【必読】月500万円稼ぐ脱サラ起業家の「理想を実現する方法」

【必読】月500万円稼ぐ脱サラ起業家の「理想を実現する方法」
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

理想を実現する為に、
何をすればいいですか?

自分の理想がよくわかりません。
どう考えればいいでしょうか?

理想を実現した方法を、
教えてください。

【必読】
月500万円稼ぐ脱サラ起業家の
「理想を実現する方法」

の記事では、

脱サラ起業して、
月500万円稼ぐ私が、
理想を実現する考え方をお伝えします。

【結論】

理想は、実現するものです。

「脱サラ起業の前に副業をやってみたい!」という方は、
下の記事も読んでみてください!

この記事の信頼性

【必読】月500万円稼ぐ脱サラ起業家の「理想を実現する方法」の記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。
投資と経営で月500万円稼ぎます。

先日、こんなツイートをしました。

理想を掲げて、
毎回実現している私が、

夢が叶う、
理想を実現する方法を共有してます。

【私の場合】

理想のルート:馬鹿な高校→関関同立へ進学→東証一部上場企業へ就職→27歳で脱サラ起業→30歳で勝ち逃げ。

理想を実現したルート:京都府立向陽高等学校→関西大学総合情報学部→株式会社光通信→24歳で脱サラ→25歳で起業→27歳で勝ち逃げ。

と、実際に理想を叶えています。

1、計画を立てること
2、具体的に行動すること
3、Will×Skillを理解し使いこなすこと

で理想は実現しますから、
今日から行動してほしいですね。

では、本編いきましょう。

脱サラ起業家の私がやった、理想を実現する方法

脱サラ起業家の私がやった、理想を実現する方法

【結論】

理想を実現する為に、
計画を立てて、
具体的に行動にしていく。

私は脱サラ起業して成功しましたが、
中学2年生の時にはもう計画がありました。

→バカな高校にいく
→指定校推薦で「関関同立」へ
→東証一部上場企業の新規立ち上げ
→27歳で独立して社長になる

というざっくりしたものです。

【結論】

計画を立てて、
具体的に実行していくだけ。

「社長」になるために考えた時、
「中学生」の自分にわかったことは、

・お金もらいながら勉強した方がいい
・商品が売れなければビジネスにならない

ということでした。

【1】

商品が売れる力を得る為、
東証一部上場企業で、
営業力を磨くことと決めました。

【2】

東証一部上場企業に就職するには、
いい大学に行っておこうと考えました。

【3】

受験せずに家から近い大学にいく為に、
指定校推薦にしようと考えました。

【4】

指定校推薦が大変なのはイヤだ、
馬鹿な学校にしようと考えました。

ってな感じで、
計画を立てたのです。

私は理想を実現することを、
難しいと感じたことはありません。

やるべきことをやり、
やらないほうがいいことを、
やらないだけでいいのです。

【結論】

やるべきことをやり、
やらないほうがいいことをしない、
それを判別する為に、計画が大事。

理想を実現するためには、計画だけじゃ足りない。

 理想を実現するためには、計画だけじゃ足りない。

【結論】

計画を立てたら実行するために、
Will×Skill=理想の実現、を理解する。

Willという心からくるエネルギーを、
Skillと掛け算して「成果」を取り出します。

たとえば、

ミュージシャンになりたい!!と言って、
夢が叶わないのは、この式を理解してないから。

・音楽が好き
・音楽で食べていきたい
・自分の曲を聴いてほしい

などなどWillだけで、
ミュージシャン目指す人が多いから、
夢が叶わないんですよ。

この場合、

Skillにより、
社会に必要とされることが、
重要になってきます。

・聴かせる力のある歌声
・気持ちが代弁されたような歌詞
・また聞きたくなるメロディー

などなど、

結局、聞き手である消費者が、
求めてくれる「何か」が、
Skillとしてないとダメです。

【結論】

Will×Skill=理想の実現を、
理解すれば実現する可能性が、
かなり高くなります。

理想を実現する、Willの力を深堀り

理想を実現する、Willの力を深堀り

【結論】

理想を実現する為には、
ガソリンであるWillが大事。

理想は、Willで描くものなので、
Willが「エネルギー源」です。

だから大切です。

ガソリンがない車は、
走ることができません。

Willからエネルギーを取り出せないなら、
あなたは、どこへもいけません。

Willは、車でいうガソリン。

Willに大切なのは、
かっこいい、明確、明るい、などなど、
言葉に表すと「プラス」になるようなもの。

プラスになる感情からだと、
強いエネルギーを取り出せます。

【結論】

Willの力が活きてくるように、
エネルギーの取り出し方を決める。

精神の力なので、
できるだけ明るいものの方がいいと、
私は思っています。

ちなみに私は、

「なりたい自分」から、
「エネルギー」を取り出すようになってから、
「なにもかも」上手くいくようになりました。

【結論】

Willを最大限活かすためには、
なりたい自分を持つことですね。

なりたい自分を見つけて、

ワクワクしたり、
ドキドキしたり、
かっこいい仕事をしたり、
嬉しかったり、
幸せだったり、

Willの力がどんどん得られるように、
行動していくといいでしょうね。

【結論】

Willの力はエネルギーなので、
使うと減るから、補充できるような、
システムを人生で組み上げる。

私のマイルールを共有しますね。

1、チャレンジ、チャレンジ、チャレンジ
【理由】ワクワクする為。

2、社会の役に立つことをする
【理由】感謝され、自己満足を得られる

3、人生を賭ける
【理由】ドキドキするし、緊張する

4、奥さんの為になることをする
【理由】家族の幸せのため。

5、仲間の為になることをする
【理由】仲間の幸せのため。

Willからエネルギーを取り出す為に、
これらのルールに従って生きています。

【結論】

マイルールで、
Willの力を最大化。

おかげで、

「家族」「仲間」「時間」「お金」「健康」
「本当の成功」を手に入れました。

それもずいぶん若く手に入れたので、
Willはプラスの力をおすすめします。

【結論】

Willの力を活かすも殺すも、
あなた次第ですよ。

理想を実現する、Skillの力を深堀り。

理想を実現する、Skillの力を深堀り。

【結論】

Skillは、
理想を実現するために必要な、
知識、経験、技術のこと。

Skillは、
理想を実現するために必要な、
知識、経験、技術のことです。

あった方がいいのは、
間違いないのですが、
習得が大変なんですよね。

一番極端な例え話からしておくと、
全知全能の神が、Skillを極めた者です。

Skillは、全知全能の神が最上級。

全知全能とは、
すべて知っていて、
すべてできることですよね。

Skillを最終的に極めることができれば、
全知全能の神になれます。笑

【結論】

Skillを極めたら、
全知全能の神様。

ちなみによく笑われますが、
私は「全知全能の神」を目指しています。

なぜなら、

全知全能の神に私が近づけば、
私は、思い描いたことを、
すべてできるようになるからです。

ストレスフリーで、
幸せになれますからね。笑

【結論】

自分が願ったことを、
叶えてやりたいからこそ、
全知全能の神を目指している。

ようするに、

Skillは、
身につければ理想が実現する、
わかりやすい手段です。

理想の足を引っ張る存在といえば、
できない自分です。

理想と現実にギャップがうまれる理由は、
できない自分のままだからね。

つまり、

Skillを習得していくということは、
できない自分を消していくってことです。

【結論】

Skillを習得していき、
できない自分を消していけば、
理想は実現するようになる。

なぜ、
できないのかというと、

・知らない
・知っていてもできない
・知っていてもやらない

からです。

まずは、
知らないを知ること。

【結論】

知らなかったことを知ることで、
ようやく、できない自分がわかる。

次にやるべきは、

知っているのに、
できないことをどうするか?です。

たとえば、

自転車に乗ることだと、
乗れるようになる前から、
すでに乗ってる人は見ていますから、

知識として、
自転車に乗ることは知っています。

ところが、
1発で乗れた人はいないはずです。

自転車のように、

この世には、
知っているのに、
できないことがたくさんあります。

知っているのに、
できないことをどうするか?

をしっかり考えることです。

【結論】

Skillの習得とは、
できないことを、
一体どうするか?とうこと。

最後に、

知っていても、
やらないについて、
共有しておきます。

たとえば、

私はスペイン語を知っていますし、
スペイン語を習得すれば起こることも、
だいたい想像できます。

もちろんスペイン語のSkillを得た方が、
私の可能性を広げるのはわかっています。

ですが、
スペイン語は習得しません。

これが、
知っていても、やらない例ですね。

別の言い方をすれば、

やった方がいいことは、
星の数ほどあるが、
人間の寿命を考えると、
選ぶしかないということ。

【私の場合】

スペイン語の取得は諦めて、
スペイン語の通訳を雇うか、
グーグルなどの技術革新に期待してます。

Skillの力は柔軟です。

あなたが、
全知全能の神になる必要はないです。

Skillをあなたが望んだ形で、
この世界に再現できればいいんです。

理想を実現する為のSkillは、
そういう使い方をおすすめしますね。

【結論】

Skillを使いこなすSkillをもつこと。
これで、神様に近い力を持てる。

Will✖️Skillの式になってしまう理由。

Will✖️Skillの式になってしまう理由。

【結論】

Willで望んだことしか、
Skillになっていかないから。

Skillの万能さを知っていれば、
Skillだけでいいじゃんってなりがち。

間違ってはないんですけど、
Skillは簡単に身につかないんですよね。

タイガーウッズのゴルフの才能も、
10年以上ゴルフという競技に費やして、
ようやく花が開くようなSkill。

【結論】

ゴルフにまったく興味ない私は、
とても練習すらできそうにありません。

つまり、

Skillの習得に必要なエネルギーこそ、
Willの力なんですよね。

そもそも、
Willの力がないと身につかないんです。

「好き」だと、
「やれちゃう」ことも、

「嫌い」だと、
「やれない」。

「得意」だと、
「簡単」でサクサク進むことも、

「不得意」だと、
「難しく」てゼンゼン進まない。

【結論】

Willの力は、偉大でパワフル。

Willが伴わないSkillの習得は、
時間を使うだけなので無駄です。

Skillを重要視する考えかたが、
ズレていると言えます。

しんどい思いして、
必要なSkillなのか考えるべきですね。

やりたくもないことは、
ぜんぜん身につかないです。

Skillを詰め込むのを、
心が否定しているからです。

イヤイヤやっても身につかない。

好きこそものの上手なれと、
言いますし、

そもそも、

私たちは幸せに生きる為に、
Skillを身につけるのだから、
習得までの道中も楽しみましょうよ。

【結論】

Skillが重要視されがちですが、
Willのパワーを最大化すると良い。

Willの力を最大化する方法論。

 Willの力を最大化する方法論。

【結論】

Willの力を最大化する為に、
手段が目的にならないようにする。

目的と手段を間違わない。
これが始まりです。

手段が目的になってしまって、
上手くいかない人をたくさん見ました。

Willの力を上手に使うには、
手段が目的にならないようにしたいですね。

【結論】

手段と目的が入れ替わらないように、
注意してWillの力を使う。

たとえば、

教師になりたいが、
目的だと思ってる人が多いです。

ですが、これは「手段」です。

教師になって何を実現したいのか。

が「目的」です。

教師になることが目的になっていると、

教員免許を取る為に大学いって、
仕方なく単位とりませんか?

教員試験に受かりたいから、
受かるための対策をしませんか?

そんな気持ちで、頑張れてる??
義務感では、ないですか??

たとえば

「受かりたい」が感情のはじめにきてしまい、
「面接」の節々にその感情が顔をだします。

絶対に「面接官」には伝わります。

教師になって「子どもたちを笑顔にしたい」
といったWillであれば、何をするか?が、
あきらかに変わってきます。

大学にいる間に、

子供たちの心理面を学習したり、
現代教育が抱える問題をピックアップしたり、

イヤイヤ単位を取るための勉強ではなく、
アグレッシブに動けそうじゃないですか??

【結論】

目的と手段が入れ替わらないなら、
Willの素晴らしい力で前へ進める。

「教育の根本問題を解決したい」であれば、

「文科省で出世していく」や、
「民間で成功して生徒数NO1の予備校をつくる」
「専門学校を創って、教える」
「大学を買収する」などなど、

アイデアが出てきます。

教師になることは、始まりであり、
ゴールではありません。

目的と手段を間違わないこと。
Willは可能性のすべてです。

【結論】

Willの力は願いの力、
手段の為には力を発揮できない。

ある工事現場で、
レンガを積んでいる男が、
3人います。

一人目の男に、
何をしているか?聞きました。

「レンガを積んでいるのさ」

二人目の男に、
何をしているか?聞きました。

「金を稼いでいるのさ」

三人目の男に、
何をしているか?聞きました。

「未来に残る大聖堂をつくっているんだ」

【結論】

三人目の男は、仕事を楽しむ。
三人目の男は、丁寧に仕事をする。
三人目の男は、一番出世する。

仕事が少なくなる不況時には、
三人目の男以外はクビになる。

三人目の男は、
大聖堂で祈る、おばあちゃんや、
自分の子供や孫の姿が見え、

大聖堂がこの街にもたらす価値を知り、
未来を創造していることに誇りをもっている。

Willの力で満たされている。

レンガを積む男は、
思考を停止してレンガを積むし、

お金を稼ぐ男は、
お金のために働いている。

世界はそっちの方が多数派だけど、
私は三人目の男に近くなった。

すると、

お金がどんどん自分に入るようになり、
仕事も評価されて、幸せになってる。

【結論】

Willの力を上手に使って、
あなた自身を幸せにしてほしい。

Skillの身につけた先に起こることを考える。

Skillの身につけた先に起こることを考える。

【結論】

Skillを身につけた先には、
成長した自分がいる。

Skillを使いこなしてない人は、
負け犬の発想から判断する癖があります。

わかっててほしいことは、

「今のあなたができないから」と言って、
「未来の自分」を否定する必要はないです。

【結論】

今の小さい自分で物事を判断しない。

たとえば、

「赤ちゃん」が生まれてきて、

・目もみえない、
・話すこともできない、
・立つこともできない、

あー、もう人生終わりだー。
ってなりますか??

【結論】

赤ちゃんが何もできないことは、
絶望とイコールじゃない。

「今の赤ちゃん」で判断しないように、
「今のあなた」で判断してはいけません。

なぜならば、

あなたは、「成長」できるからです。
あなたは、「成長」するからです。

いつだって、
いつからだって、
成長できるからです。

【結論】

できない自分で判断することは、
赤ちゃんの状態であきらめるってこと、

自分の可能性を信じて判断することは、
成長した未来の自分になれるってこと。

できないイイワケを、
考える必要はありません。

どんなことができたら、
面白いだろうと考えてみてください。

その可能性に向かって行動すれば、
赤ちゃんではない、あなたが待ってます。

【結論】

諦める必要など、
どこにもない。

人生の無駄時間を削るための、Skillの仕分け方法。

 人生の無駄時間を削るための、Skillの仕分け方法。

【結論】

Skillを仕分けすると、
より明確な取得手順が見える。

全知全能の神になれば、
願うことが叶うのは間違いありませんが、

短い人間の寿命を考えると、
結構むずかしいことなんですよね。

星の数ほどやれることがあって、
でも時間は限られていて、
得意・不得意、好き嫌いなどがある。

人間は寿命に制限を受けるし、
睡眠や栄養補給が必要で制限を受ける。

【結論】

全知全能の神になれることが、
手っ取り早いけども、
そうはいかない。

私の場合、

全知全能の神になると決めているので、
Skillの仕分けは簡単で、
コミュニケーション能力と営業力です。

「自分より1分野で優れている人」の
「知識、経験、スキル」を「報酬」をもとに
「借りる」スキルです。

知り合い、口説き、「電話一本」で、
この世界に再現できるようにしておくと、

「全知全能」に近くなり、
「知識と経験と技能」にアクセスできれば、
「さるしゃちょー」は、神様になれます。笑

【結論】

Skillを使うSkillを磨くことが、
一つの方法です。

ただ、みんながみんな、
私のように万能な人間を目指さないのは、
よくわかっていますので、

その時の方法を、
共有しておきますね。

カテゴリーを4つに分けることです。

時間がかかるが、成果が大きい。
時間がかからず、成果が大きい。
時間がかかるが、成果が小さい。
時間がかからず、成果が小さい。

と4つのカテゴリーにわければ、

成果が大きいことをやればいいと、
判断することができますし、

成果が小さいことをやらないと、
決めることができます。

たとえば、

タイピングが速いというSkillを、
このカテゴリー表にいれれば、

時間がかかるが、成果が大きい。

のところに当てはまります。

今日、明日で、
タイピングが速くなりませんが、
タイピングが速くなれば、
仕事全体がスピードアップして、
成果は抜群だからです。

【結論】

Skillにも特徴があるからこそ、
4つのカテゴリーわけで把握する。

私はというと、

「意味の小さい」ことに
「興味がない」ので、
「成果が小さい」ならやらないです。

なので、

「成果が大きいこと」に注目してやっていきます。

【結論】

以外と、成果の小さなことを、
ずっと続けてしまいがちです。

Fランクの大学に通うとか、
サラリーマンをずっと続けるとか、
本を読んで満足するとか、

意味ないですよね。

Fランクの大学に通うことは、
成果が小さいですが、

その前段階で、
勉強を頑張って、
名門大学に行くと成果大きいです。

4年間大学に費やす時間と、
受験勉強の時間を比べると、
言ってる意味がわかると思います。

感情論ではなく、
事実ベースで仕分けしてみてください。

【結論】

成果の大きなことに着目する。
成果が何か?を決めるのは、あなただ。

成功する為におさえるべきSkillの考え方。

 成功する為におさえるべきSkillの考え方。

【結論】

Skillの中でも、
横に広がるタイプのSkillを手に入れる。

Skillには、
身につけるべきキーファクターがあります。

鍵となるような重要なことが、
キーファクターです。

キーファクターを意識して、
Skillを習得すれば人生が楽になります。

【結論】

Skillは横に広がりのあるものを、
最優先で身につけるといい。

いくつか、
例え話をしていきますね。

例えば、

スポーツだと、
足が速いってスキルが、
キーファクターです。

なぜなら、

バスケ、サッカーなどでいうと、
1対1の局面でドリブルで抜かれない、
ドリブルで抜くことができます。

ドリブルが強力になると、
パスが成功しやすくなったり、
更に「有利」になります。

卓球やテニスだと、
届かないはずのボールに追いつくことや、

ボールを有利に打てる位置に、
一瞬でいくことができ、
有利に展開できるなどします。

【結論】

スポーツというジャンルにおける、
足が早いってのはキーファクター。

他には、

仕事というジャンルでいうと、
キーファクターはタイピング速度です。

ほとんどの会社の業務に、
パソコンを使う仕事があって、
タイピングを行います。

さらに、

プログラミングを学習する効率も、
言語関係なく、タイピングが早いと有利。

【結論】

仕事というジャンルにおける、
キーファクターはタイピング速度。

他には、

言語学習かビジネススキルかというと、
ビジネススキルがキーファクターです。

英語のSkillを伸ばすと、
英語圏でしか役に立たないですが、

ビジネススキルを伸ばすと、
資本主義の国すべてで、
有利になります。

【結論】

英語より、ビジネススキルの方が、
横断的で横に広がり、かつ重要です。

キーファクターの考え方に、
横断的であることがあります。

あっちでも、こっちでも、
通用する根っこの部分のSkillをいいます。

つまりは、

横に広がりをもちつつ、しかも重要
ってことを意識してほしいってことです。

重要なんだけど、
潰しがきかないSkillは、
キーファクターではないですね。

【結論】

Skillの中でも、
本当に大事なことを、
考えることも必要。

サッカーのドリブルの練習をして、
サッカーがうまくなるのは、
いいことですが、

サッカー以外では、
使えない特化型のSkillです。

この場合は、
足が速くなることをSkillとして、
考えておけば、
それ以外のスポーツでも輝きます。

実際に、

ウサインボルトとという、
陸上100Mの記録保持者は、
サッカー選手としてプロ契約することに、
成功しています。

競技変更ができるパターンは、
ほぼありませんが、横断スキルを極めれば、
ありえる話なんですよね。

【結論】

Skillを全部手に入れるのは無理なので、
Skillの選択が人生を決めていく。

私の場合だと、

コミュニケーションスキル、
営業力、
お金を稼ぐ力、
お金を守る力、
お金を使う力、
お金を貯める力、
お金を増やす力

を中心に身につけています。

理由は、

他の力を借りる時に、
お金があれば、ほぼ借りれます。

気持ちよく力を借りるのに、
お金以外には、

・コミュニケーションスキル
・営業力

が必要だと思います。

素晴らしいSkillを持った人は、
もうお金を稼ぎ終わってることも多く、
その人たちの力を借りる為には、

・コミュニケーションスキル
・営業力

って感じですね。

【結論】

Skillを借りるSkillがあれば、
全知全能の神に近くなっていく。

タイトルとURLをコピーしました