手続き、書類も
多く、費用も最低で20万円ほど
必要になります。

一定以上利益が出れば、法人の方が
節税することができます。
また、法人は個人に比べ金融機関からの
審査が通りやすいというメリットも
あります。
事業を拡大するなら法人の方が
有利ですが、個人事業主から
法人化することもできます。

まずは小さく個人事業主から始め
軌道にのったら、法人化するケースも
よくあります。

私の場合もそうでした。

まずは個人事業主
として小さく始めました。
年収600万円で考慮し、
勝ち逃げが確定したところで
法人化して、株式会社の代表をしています。

個人事業主であれば、
ある程度雑でも何とかなります。

法人成りはあまりに面倒すぎて、
現在年間100万円を払い、税理士や
社会保険労務士とチームを組んでいます。

なぜなら、シンプルに財務や諸々複雑だから。

創業時に年間100万円出ていくビジネス設計は
ビジネスモデルとして良くないです。

一人で起業をするなら尚更、
まずは個人事業主として小さく始めて、
大きく育てることをオススメします。

成功する起業のポイント

成功する起業のポイント

起業するならどのような点から
選ぶべきなのか?

成功しやすい起業のポイントを
まとめてみました。

初期投資が少ない

起業に失敗する多くの原因が
資金不足です。

初期費用は準備できても、起業後
売上が思ったようにあがらず
人件費や家賃などの費用が
払えなくて廃業。
というのもよくあります。

最初に莫大な資金をかけ、
失敗してしまうと、とりかえしが
つきません。

はじめはできるだけ投資を少なくし
成功すると確信したものに
投資を増やし、加速していくべきです。

在庫を持たない

在庫は、仕入れるにも
管理するにも費用がかかります。

売れるかわからないものに
費用をかけるのは
もったいない。

在庫は売れるまでゴミのようなもの。

在庫を持たないビジネスを選ぶべき。

伸びている市場

衰退している市場で商売しても
意味がありません。

魚がいない川で良い餌を
つけて、釣りをしてても
釣れないのと同じ。

成長している市場で商売
することが成功の条件。

覚悟決めて脱サラ起業するなら
職選びは見極めるべきです。

今だけ伸びている市場もだめです。
今後経営が続きません。

時代の流れをしっかり調査し
今後も伸び続ける市場で戦うことが
とても大切。

起業におすすめのビジネス

起業におすすめのビジネス

結論から言います。

今から起業するなら
ネットビジネスです。

前章の3点のポイントにも
あてはまります。

ネットビジネスはパソコンがあれば
0円で始めることができます。
失敗したとしても、失うものは
ありません。
強いて言うなら費やした時間ぐらいです。

ネットビジネスにもいろいろ
ありますが、基本的には
在庫を持つ必要もありません。

ネットビジネスの種類について
記事をかいてるので
チェックしてみてください。
脱サラ 起業 ネット

インターネットの普及により
パソコンやスマホが必須な
時代になりました。

買い物をするにも何をするにも
利用してませんか?

それだけインターネットは身近な
存在になってます。
つまり伸びている市場です。

そして、5Gの時代になり
今後も伸び続けることが予想できます。

せっかく起業するなら
業種はしっかり選ぶべきです。

小さく始めて大きく稼げる

ネットビジネスはハイリターンも
見込めます。

飲食店などは、お客さんは
目の前の人です。
そして、営業時間は決まっています。

それに対し、ネットビジネスは
インターネットを利用している
世界中の人をお客さんにできます。
そして、お金が入る仕組みができて
いれば、寝ている間も365日
営業中となります。

お客さんも多く、
営業時間も長い。

可能性は無限大です。

起業成功にITスキルは必須

日常生活だけでなく
ビジネスの世界でも
パソコンの作業が当たり前。

ITに弱いから…

では、通用しない時代です。

IT技術の発展により
人件費の削減や業務効率化が
実現し、様々な業種でIT導入が
進んでいます。

人の代わりにロボットが働いて
くれるようになります。

今後、勝ち抜いていくには
ロボットを動かす側の人間に
ならないといけません。

私がおすすめするネットビジネスには
もちろん必要ですが
これから起業するなら
どんな業種であっても
ITスキルは必要です。

身に付けておく事をつよく
おすすめします!!

起業するなら副業から始める

起業するなら副業から始める

起業は、9割失敗すると
言われています。

そして、失敗したら
離婚、借金などの最悪な状況に
陥るリスクもある。

成功してる人も、いきなり
成功してる人はほとんどいません。
失敗を繰り返し、試行錯誤した後に
成功しています。

いきなり脱サラ起業してしまうと
収入が0という危険性もあります。

起業するなら小さく始めるべき!

具体的に言うと
起業するなら副業から始めるべき!

サラリーマンの安定した給料が
ある間に、挑戦し、上手に
失敗を繰り返し、成功へと
つなげていきます。

副業だからといって稼げないわけでは
ありません。
本業以上に稼いでる人もいます。
私も大学に通いながら、ネットビジネスで
月100万円稼ぐことができました。

大学生の私にもできたんだから
必ずあなたにもできます。

また、サラリーマンは安定した給料が
あることから、社会的信用があります。

社会的信用がある間に
法人クレジットカードをつくり
限度額のひきあげをしておくことを
おすすめします。

法人クレットカードについて
詳しく書いた記事があるので
チェックしてみてください。
脱サラ 起業 法人クレジットカード

現代で勝てる脱サラ起業方法

現代で勝てる脱サラ起業方法

脱サラ起業に成功するなら
計画が必要です。

私が今、あなたの立場にたち
脱サラ起業するならこのような
計画を立てます。

1.IT企業に転職する

先述で、現代で起業に成功するには
どのような業種であっても
ITスキルが必要だと説明しました。

ITスキルを効率的に身につける方法が
IT企業に転職することです。

何十万円も払ってスクールに
通ったり、教材をかったりしても
身に付けられますが非効率的です。

IT企業に転職することによって
給料としてお金をもらいながら
スキルを身につけることができます。

IT業界は年収がトップクラスなので
起業資金もじゅうぶんに貯めることができます。

未経験でも大丈夫なのか。。。

と、不安になりますが安心してください。

IT人材の不足により、未経験歓迎の
求人も多くでていますし、
未経験から転職までをサポートしてくれる
企業があります。

中でも私がおすすめするサポートを
紹介した記事を書いたので是非
みてください。

2.副業でネットビジネスを始める

IT企業で働きながら
得たスキルを活かし
ネットビジネスを始めます。

サラリーマンの間に
上手に失敗を繰り返し
自分のビジネスを確立していきます。

3.脱サラする

ITスキルが身についたら
脱サラします。

ネットビジネスが軌道に乗っていれば
ネットビジネス1本に絞るのもよし。

ITで働いたことにより
得たITスキルと起業資金を
使い、別のビジネスを始めるのもよし。

選択肢は自然と広がっています。

その後は、スタッフを育て
業務を任せ、自分はオーナー業に専念。
自分が働かなくても半自動的に
お金が入ってくるようになります。

これが、私が考える現代で勝てる
脱サラ起業方法です。

脱サラ起業で家族を幸せに

脱サラ起業で家族を幸せに

あなたが脱サラ起業するなら
家族の方も不安になるでしょう。
それだけ脱サラ起業はリスクが大きい。

しかし、成功したら良いことしかありません。

お金や自由な時間が増え
不自由ない生活ができます。

あなたや、家族の方も
必ず幸せになります。

この記事を読んでくれたからには
あなたにも必ず成功して欲しい。

周りのライバルたちに勝ち
幸せになって欲しい。

その為にも、いち早く動き
行動し続けて欲しい。

私はそんなあなたを全力で
応援しています。

タイトルとURLをコピーしました