脱サラ起業したいけど、、、今更聞けない脱サラ起業の基本教えます

脱サラ起業したいけど、、、今更聞けない脱サラ起業の基本教えます
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

脱サラ起業したいけど
何から始めたらいいの?

脱サラ起業したいけど
お金がない場合は?

起業に成功するコツは?

サラリーマンとしての
いろいろなストレスを
抱えている方は多いです。

ストレスから解放されたくて
脱サラ起業したいけど

お金がない。。
やり方がわからない。。
失敗したらどうしよう。。

という、不安から
諦めていませんか?

この記事では、このような疑問に
おこたえし、皆さんの
脱サラ起業をサポートしていきます。

「脱サラ起業の前に副業をやってみたい!」という方は、
下の記事も読んでみてください!

この記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。

経営と投資で月500万円稼ぎます。

先日、こんなツイートをしました。

私が脱サラ起業に成功したのは
行動力のおかげです。

失敗するか成功するかは
やってみないと誰にも
わかりません。

不安だからという理由で
やらないという選択肢を選んでいては
何も現状は変わりません。

まずは、やってみること。

この記事を読んでくれた
あなたが行動を起こし
脱サラ起業に成功する手助けに
少しでもなれたら幸いです。

脱サラ起業に失敗しない為の準備

脱サラ起業の準備

脱サラ起業したいけど、何から
どうやって始めていいかわからない。
と、悩んでいませんか?

まず、どのような準備が必要なのか?

各種手続き

脱サラ起業するということは
今の会社をやめ、自分で事業を
始めるという事です。

保険の切替・年金の切替
開業の手続きなど
いくつか手続きが必要です。

手続きに関してまとめた記事が
あるのでチェックしてみてください。
脱サラ 起業 準備

スキル・知識の修得

まずは、どの業種で
ビジネスを始めるのか。

それには、どんなスキルが
必要なのか。

業種の専門スキルだけでは
起業は成功しません。

失敗しない為には
経営のスキル・知識も
必ず身につける必要があります。

起業資金の準備

起業に失敗する原因の
ほとんどが資金不足です。

業種や規模、場所によって
起業資金は大きな幅があります。

初期費用は準備できたとしても
経営が思うようにいかず
起業後の家賃、人件費などの
固定費用が払えなくて廃業。

よくあるパターンです。

失敗しない為には
余裕を持った起業資金の準備が必要。

起業資金の調達方法

起業資金の調達方法

脱サラ起業したいけど
お金がない。。。

こんな時はどうすれば
いいのか?

脱サラ起業資金の代表的な
調達方法をいくつか紹介します。

金融会社に個人で借入

個人の信用で容易に借入できます。

しかし、利息が高いという
大きなデメリットがあります。

最悪の方法です。

銀行・信用金庫の融資

信用できる融資先ではあり
利息も高くないですが
起業まもなく、実績がない状態だと
なかなか審査が通りません。

私も2年実績をつくり
ようやく300万円の
融資をうけることができました。

日本政策金融公庫の融資

無担保・無保証で最大3000万円
の融資を受ける事ができます。

しかし、こちらも審査は
なかなか通りません。

私の場合3年実績をつくり
1500万円融資をうける
ことができました。

自己資産での出資

自己資産に余裕があるなら
ここは誰もが目指すべき方法。

返済や金利負担もないし
リスクはないです。

起業資金の調達方法は
いろいろありますが
私の経験からいって
成功した方法を拡大するときに
借入はつかうもの。

絶対にうまくいくことで
借金して加速するべきです。

起業を成功させるコツ

起業を成功させるコツ

起業するからには
誰もが成功を目指します。

しかし、起業に失敗する割合は
約9割と言われています。

ほとんどの人が、成功しません。

では、成功する為には
どのようにするべきなのか?

小さく始めること

起業に失敗する確率が9割と
お伝えしました。

残りの1割の人は、最初から
うまくいったのか?

もちろん、そうではありません。

失敗を繰り返し、そこから
学び試行錯誤をし、成功しています。

初めての起業で
いきなり莫大な資金をかけ
挑戦し、失敗したら
とりかえしがつきません。

まずは、小さく始めること。

極端にいうと
副業から始めるぐらいで
いいと思います。

サラリーマンの安定した給料が
ある間に、挑戦し試行錯誤を
繰り返し、ビジネスモデルを
確立することをおすすめします。

小さく副業だからといって
稼げないわけではありません。

私は大学生のころ
学校に通いながらパソコン1台で
月100万円稼ぐことができました。

やり方次第で、本業以上に
稼ぐことももちろん可能です。

戦う市場を見極める

脱サラ起業したいけど
どの業種で起業したらいいのだろう。

と、悩む方は多いのではないでしょうか。

業種を選ぶ際、注目する点は
その市場が伸びる市場なのか
というところです。

今は良くても、これから
衰退する業界はやめてください。

今後も、起業し経営を続けて
いきたいなら、必ず
10年後、20年後どうなっているか
を考えてビジネスを選んでください。

現代のビジネスの流れ

現代のビジネスの流れ

先ほど、伸びる市場で起業することが
重要と説明しました。

では、現代社会はどういう流れなのか?

インターネットの急速な普及により
ビジネスでも日常生活でも
パソコンやスマホが必須の時代です。

IT市場は1990年ごろから伸び続け
5Gの時代になり、今後もさらに
成長を続けていくと予想されます。

IT技術により、業務効率化
人件費の削減、データ管理の簡易化
が実現し、アパレル業界や飲食業界
農業など、様々な業種でIT技術の
導入が進んでいます。

パソコンスキル・ITスキルを
持っていれば、効率的な
日常生活・ビジネスができます。

むしろ持っていなければ
時代に取り残されます。

これから脱サラ起業し成功
したいのであれば
どのような業種であっても
ITスキル・知識が必要。

脱サラ前に必ず身に付けて
おいた方がいい。

ITスキルに興味があれば、
是非この記事を読んでみてほしいです。
初心者でもわかるように作っているので
ITスキルが自分にあった方法で学ぶことができます。

リスクのない安全な脱サラ起業計画

リスクのない安全な脱サラ起業計画

脱サラ起業はリスクが大きいものです。

脱サラ起業したいけどリスクが
大きいから、諦めてる人が
多いのではないでしょうか。

私が今から脱サラ起業するなら
このようなリスクのない方法を
とります。

1.IT企業へ転職する
2.副業でネットビジネスを始める
3.脱サラする

解説していきます。

1.IT企業へ転職する

これから脱サラ起業に成功するには
ITスキルが必要だと説明しました。

ITスキルを得るにはスクールに通ったり
する方法もあります。

しかし、それは絶対にやめてください。

スクールに通うと仕事外の時間に
お金を払って身につけることになります。

ITに転職することにより
仕事の時間にお金をもらいながら
身につける事ができます。

賢いあなたなら
どちらを選びますか?

IT企業に転職すれば
スキル・知識・経験を身につけながら
起業資金も準備することもできます。

未経験だからといって
諦めるのもやめてください。

IT需要が多い分、現在
IT人材は不足してます。
未経験歓迎などの求人も多いです。

IT転職について渾身の記事を書いたので
ぜひみてください。

あなたが迷ってる間に
優良企業は募集が終わってしまいます。

何事も早く始めた方が有利です。

2.副業でネットビジネスを始める

IT企業でスキルを得ながら
そのスキルを活かしネットビジネス
を始めます。

なぜ、副業で
ネットビジネスを始めるのか?

先ほどもお伝えした通り
ビジネスを成功させるコツは
需要のある市場で
小さく始める事。

ネットビジネスはパソコンがあれば
始める事ができます。

初期費用0円です。
失敗してもリスクはありません。

そして、インターネットの普及により
ネットビジネスは需要のある
ビジネスだからです。

3.脱サラする

ネットビジネスが軌道にのり
始めて、脱サラします。

IT企業に転職したことにより
成功に必要なITスキルと
起業資金は手に入ってるはず。

もし、ネットビジネスがうまく
いかなくても、他のビジネスに
挑戦する為の準備は整ってます。

そして、お金が入ってくる
仕組みさえ作ってしまえば
あとはスタッフを育て
業務を任せる事で、
オーナー業に専念できます。

自分が働かなくても
お金が入ってくるようになります。

脱サラ起業で幸せな人生に

脱サラ起業で幸せな人生に

脱サラ起業はリスクが大きく
勇気が必要なことです。

でも、成功したら
本当に幸せな人生になります。

お金も増え続け
働き方も自由、
時間の使い方も自由。

本当にいいことしかないです。

ここまで記事を読んでくれたから
には絶対成功して欲しい。

準備と計画をしっかりし
行動すれば脱サラ起業は
成功できます。

脱サラしたいけどお金がない。
脱サラしたいけど自信がない。
脱サラしたいけどやり方がわからない。

だからやめとこう。

不安だから行動しない
というのは絶対やめてください。

今する行動が
未来の幸せなあなたの
助けになります。

タイトルとURLをコピーしました