【アイリストになる方法】脱サラ起業してアイリストになる。

【アイリストになる方法】脱サラ起業してアイリストになる。
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

仕事を辞めてアイリストになるには
どうしたらいいの?

アイリストは、実際稼げるの?

アイリストになって、自分のお店を持ちたい!

【アイリストになる方法】脱サラ起業してアイリストになる。

の記事では、

脱サラ起業して、月500万円稼ぐ私が「好きを仕事にする人たち」の願いを叶えます。私は常々、「好きを仕事にする人たち」こそ、お金持ちになるべきだと考えてきました。

「好きを仕事にする人たち」がいつまでも、安い給料で働くことをいいとは思わないので、「好きを仕事にして」さらに「お金持ち」にもなってもらいたいと考えています。

【この記事をよむと】

・「好きを仕事にして」成功する考え方がわかる。

「脱サラ起業の前に副業をやってみたい!」という方は、
下の記事も読んでみてください!

この記事の信頼性

【アイリストになる方法】脱サラ起業してアイリストになる。の記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。投資と経営で月500万円稼ぎます。先日、こんなツイートをしました。

24歳で脱サラして、25歳で起業して、27歳でお金の仕組みが完成して、働かなくてもお金が増え続けます。そんな私だからこそ、「好きを仕事にする人たち」に対して、「魅力ある提案」ができると思います。

実際に、私の担当美容師さんなんかも、人生変わり始めてますので、何かのきっかけになれば幸いです。では、前置きはここまでにして、さっそく本題に入っていきましょう。

脱サラ起業してアイリストで生きていく為の準備

脱サラ起業してアイリストで生きていく為の準備

まずは生活費の心配をしない仕組みをつくる

【結論】

アイリストは稼げない商売だから、生活費を別で稼ぐ。

この世界には、「稼げる仕事」と「稼げない仕事」の2種類あります。

それは事実ですし、

アイリストは稼げない商売なので、生活費を別で稼ぐようにすると、「アイリストで脱サラ起業」できます。頑張って貯金をしなさいというわけではなく、「自分が働かなくてもお金が入る仕組み」を用意するのです。

たとえば、アイリストとして頑張りたくて、独立して自分の店を持つ為に貯金を500万円頑張ったとします。でも、そのお金は生活費とお店を借りた家賃などで、どんどんなくなっていきます。

ですが、「自分が働かなくてもお金が入る仕組み」を用意できれば、貯金は減ることなく、生活費や家賃の心配をせずに、アイリストとしての仕事に集中することができます。

お金を貯めるのではなく、お金が生まれる仕組みをつくることが重要です。

【学校や、家では教えてくれないこと】

貯金はだめ、資産からお金をうむべき。

たとえば、不動産や、株式や、債券を保有することです。不動産なら、家賃が入ってくるし、株式であれば配当が入ってくるし、債券であれば利息をもらえます。あなたが働かなくても、お金が入ってきます。だったら、好きなことを好きなようにやれます。お金のことを考えなくていいからですね。

あなたが働くことなく手に入るお金ですから、「お金が入る仕組み」になります。

22歳でサラリーマンになった私は、社長になることが目標でしたから、独立について色々研究しました。その中で、ビジネスを1発当てるより、まずは死なない仕組みをつくってから脱サラ起業したら、失敗などするはずないと気づきました。

そして、その為に「ブログを書いて」「不動産を買いました」。「ブログからは月3万円の収入」が入り、「不動産からは月2万円の収入」が入り、「生活費が2〜3万円」だったので、「もう、死なない、脱サラ起業したビジネスからも、お金が入るだろうから、絶対大丈夫!」と思って、24歳で脱サラして、25歳で起業して、27歳で「お金の仕組み」が完成しました。

【私の場合】

脱サラ=24歳
ブログ収入=月3万円
不動産収入=月2万円
生活費=月2万〜3万円

※脱サラ前に働かずに、貯金が増える状態。

【現在の場合】

年齢=33歳
不動産収入=月53万円
ビジネス収入=月450万円

※働かなくても、すごい儲かる。

私は最初に、お金の仕組みを完成させることを優先しましたから、24歳の時には、稼げない仕事をしてもいいし、27歳の時には、何をやってもいいし、って状態でした。

なぜなら、お金が有り余るからです。

どうですか?学校では教えてくれない、お金持ちの仕組みです。お金持ちは、みんなこの力を使っています。あなたの100倍稼いでいる人が、あなたの100倍頑張ってるわけないですよね?自分で稼ぐのと、他人に稼いでもらうのと、使う力が違うだけです。

では、具体的に「お金持ちが使ってる力」を「あなたも使える方法」を書いていきます。

ブログを書く

【結論】

不動産を買うより、めっちゃ簡単。

ブログは月1000円で、ずっと持ち続けられます。1日33円の負担でいいんですよね。

で、何がすごいかというと、不動産だったら200万円の物件を買って、毎月2万円家賃をもらうって感じなんですが、ブログは月1000円で毎月3万円とか稼げます。簡単なのに、「お金持ちが使ってる力」を「あなた」も使えるようになります。

不動産を買う時の「最初の200万円」ってお金を出すのって大変だし、お金がちゃんともらえるまで「めっちゃ不安」だし、最悪「失敗」したら、「200万円が無駄になる」し、大変ですよね。

ところが、

ブログだったら1日33円、月1000円でおっけーですから、毎日のコンビニで買ってるものとか、ちょっとした無駄を削るだけでOKですよね。それで、「お金持ちと同じ力」を使えるようになるのだから、うだうだ考える前に、もうブログはやったほうがいい。

【結論】

1日33円払えば、収入はどこまででも伸ばすことができる。当然、早くはじめて、長く続けた人が有利。

▶︎【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

ブログをはじめると、ブログ収入が得られる、ファンがつく、広告・宣伝が無料、スタッフ募集もできる、SNSのフォロワーになってくれたりする、などなど、かなりメリットが大きいので、やってないやつはビジネスセンスが無いと言えるレベルです。

今時、企業ホームページがない企業とかないでしょう?

ビジネスしようって人間が、ブログやHPを持ってないなんて、頭悪いんですよね。ブログはホームページの一種なので、ブログつくっているということは、会社の、お店のホームページをつくるってことです。

私は、大学生から書いている日記ブログ、不動産のことだけまとめたブログ、さるしゃちょーのブログ、自分の会社のブログ、と4つ持っていますしね。もちろん、お金もコツコツ稼いでいます。

「お金持ちが使ってる力」がそこにあるのに、「使わない」なら、「貧乏」でいいってことですから、じゃぁ、「貧乏」でいてください。「貧乏」なのに、一生懸命身を削って、「アイリスト」やってくださいって感じ。

私にとって、「ブログは自分が成長するためのコンテンツ」なので、お金がもらえることはこだわっていませんが、それでも結構お金になるので、いいですよね。「お金持ちの私」がやっていて、「貧乏人」はやっていないのが真実です。

▶︎【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

不動産を買う

【結論】

金持ちになった今でも、私は不動産を買い続けてる。

24歳の時、勇気を出して買った不動産は、その後も私の人生を支えてくれています。はじめて買った物件である、滋賀県の草むらは、それはそれはひどい状況で、誰が買うねん!?って状態でした。

ツイートをご覧ください。

今や、1億円ほどの不動産を持っていますが、そのきっかけになったのがこの物件。今でも私に毎月2万円をくれる優秀な可愛い物件です。なんせ、通帳の確認くらいしかすることないですからね。

もし、この物件を今から売ろうと思うと、だいたい400万円〜500万円くらいで売れます。なので、緊急時にお金に変えることもできる貯金箱でもあります。

脱サラ起業してても何も怖くないのは、こういう不動産を1億円ほど持っているから。

【現在の私】

収益不動産=11
想定売却額=約1億円
毎月の家賃=月53万円
エリア=大阪、滋賀、京都

毎月何もしなくても53万円入ってきたら、あなたならどうしますか?

私は自分のしたいことをやっています。ギャンブルが好きなので、毎日200円をtotoに使ってますし、外食が好きなので、毎日外食しています。漫画が好きなので、月3万円くらい漫画に使いますし、体育館を貸切にしてバレーボールもしてます、ブログ・ユーチューブ・ツイッターで自分の考えを書いて楽しいし、息子の子育てをめっちゃやってます。

何が伝えたいか?というと、「好きなことを仕事」にできるってことです。だって、その「好きな仕事」で得られる給料はあってもなくてもいいものなので、好きにできるじゃないですか?

人生楽しくいきましょう。

よかったら、Twitterフォローしといてください。不動産は本を書こうとしていますので、本が出版された通知します。

IT系のスキル・知識・経験を得る

【結論】

IT系のスキル・知識・経験があれば、人生楽になる。

私は大学進学の時に、これからIT系のスキル・知識・経験は不可欠だなと感じて、関西大学総合情報学部に進学しました。4年の月日と、約400万円かかりましたが、IT系のスキル・知識・経験を得られて、めっちゃ得をしました。

今、ビジネスで月450万円も稼げて全然働かないのは、IT系のスキル・知識・経験のおかげ

だって、ビジネスの世界で戦ってる「おじさん」達が、「IT系のスキル・知識・経験」がないんですもん。「馬鹿」を相手に勝てばいいだけなので、めっちゃ楽勝なんですよ。

たとえば、あなたが得意なスポーツや音楽を想像してください。素人に負ける気しますか?

そうなんですよ。絶対に勝てるんです。

で、大人になってからは部活と違って、スポーツ大会と違って、他人に勝てばお金がたくさんもらえます。お金の世界は、そういう仕組みになっています。だから、強いだけで「簡単にお金持ち」です。

筋力じゃないですよ?ビジネスの世界で勝てる力です。

今、ビジネスの世界でもっとも役に立つスキルが、「IT系のスキル・知識・経験」ですから、今すぐにでも身につけた方がいいです。あなたの店しか流行らないって仕掛けもできたりしますからね。

で、私みたいに大学で学ぶことが、学歴も手に入ってコスパ抜群なのですが、今からだったら、Tech Academyがおすすめです。IT系のスキル・知識・経験は、間違いなく必要だし、出したお金以上は稼げますから、さっさとお金払って賢く強い人になるべきです。

イイワケはもうそれくらいにして、好きなことを自分の手で勝ち取ってください。

▶︎今話題のTech Academyを徹底解説!(口コミ・評判あり)

イイワケするのは、他の馬鹿に任せとけばいいんです。そいつらは、やらないおかげで、私たちやるべきことをやっている人が幸せになれるのですから。

脱サラ起業してアイリストになれるの?

脱サラ起業してアイリストになれるの?

【結論】

脱サラ起業して、今からでもアイリストになれます。

現在では、アイリストとして働くためには、美容師免許の取得が必須になりました。もっていないなら、脱サラする前か、脱サラした後に美容師免許を取得しましょう。

前までは脱サラ起業後に「資格なし」でも自分のサロンを持つことが出来ていましたが、実際、目元はかなりデリケートなので、マツエクによる被害が増加したのだとか。

だから美容師免許を持っていない人は、専門学校に行く必要があります。

脱サラ起業してアイリストになる道のり

最初に言ったようにアイリストになるためには、美容師免許が必要です。既に美容師免許を取得してる人は次の項目に飛んでください。

まず美容師免許を取得するためには、美容専門学校に通わなければなりません。

今の職場を辞めて学校に通うの?

いいえ、サラリーマンを続けながら学校に通って資格取得を行います。楽をしようとしないでください。今が一番若い自分で、無理もききますから、一番しんどいタイミングはできるだけ前倒しにするべきです。

20代の人は30代の自分に無理させるのか?30代の人は40代の自分に無理させるのか?と考えてみてください。絶対、今無理したほうがいいでしょう。

はっきりいって、仕事しながら美容専門学校に行くのはしんどいです。

その場合は、転職も含めて考えて、時給の高いアルバイトと組み合わせても構いません。とりあえず、美容専門学校だけをやるってのは、時間とお金の無駄なので賛成しません。

・日中に登校をして2年学んで国家資格合格後、免許取得をする方法
・通信コースで空いている時に勉強し3年学んで国家資格合格後、免許取得する方法

この二つの方法があります。

美容師になるために仕事を辞めて、もう一度学生に専念します!はかなり要領が悪いので辞めてください。基本的な学費の平均は

昼間コースの学費 : 200万~300万
通信コースの学費 : 50万~100万

都道府県で美容学校の学費は変わります。資料やHPで調べるなどしてください。なんなら、移住してしまってもいいと思います。たとえば、地方で顧客がいない場所に今住んでいる場合、アイリストになる為に、そもそも移住は絶対必要です。

他には、美容専門学校の学費が安いのに、高額のアルバイトがあるエリアで、家賃が安いなんてのは、資格取得だけ考えるなら最高です。世の中には、そういうズレがたくさんあります。

東京で高い年収で、高い場所に住んで、みたいな馬鹿をやらなくていいです。今、私は博多に住んでいますが、サラリーマンの年収はそこそこ高いのに、家賃と生活費がめっちゃ安いです。

結局、年収が高くても税金で取られるだけなので、手残り年収で考えてやるなど、頭を使うべきですね。また違う話になってしまうので、詳しく知りたい人は、他の記事も読んでみてください。

【結論】

おすすめは、通信での美容師免許取得

通信のほうが、学費が安くなりますし、生活の変化も少ないので、おすすめです。

通信コースで美容師免許を取るには、仕事前や終わった後に自宅でテキストをつかって勉強、技術面はスクーリングして身に付けることになるので、休みの日に技術を磨いていきます。

簡単なことではないですが、頑張りどころはどこなのか、把握をして、未来の自分を幸せにしてやってください。

脱サラ起業後、アイリストになった時のリスク

脱サラ起業後、アイリストになった時のリスク

サロンの現状ってどうなってるの?

まつ毛エクステやパーマを行う専門サロンは、年々増加傾向にあります。ライバルも増えていますが、お客さんも増えていますので、「アイリストの状況が悪い」とは言えないでしょう。

美容室の中に併設したり、シェアサロンで一緒に施術したりと、アイリストとしての需要は高まってきました。

なぜなら、

お客さんは「美容」の為に「美容室」や「サロン」に来店するわけなので、「トータルで綺麗になる」ほうが、便利だという人もいるでしょうからね。

【結論】

アイリストの需要は、確実に増えている。

ですが、

コロナのせいで自粛や在宅ワークが当たり前の世の中になっています。見栄えにお金を使わなくてもいいようになってきて、競争は激しくなっています。このライバル達との戦いに勝っていくことが必要なので、準備していきましょう。

現実としては、これまで毎月のように来てくれていたお客さんが来てくれなくなったり、自宅で自分でできるようなキットの販売の需要が高まったりと、コロナ渦で厳しい状況を強いられているのは事実です。

【結論】

コロナでアイリストの現状は、かなり厳しい状態になっています。

そしてアイリストはとても繊細な仕事です。リスクとしては、体の不調です。ミリ単位で何時間もお客様と向きあうため、肩こりや腰痛など身体の不調で辞めてしまう人もいます。

なので、最初にも説明しましたが、アイリストでの仕事で稼ごうとしないでください。自分が好きだと思うお客さんに、好きなように施術してあげて、あなたもお客さんも幸せにしてあげてください。

タイトルとURLをコピーしました