【失敗しない】コロナも怖くない、脱サラ起業準備を私が教えます。

【失敗しない】コロナも怖くない、脱サラ起業準備を私が教えます。
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

失敗しないための脱サラ起業のポイントは?

脱サラ起業を失敗しない職業選びの方法は?

脱サラ起業に失敗しない確率は?

【失敗しない】コロナも怖くない、脱サラ起業準備を私が教えます。
の記事では、ホテル業を経営しているのに、コロナも問題なかった私が、失敗しない起業術を教えます。

【結論】

脱サラ起業に失敗しない確率は、あなた次第で100%です。

みみざわりのいいことはあまり言わないタイプですが、起業する人で私の理屈がわかれば、失敗しない脱サラ起業ができます。

・資金がなくなる
・体力がなくなる
・気力がなくなる

脱サラ起業を失敗しない為には、すべて避ければいいだけですので、難しく考える必要すらありません。

【この記事をよむと】

・失敗しない脱サラ起業がわかる。
・脱サラ起業を失敗しない理由がわかる。
・脱サラ起業の勇気をもらえる。

失敗しない脱サラ起業を、成功のためにやっていってください。

応援しています!では、いきましょう!!

「脱サラ起業の前に副業をやってみたい!」という方は、
下の記事も読んでみてください!

この記事の信頼性

【失敗しない】コロナも怖くない、脱サラ起業準備を私が教えます。の記事信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。
投資と経営で月500万稼ぎます。

先日、こんなツイートをしました。

今の自分が幸せになれたのは日本社会のおかげなので、恩返しとして記事にしていってます。

疑問を持たれて話が伝わらないのは嫌なので、証拠をいくつか並べときます。

脱サラ起業成功者の根拠

株式投資では、
29050630円を稼いでいます。

日付内容出金金額(円)入金金額(円)
2020/1/10振込*カ)パートナー企業04,403,759
2020/1/8口座振替 NSSゼイリシホウシユウ55,0000
2019/12/30振込手数料2500
2019/12/30振込*アルソツクフクオカ(カ101,6400
2019/12/30ATM手数料1100
2019/12/30ATM セブン銀行0500,000
2019/12/30振込*借り主030,000
2019/12/27口座振替 楽天カードサービス255,8380
2019/12/27ATM手数料1100
2019/12/27ATM セブン銀行0150,000
2019/12/27振込*借り主060,000
2019/12/27口座振替 SMBC(カ)LIFULL16,5000
2019/12/23口座振替 NSS シヤロウシ16,5000
2019/12/10振込手数料2500
2019/12/10振込*自社別口座への移動9,790,0000
2019/12/10振込*カ)パートナー企業09,890,334
2019/12/9口座振替 NSSゼイリシホウシユウ55,0000
2019/12/3振込手数料2500
2019/12/3振込*カ)リフォーム屋33,0000
2019/11/28振込*借り主030,000

株式会社の代表取締役してます。
33歳の男性です。

ビジネスパートナーとのプロ野球選手みたいな業務委託契約で、多い月で1000万円稼ぎます。

24歳で脱サラして、25歳で起業して、27歳で勝ち逃げできました。

【勝ち逃げとは?】

何もしなくても入ってくるお金が、生きていく為に必要なお金を上回っているから増え続け、危険なことには、保険金がかかってる状態。

不動産にも投資をしていて、1億円くらい持ってます。
そこから、ちゃりんちゃりんと賃料が振り込まれてます。

働かなくても、お金が増え続けます。

自分自身はもう十分なので、あなたに成功してもらいたいと思い過去の自分に書くように記事を書いてます。

昔、自分にこんなこと教えてくれる人がいたらいいのになぁと思いつつ、書いていきますね。。。

【脱サラ起業で失敗しない】ポイントは一つだけ。

【結論】

脱サラ起業に失敗しない為には、小さくはじめて大きく育てること。

この考え方は本当に優秀で、経営や投資で成功するのに必須です。

脱サラ起業に一瞬成功した人がのちのち失敗したなんて話は、よく聞く話ですよね。
なんか調子良さそうな人も、だんだんオチぶれていくものです。

ただ、私は、

失敗しないとは、死ぬまで幸せであることと考えています。

だから、小さくはじめて大きく育てることを大切にすべきなんですよね。

私たちが目指すのは、一瞬、失敗しない方法ではないですから。

ちなみに、この考え方を使って世界中の経営者や投資家は、失敗しないどころか大きな成功を手にしています。

【結論】

小さくはじめて、大きく育てるのが最強。

たとえば、100円を110円にする能力は、1億円を1億1千万円にする能力です。

素晴らしい能力なのですが、最初から上手くいくことはありません。
その力が育つまでに、100円を90円にしてしまうことがたくさん起こります。

100円を90円にしてしまっても、10円の損失で済みますが、1億円でやると9千万円にしてしまい、1000万円も損をしてしまいます。

大事なことを言います。1000万円も!!損します。

なんだ、あたり前だなーと感じていると思います。

ところが、脱サラ起業で失敗する人はみんな小さくはじめることをやめ、早く金持ちになろうとして大きく失敗してしまいます。

・なぜ、店舗拡大しないといけない?
・なぜ、従業員をそんなに雇う?
・なぜ、借金をそんなにする?
・なぜ、そんなに投資する?

もっと、もっとと、人間の欲望はつきません。

それは私もおんなじですし、その気持ちがあったほうがいいです。
もっと、もっとと、気持ちが強い時、小さくはじめて大きく育てるをどれだけ実行できるか?ですね。

失敗しない為に。

【結論】

脱サラ起業に失敗しない為には、小さくはじめて大きく育てる。

また繰り返し、小さくはじめること。

脱サラ起業に失敗しない人がやっていること

脱サラ起業で失敗しない人がやっていること

【結論】

脱サラ起業前の準備をちゃんとやる。

脱サラ起業に失敗しない為には、小さくはじめて大きく育てること。
と、大切なことは伝わったと思います。

ここからは具体的に、失敗しないために準備をしていきます。

失敗しない為の準備は、サラリーマンの間にやります。
理由は小さくはじめて大きく育てるのに給料があった方がいいから。

小さくはじめて大きくなるまでの準備中は、お金が儲からないどころかお金がでていくことも多いです。

給料があれば、問題ありません。

【結論】

脱サラ起業に失敗しない人は、サラリーマン中に準備をしている。

脱サラ起業に失敗しない為の準備について

脱サラ起業に失敗しない為の準備について

【失敗しない為の準備】

1、IT系のスキル・知識・経験を得る
2、ブログを書く
3、収益不動産を買う

脱サラ起業を失敗しないことにどう繋がるの?と、声が聞こえてきそうですので簡単に言っておくと、

脱サラ起業に失敗するパターンは、
1、資金がなくなる
2、気力がなくなる
3、体力がなくなる

これのどれかですが、これらを防げるようになります。

なぜ?という疑問には、これから答えていきますね。

【結論】

・IT系のスキル・知識・経験を得る
・ブログを書く
・収益不動産を買う

と、

・資金がなくなる
・気力がなくなる
・体力がなくなる

を防げる。

ちなみに、脱サラ起業の失敗についてもっと詳しく知りたい人は、記事にまとめています。

【脱サラ起業の失敗】脱サラ起業して、失敗する人がやりがちなこと。

失敗しない為には、失敗するパターンにならないように脱サラ起業の準備をすることが重要です。

・仕事がある状態にする
・働かず、お金が入る状態にする

この2つを満たせば、脱サラ起業は、失敗しないです。
では、具体的に解説していきます。

脱サラ起業に失敗しない為の準備①

脱サラ起業に失敗しない為の準備①

【結論】

IT系のスキル・知識・経験を得る

仕事があれば資金がなくなることはないので、一番てっとりばやいのが、

IT系のスキル・知識・経験を得ること。

業界が伸びていて、優秀な経営者でも詳しい人は少ないので、伸びているのにライバルが弱い。
仕事がこれからも増えますから、仕事をしながら能力が伸びれば、なにも苦労しません。

IT系のスキル・知識・経験は、ライバルが弱く、市場が伸びるから、めっちゃ有利な武器になります。

【私の場合】

関西大学総合情報学部で、IT系のスキル・知識・経験を4年と約400万円で得ました。

【結果】

大学在学中に100万/月
現在、売上高7億規模のビジネス

IT系のスキル・知識・経験は武器になりますから、スポーツで体を鍛えるくらい当たり前にやったほうがいいです。

ただ、今からお金と時間を使うより、IT系の転職を成功させた方がいいと思います。

お金もらいながらIT系のスキル・知識・経験が実践で手に入ります。

年収なんかや、サポートしてくれる会社をまとめて記事にしてますので、確認してみてください。

IT企業への就職・転職をサポートしてくれるおすすめ企業【脱サラ起業に成功する為に】

そうはいっても、転職はハードルが高いですよね。
IT系のスキル・知識・経験は、どうやって手に入れるべきかを記事にしていますのでよかったらどうぞ。

【初心者向け】IT系のスキル・知識・経験を手に入れる方法

【結論】

脱サラ起業に失敗しない為に、IT系のスキル・知識・経験を得る。

IT系のスキル・知識・経験なら、IT系の転職に成功するといい。

脱サラ起業に失敗しない為の準備②

脱サラ起業に失敗しない為の準備②

【結論】

ブログを書く。

私が脱サラ起業に成功した方法で、
ブログをコツコツ書くと、

・自分の能力が伸びます
・毎月お金が入ります

脱サラ起業したあとは、
自分の能力を伸ばしてほしいし、
働かずに月3万円あれば、楽です。

【私の場合】

脱サラ年齢=24歳
ブログ収益=月3万円

少ないと思うかもしれませんが、
収益不動産と合わせて月5万円です。

ほぼほったらかしで、
月5万円入る分にビジネスの分が、
足し算になります。

私はビジネスの収入もあったので、
月5万円で余裕でした。

このあたりは記事にしていますので、
確認して行動してみてください。

【ブログ記事の書き方】脱サラ起業成功者のブログ運営について

【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

【結論】

ブログを書いて能力が上がると、
脱サラ起業が成功しやすくなる。

ブログを書いて、
毎月3万円が稼げると、
貯金を崩さなくてよくなる。

とくにお金が入る安心感や、
貯金を崩さなくていいことは、
脱サラ起業して失敗しない為に必要です。

たとえば、

脱サラ起業して、
貯金を崩しながらだと、

・お客さんの為だけに仕事
・お金にならない仕事をする

ってのは難しいと思います。

どちらも、
ビジネスでは大事なことで、
脱サラ起業するなら、できないとダメ。

・お金がないのに、ただ働き。
・お金がないのに、お客優先。

は、やっぱり現実的に不可能です。

やったほうがいいのにできないのは、
他のライバルに負けていくので、
どんどん悪くなります。

【結論】

ブログを書いて月3万円入ると、
ビジネスに集中して成果が出せる。

脱サラ起業に失敗しない為の準備③

脱サラ起業に失敗しない為の準備③

【結論】

収益不動産を買う。

収益不動産を買うと、
そこから家賃が毎月入ります。

脱サラ起業後に、
何もしなくてもお金が入るのは、
めっちゃ有利です。

【私の場合】

脱サラ年齢=24歳
収益不動産=1つ
家賃=2万円

え?めっちゃ少なくない?と、
思われたと思います。

ブログからの月3万円があったことと、
働かなくても合計5万円入ってます。

脱サラ起業したビジネスで、
売上があるから足し算です。

ぜんぜんセンスがなくて、
売上が0円でも大丈夫ですよね、

脱サラ起業後でも、
月5万円入ってきますから。

普通に

脱サラ起業後のビジネスで、
ちゃんと稼げたら足し算です。

【結論】

脱サラ起業後に何もしなくても、
入ってくる収入は最高にいい。

ビジネスに集中して、
お金を稼げ!!

収益不動産は、
結構難しいので色々勉強できるようにしていきます。

【不動産投資で脱サラできる方法】プロの起業家・投資家が教えます。

脱サラ起業に失敗しない業種選び

脱サラ起業に失敗しない業種選び

【結論】

・業界が伸びている
・ライバルが弱い
・自分が強い

脱サラ起業前に、
どれだけ準備しても、

失敗しないにせよ、
本業のビジネスがイマイチだと、
脱サラ起業する意味は減ってしまいます。

脱サラ起業したビジネスで成功したい!

失敗しないのはもちろんですが、
脱サラ起業したなら成功しましょう。

脱サラ起業に失敗しないで、
ビジネスを選ぶ為の考え方は3つだけ。

【結論】

・業界が伸びている
・ライバルが弱い
・自分が強い

では、それぞれのなぜ?に答えていきます。

脱サラ起業に失敗しない業種選び①

脱サラ起業に失敗しない業種選び①

【結論】

脱サラ起業で失敗しない為には、
業界が伸びている業種を選ぶ。

売上は、市場×シェア率です。

シェア率を高めるのは、
有名なところやお金のあるところと、
戦わないといけないのでツライです。

つまり、

シェア率を高めるのは、
難しいってことです。

だからこそ、

業界が伸びている業種を選び、
シェア率が下がっても儲かるように、
しておくと楽ちんです。

シェア率争いをしなくても、
お客さんがたくさんいるので、
楽ちんってことです。

【結論】

脱サラ起業で失敗しない為には、
業界が伸びている業種を選ぶ。

伸びてる業界って何?って、
思いますよね。

私の例を参考にしてもらえると、
デジタル化がこれからの市場です。

理由は、
デジタル庁が創設されるからです。

【私の場合】

2010年に観光庁が設置。
インバウンドが伸びることが、
国の施策から、わかりました。

2013年ホテル業を開業し、
2020年2月まで、
がんばらなくても稼げました。

国がそっち方向に頑張ります!と、
わかりやすく宣言してくれるので、
全力であやかります。笑

でも、コロナショックで、
ホテル業とかやばいでしょ。

コロナショックで大変ですか?と、
よく聞かれるんですけど、

ホテル業の利益は出ないですが、
黒字なので大丈夫ですし、
ホテル業の利益から、
すでに不動産を大量に買ってます。

【結論】

脱サラ起業して対策してないと、
コロナで終わってたかもしれない。

でも、

不動産を準備していたので、
お金は入ってくるし、
コロナ融資でさらに不動産買える。

ということで、

ずっと伸び続ける業界を、
選ぶ必要はないです。

今伸びている業界なら、
楽にお金が稼げるので、
稼いだお金で不動産買いましょう。

だから脱サラ起業で失敗しない為には、
伸びている業種を選びましょう。

【結論】

・国の方向性には全力でのっかる。
・一瞬だけ稼げればそれでいい。
・伸びてる業界で業種を選ぶ。

脱サラ起業に失敗しない業種選び②

脱サラ起業に失敗しない業種選び②

【結論】

脱サラ起業に失敗しない為には、
ライバルが弱い業種を選ぶ。

もはや説明がいらない気もしますが、
ライバルが弱い業種を選ぶ意味を、
具体例で解説しようと思います。

例えば、

【私の場合】

IT系のスキル・知識・経験がないから、
ライバルのホテルが弱かった。

たくさんあるホテルのほとんどで、
いろいろ決める権限があるのは、
現場をずっとやってきた支配人です。

接客や、従業員を使うのは上手いかも。

でも、、、、
インターネットで集客?って、
教えてもらってないんですよね。

【結論】

ライバルホテルの支配人達が、
現場あがりでヘボかった。

インターネット集客は、
私の得意分野なので楽勝でした。

私のホテルだけ満室で、
残りのお客さんを他ホテルがわけあう。

そんな状況で運営するので、
儲かって、儲かって、仕方ない。笑

ライバルが弱いと、
めっちゃいいですよ。

【結論】

脱サラ起業に失敗しない為には、
ライバルが弱い業種を選ぶ。

脱サラ起業に失敗しない業種選び③

脱サラ起業に失敗しない業種選び③

【結論】

脱サラ起業に失敗しない為に、
自分が強い業種を選ぶ

これはライバルが弱いこと、
ともかぶるのですが、

・自分の好きなこと、
・自分の得意なこと、

を活かして戦うのは、
基本中の基本です。

ビジネスは、
競争原理が働いてますからね。

脱サラ起業に失敗しない為に、
自分の強みは活かしましょう。

自分の強みで戦うことは、
もはや説明はいらないと思うのですが、
一つだけ伝えておきたいことがあります。

私の実例からの紹介です。

【私の場合】

14日間、寝る以外の時間で、
プランづくりをやり続けました。

正直、普通にしんどいので、
できる人は少ないと思います。

おかげでめっちゃ成果が出たのですが、
なぜ、できたかというと、

IT系のスキル・知識・経験があり、
部屋にかんづめでも苦痛じゃないから。

ライバルホテルの支配人達は、
その必要性も感じてないだろうし、

必要性を感じていても、
サラリーマンなので苦行すぎて、
やらないでしょう。

その業種全てで、
優れている必要はありません。

その業種の中で、
重要な部分でライバルより、
優れていれば、OKですよ。

【結論】

脱サラ起業に失敗しない為に、
自分が強い業種を選ぶことです。

【失敗しない】ではなく、「失敗する」から成功する

【失敗しない】ではなく、「失敗する」から成功する

【結論】

小さくはじめて、
間違いから学び、
大きく育てる。

最終的な結論になります。

失敗しないことを考えるのではなく、
小さな失敗から学び成長すること。

大きく失敗しない為には、
小さく失敗することですね。

失敗することを恐れず、
失敗の達人になっていくことを、
目指してください。

上手くいかない方法を、
また一つ見つけた。

エジソンのおっさん

私が参考にしているのは、
エジソンのおっさん。

失敗しておいて、
上手くいかない方法を見つけたと、
言える精神力はいわずもがな、

彼は失敗の達人でした。

失敗しようと思ったら、
できないこと、知らないことに、
チャレンジするしかないです。

まずは、やってみる。

思考停止は危ないんじゃないですか?
と、賢い系の人から質問もらいます。

何もしてない、
お前らの方が危ないよ。

と私は思います。

とにかく、

失敗することを前提に、
チャレンジしてください。

コンクリートの上で、
バク転の練習しないですよね?


失敗することを前提に、
チャレンジできれば、
失敗した時でも大丈夫な方法が、
ちゃんと見つかります。

私の場合、

IT系のスキル・知識・経験を得て、
脱サラ前に投資で1300万貯め、
伸びるけどライバルの弱い業種に挑み、
ブログと不動産から月5万円稼ぎ

今の脱サラ起業の成功があります。

【結論】

こけても、
フカフカのマットの上に、
またチャレンジできれば、
勝つまでやれるよ。

ブログで稼ぐ準備をするなら、
【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

収益不動産を買うなら、
【不動産投資で脱サラできる方法】プロの起業家・投資家が教えます。

IT系のスキル・知識・経験を得る、
【初心者向け】IT系のスキル・知識・経験を手に入れる方法

ここからは消すのがもったいなかった、
失敗しない為にはのコラムです。

昔の自分が書いていて、
伝わりづらいけど、
いいこと言ってるので、
よかったら読んでみてください。

お恥ずかしい話ですが、
めっちゃ読みにくいです。笑

では、以下はおまけです。

脱サラ起業で失敗しない為の準備

脱サラ起業で失敗しない為の準備

脱サラ起業して失敗しない為には、

一体どうしたらよいのでしょうか。

脱サラ起業成功している私が、

書いていきます。

脱サラ起業で失敗しない為には、

一体どうしたらいいんだろう?

脱サラ起業で失敗しない為には、

サラリーマン時代の準備が重要。

脱サラ起業で不安な気持ちはわかります。

私も脱サラ起業は、すごい不安でしたから。

脱サラ起業成功した私が思うに、

不安な気持ちは、行動のエネルギーに変えて、

どんどん行動した方がいいです。

サラリーマン時代の準備が、

脱サラ起業を失敗しないものに、

脱サラ起業を楽しめるように、

してくれますよ。

脱サラ起業して幸せになってください。

準備して勝ちにいってください。

私は25歳の時に脱サラ起業しました。

サラリーマン生活中に準備したことが、

脱サラ起業成功させました。

脱サラ起業で、

本当に幸せになれます。

この記事では、私がした準備をお伝えします。

やったこと、考えてたこと、全て公開します。

脱サラ起業して失敗しない為に、

準備していきましょう。

脱サラ起業を準備して成功した人

脱サラ起業を準備して成功した人

脱サラ起業をサラリーマン時代の準備で、

成功させたのは私です。

こんにちは、さるしゃちょーです。

脱サラ起業を成功させて、

株式会社の代表取締役をやってます。

25歳で脱サラ起業して、

27歳でお金が増え続ける人生になりました。

失敗しない準備をして、成功者となりました。

脱サラ起業成功失敗しない準備を語ります。

詳しくはトップページの、

サクセスストーリーより、

プロフィール確認できます。

脱サラ起業成功した人を分析して、

自分でも試していったことを

まとめていくのが、この記事の趣旨。

分析を、理解することで「結果」がでます。

結果が出始めると面白いので、

どんどん脱サラ起業の成功に近づけます。

脱サラ起業で失敗しない為に。

脱サラ起業成功の為に。

解説していきます。

脱サラ起業を失敗しない準備【理由】

脱サラ起業を失敗しない準備【理由】

脱サラ起業は初動が本当に大切。

失敗しない為に失敗が必要なんですが、

初動を失敗すると、そのまま失敗で終わることも。

だから、準備が死ぬほど大事

サラリーマンの間にした準備で、

脱サラ起業の成功と失敗をわける。

だから、準備が本当に大事。

準備が大事なのはわかるけど、

準備せずに上手くいった人も、

いるんじゃないの?

その人は、準備して挑んでいたら、

数倍早い速度で成功していったはず。

準備を本当に大切にすべき。

脱サラ起業して失うものが、「来月の給料

来月の給料」がない中、

上手くいくかわからないこと」をやるのは、

本当に血まみれになるほど、ツライ。

そのツライ時期に、

別から収入があったり、

副業でやっていたビジネスを持ってたり、

したら、どれだけ楽できるだろう。

血まみれの中、立ち上がっていく。

ジャンプの主人公じゃないんだから、

無駄な美学はいらんのです。

できるだけ楽に、家族や自分を「不安」にさせない。

私が脱サラ起業をすすめているのは、

ちゃんと準備さえすれば、

失敗しない脱サラ起業は存在するからです。

準備して、失敗しない脱サラ起業を。

幸せになる人が、増えてほしい。

ビジネスを通して幸せにする人達、

増えてほしくて発信してます。

私は、性格的にも、

ルールの中で人より上手くやるのが得意。

なので、年俸制ビジネスパートナーを探した。

脱サラ起業には「来月の給料」の代わりが必要。

だから、「年俸制」「収益不動産」「副業」だった。

「給料」みたいなものがあったら、

サラリーマンやるより、

絶対に脱サラ起業が正解。

サラリーマンは、収入に限界がある。
脱サラ起業は、収入に限界がない。

サラリーマンは、家族とバラバラの場所で過ごす。
脱サラ起業は、家族を一番に想って全て選べる。

サラリーマンは、働く仲間を選べない。
脱サラ起業は、働く仲間は自分で集める。

サラリーマンは、働く時間を選べない。
脱サラ起業は、働く時間は自分で決める。

サラリーマンは、体を第一に行動できない。
脱サラ起業は、健康になるためだけに働ける。

さるしゃちょーは、

家族・仲間・お金・健康・時間

を愛してます。

だから、脱サラ起業して幸せ。

サラリーマンの間にした準備で、

  • サラリーマンとしての成功
  • 副業での成功
  • 収益不動産取得
  • ビジネスパートナー探し

を終わらせました。

サラリーマンやりながらなので、

結構しんどいのですが、

来月の給料がない中やるより、

よっぽど楽です。

脱サラ起業失敗しない準備をする理由を、

わかりやすく、まとめていきます。

脱サラ起業した「最初」が大事だから、
準備して失敗しない起業をする。

脱サラ起業には「ラクさ」が大事だから、
準備して、ラクで失敗しない起業をする。

脱サラ起業「給料」の代わりが必要だから、
準備して、失敗しない起業をする。

私は脱サラ起業前に、

この考えを持てたことで、

脱サラ起業を成功できました。

脱サラ起業失敗しない【心構え編】

脱サラ起業失敗しない【心構え編】

脱サラ起業失敗する人を見てきました。

その経験からテクニックよりが必要と考えます。

脱サラ起業は、記念受験ではないのだから、

やったからには成功すべきだし、

失敗しない為に【心構え】が必要です。

成功した私が言うから意味があります。

脱サラ起業を失敗しないように、

【心構え】を学んで成功させましょう。

最初に成功者の私が思う、

脱サラ起業失敗を語ります。

そもそも、脱サラ起業における、

失敗って、どういうこと?

経営者を続けられなくなった時は、

私にとって、脱サラ起業失敗です。

サラリーマンに戻ったり、
生活保護を受けたり、
ヒモになったり、
引退したり。

経営はゴーイングコンサーン。

永続的に関わる人を幸せにし発展するもの。

お金持ち」になって「引退」というのも、

厳しく聞こえるかもしれませんが、

脱サラ起業失敗しています。

自分がほぼ現場に立たなくてもよいにしろ、

会社を通して社会に貢献して当たり前。

私は、そう思って脱サラ起業しています。

私が脱サラ起業を成功できたのは、

死ぬまでやると、決めれたから。

そんな気がします。

脱サラ起業は、お金持ちになるだけなら失敗

そんな風に思っている私と比べると、

脱サラ失敗の人達は甘えみたいなものを、

感じることが多かったです。

絶対に会社を潰さない。

従業員は絶対に守る。

顧客を絶対に幸せにする。

そう思うことのできていない人が多い、

だから、自分の行動に対する責任感が低く、

取り返しのつかない失敗か、

失敗を後ろに引き伸ばすか、

そうやって脱サラ起業失敗していきます。

結論からいうと、

失敗する人間は私の知る限り、

「自分と他人の未来」に「責任」を持てない人

今から結論中の結論、

しかも極論を言います。

少しでも近づくんだという決意で、

聞いてもらえれば絶対に脱サラ起業は、

失敗しないし、成功して幸せになります。

脱サラ起業における【心構え】です。

「何があっても」関わる人を「幸せ」にすると決め、
「死ぬまで」やりきることを決める。

本当言うと、これだけで失敗しないです。

成功者は、深くうなずいてくれるものですが、

この記事の想定読者は、今から脱サラ起業する人。

ビビって、未来を閉ざしてほしくないので、

ちゃんと、補足をしていきます。

永続的な発展と他者幸福の追求。

意思決定できれば、成功しかない。

「絶対に会社を潰さない」
「従業員は絶対に守る」
「顧客を絶対に幸せにする」

そうやっていくしかないって話になります。

だから経営者は、が高ければ高いほど、

すべてを満たす方法永遠に探すことになります。

これが本当にすごい効果を生みます。

とにかく「考えて」「行動して」「進化」する。

やっていくしかないのです。

誤解を生みそうなので、付け加えると、

やりたくて仕方ない」「やってやる」って気で、

やっていくことになるってことです。

私は、「人間力」と呼んでいます。

不景気で潰れる会社とそうでない会社。

残る方の経営者は「人間力」がすごい。

勘違いしてほしくないのですが、

私も最初は、「お金」しか見えてなかったです。

ただ、成功している会社の経営者と話をすると、

永続的な発展」と「他者幸福の追求」を、

必ずと言っていいほど、自分の言葉で話せます。

話してる時の「目の輝き」や、

体全体からでる「前向きさ」、

本気度とエネルギーを感じ、

素直に尊敬の念がわいてきます。

自分がやらなきゃ、誰がやる?

そんな人達ばかりです。

「理念」と言われたりもしますよね。

学者達が体系化して解説してるのは、

目にされていると思いますが、

ぜひ、一対一で聞かれてみてください。

なかなかチャンスはないですが、

控えめに言って、「人生」が変わりますよ。

私が尊敬する人が「人間力」について、

「僕が気づいた時は50歳過ぎていた」

「君なら、超えていってくれるやなぁ」

と30歳の私に言ってくれた言葉。

私も「成功している会社の経営者」と話をするうち、

だんだん美学が変わってきました。

だから、最初から持ち合わせてなければ、

経営者の器ないから脱サラ起業するな!ではない。

どうか、テクニックを追いかけるのではなく

本物の経営者を目指して脱サラ起業してほしい。

脱サラ起業失敗しない【結果を出す】

脱サラ起業失敗しない【結果を出す】

脱サラ起業失敗しない為には、

サラリーマンをちゃんとやる必要があります。

サラリーマンとして成功を目指すことが、

脱サラ起業成功させる土台になり、

脱サラ起業して幸せになれます。

サラリーマンとして成功してきた、

スキル、知識、経験が、

今の成功に繋がっています。

私が成功した理由の一つに、

「自分を信じることができたこと」があります。

サラリーマンとして得た知識・経験・スキルが、

根拠になって「自分を信じる力」になります。

逆にサラリーマンで何者にもなれず、

自分を信じるほどの根拠がない状態で、

脱サラ起業したら、ツライですよ。

自信になってないと、 脱サラ起業し、独立して、

後ろ盾を失った状態を生きるのは難しくツライ

私は思うんですよね。

サラリーマン時代より「ツラく」なるために、
「脱サラ起業する」なんて「間違っている」と。

「会社に守られて生きていく人達」よりも、

「早く、自由に」走れないなら脱サラ起業して、

独立して頑張っていく意味がない

だからこそ、

サラリーマンとして成功して、

自分を信じて脱サラ起業してほしい。

サラリーマンでの成功といっても、

社内政治が上手くなっても、意味がない。

脱サラ起業に必要なものは営業力なので、

今、営業職ではないなら、

すぐに営業職へ転向してください。

私は「株式会社光通信」という、

鬼の営業会社で「22歳」で係長に。

鬼の出世するほど、営業力鍛えました。

転職してでも、営業をやって、

サラリーマンをぬくぬくやろうとしている人を、

置き去りにする成果を出してください。

営業力はお客さんに対してだけじゃない。

従業員、家族、取引先など人が相手なら、

どんなシチュエーションでも使える。

できれば、ゴリゴリの営業会社をオススメします。

転職してでも、営業力は伸ばしておくべき。

転職するならノルマ達成にうるさい会社へ。

上司に怒られて、詰められて、理不尽かもしれません。

上司が苦手に感じたり、

怖かったりはあるかもしれませんが、

本当の恐怖にくらべれば、全然です。

それでも、脱サラ起業してから、

モノサービスが売れなくて、

自尊心や、プライドをボキボキにされて、

さらにお金がない状況よりよっぽどマシです。

営業力が脱サラ起業成功させてくれた。

何度もそう思うことが起こりました。

営業力が無かったら、、、怖いですね。

脱サラ起業失敗しない【準備編】

脱サラ起業失敗しない【準備編】

脱サラ起業前準備【営業力】

脱サラ起業失敗しない為には、

営業力が必要です。

私は営業力で成功してきた人間です。

なので、それをやらないと言われれば、

お伝えできることは少ないと思います。

営業は努力で、いくらでもなんとかなる。

【凡を重ねて、非凡と成す】

凡人がやるべきは、「当たり前のこと」。

それを「誰でもできないほどやる」と、

「天才だとか、凄い人だとか言われます」

営業力は「努力ゲーム」なので、

成果が出しやすいので、いい。

私は【凡人】ですので、「当たり前のこと」を、

誰にもできないほど」に「重ねて」きました。

営業力は、脱サラ起業した後でも伸ばせます。

ですが、サラリーマンとして給料をもらいながら

営業力を伸ばすことをおすすめします。

脱サラ起業失敗しない為には、

営業力が必要です。

脱サラ起業前準備【副業】

脱サラ起業失敗しない為には、

副業をしておくといいです。

私も副業をしていました。

月20万くらいを稼いでいました。

1億円ほどの不動産を持っているのは、

その時のお金がタネ銭になってます。

脱サラ起業失敗しない為に、

副業をすべき理由はいくつかあります

1つ目、【ビジネスの経験値】

サラリーマンだと、給料があります。

それに対して、ビジネスは1円にもならないかも

頭でわかっていても、

経験すると、グッときます。

私も起業したての頃、

時給100円だった時があります。

最悪、マイナスになることだってある。

給料がある間に、ビジネスの経験をしておけば、

例え、ビジネスからの稼ぎが0円でも大丈夫。

ビジネスは0円でも、経験値は残るからです。

ビジネス経験が「ある」「ない」は違いますよ。

2つ目、【貯金の為】

サラリーマンで、給料がある上に、

さらに副業で「お金」が増えれば、

お金」を貯めることができます。

時給1000円ほどの達成しやすい時給で、

3時間/日×365日×2年×1000円=219万円

サラリーマンの給料も「貯金」していれば、

まとまった金額になります。

サラリーマンやりながらの副業です。

しんどいのは、よくわかります。

でも、修行だと思って耐えれば、

未来は明るいですよ。

私の時給、今で5万円くらいあります。

口でいうほど簡単じゃないのは、

私もサラリーマンやりながら副業したので、

本当によくわかります。

ただ、脱サラ起業失敗しない為に、

副業はやるべきですね。

脱サラ起業前準備【収益不動産】

脱サラ起業失敗しない為に、

収益不動産は必要だと思います。

私は家賃のおかげで、

脱サラ起業を成功できました。

結構シンプルなんですが、

家賃」はめちゃめちゃカタイ収入です。

引っ越し」より「家賃」払う方が安いからです。

多少きつくても、頑張って支払うのが「家賃

貰う側にいると「ちゃんと入る収入」なのです。

サラリーマンの給料と同じ。

「来月の収入」が見えるんです。

脱サラ起業して大事にしている言葉を紹介しますね。

ビジネスでの安定は、お金を出してでも買え。

私の大切な言葉です。

結局何が言いたいかというと、

来月の給料」がなくなっても、

来月の家賃」があれば、

サラリーマンと安全度は、一緒ですよね。

じゃぁ、ぜったい経営者のほうがいい。

無限のリターンに、無限の可能性。

そして、何よりオモシロイ。

私は、年収ってお金で買えるやんって気づきました。

1000万円の物件買ったら、年収100万増える。

脱サラ起業が不安だったんですが、

おかげでサラリーマンやめれました。

従業員の給料が払えなかったらどうしよう?

と不安だったのですが収益不動産のおかげで、

好景気の時に必要な従業員の数を確保できてます。

不景気にビビらずに拡大できるのは、

収益不動産のおかげです。

脱サラ起業を成功できたのは、

収益不動産があったから。

脱サラ起業する前のサラリーマンのときに、

滋賀県の「草むら」を買いました。

この「草むら」が今の成功を支えています。

小さく始めても、大きな結果になるのです。

【結論】

脱サラ起業失敗しない為に、

収益不動産は必要だと思います。

脱サラ起業失敗しない準備【まとめ】

 脱サラ起業失敗しない準備【まとめ】

すべて脱サラ起業成功している、

さるしゃちょーがやったことで構成しました。

「脱サラ起業を失敗しない」

というテーマですが、

成功後のことも書いておきます。

さるしゃちょーはお金が余って、

それが収益不動産にかわります。

「年収」を「お金」で買う状態になっています。

1000万の不動産購入、年収100万増える。

すると、

収益不動産」から「お金」が産まれて、

また「増えたお金」が「余ります」。

それを繰り返しているだけです。

それを生まれ育った街で繰り返し、

できるだけ安い家賃で貸しています。

お金のない人が幸せに暮らせるように、

他の街にいた人が移動してきてくれるように。

そうやって生まれ育った街に恩返ししてます。

ビジネスモデルとか、必要ありません。

予定通りに組み上げられる人は天才です。

説明書のないプラモデル組み立てられます?
始めてのビジネス、上手くいくと思います?

必ず失敗しますから。

ここでいう失敗とは、上手くいかないことです。

原因を分析して取り除いて、

成功要因だけ取り出して、

組み直し続けます。

今も私はそれを繰り返してるだけ。

「当たり前のことしかせず」

「誰にもできないほどやる」

【凡を重ねて、非凡と成す】のです。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

失敗しない脱サラ起業の為に、

失敗の達人になってください。

学び、成長してください。

タイトルとURLをコピーしました