【脱サラ起業】小資金で開業して、パン屋を失敗させない方法。

【脱サラ起業】小資金で開業して、パン屋を失敗させない方法。
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

パン屋で脱サラ起業は上手くいく?

パン屋の開業資金は、
どのくらい必要?

パン屋で失敗しない為には、
何をしたら良い?

この記事では、
パン屋で脱サラ起業したいと考えている方の
疑問や不安に答えています。

パン屋で幸せを掴むためにはどうしたら良いか、
読者の皆様と同じ立場になって、
本気で記事作成しています。

【結論】

あなたの行動次第で、
パン屋で脱サラ起業は成功できる。

あなたが作ったパンのおかげで、
誰かが笑顔になったり、
朝元気に学校や会社に行ける人が増えると思うと
とても幸せな気持ちになりませんか?

あなたが脱サラ起業してパン屋を経営することで、
あなた自身だけではなく、
誰かを幸せにすることもできるんですよ。

【この記事を読むと】

・パン業界の現状がわかる
・パン屋で脱サラ起業する手段がわかる
・失敗しないための準備がわかる
・選択肢が広がる

「脱サラ起業の前に副業をやってみたい!」という方は、
下の記事も読んでみてください!

この記事の信頼性

【脱サラ起業】小資金で開業して、パン屋を失敗させない方法。の記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。
経営と投資で月500万円稼ぎます。

先日、こんなツイートをしました。

株式会社の代表取締役をしている33歳です。

24歳で脱サラして、
25歳で起業して、
27歳で勝ち逃げ状態になりました。

さるしゃちょーって誰やねん?
どんな人がこの記事書いてんの?
と疑問に思った方や興味がある方は、

成功者が脱サラ起業を語る【成功方法】※プロフィールあり

まず、私個人の意見としての結論を先にお伝えしますが、

「パン屋で脱サラ起業したい」なら、
チャレンジしてみることをおすすめします。

突然ですが、私もあなたも
人生には限りがあるし、いつか死にます。

せっかくやりたいことや興味があるのに、
怖い、勇気がでない、わからないを理由に、

やらないのはもったいないです。
行動すれば、経験が必ず身に付きます。

しかし、

計画と準備をせず始めてしまうのは、
失敗しにいくようなものです。

脱サラ起業に限らず、何かを始める時って
計画と準備が死ぬほど大事なんですよね。

逆にしっかり計画を立てて準備をすれば、
あとは成功するだけってことです。

まずはこの記事を読んで、
知識を増やすことから始めましょう。

記事を読んで、何かひとつ知るのも
大切な準備のうちの一つです。


ぜひ、読んで参考にして下さいね。

パン屋の開業で脱サラ起業は簡単?

パン屋の開業で脱サラ起業は簡単?

【結論】

美味しいパンを作るだけでは難しい。

近年では、パン屋に行かずとも、
スーパーやコンビニで簡単に美味しいパンが
手に入るようになりました。

総務省が実施した家計調査では、
一世帯あたりのパン年間支出金額は、
年々増加傾向です。

パンの消費量が、
コメを上回っている状況です。

消費者側からすると、
美味しいパンがいつでも簡単に手に入るので、
『選び放題!パン祭り』ということです。

逆に経営側からすると、
ライバルがたくさんいるので、
かなり厳しい状況です。

何が言いたいかと言うと、

「美味しいパン=売れるは間違い」

今の時代パン職人じゃ通用しないということ。

学校や教室に通って
美味しいパンを作れるようになっても、
お店が繁盛するとは限りません。

脱サラ起業で失敗した例の中に、

経営やマーケティングについての勉強不足

が上がっています。

どんなに美味しいパンを、
作ることができても、

販売を行い、
利益を出さなければ続きません。

利益を出すためには、

  • 客層
  • 場所
  • 値段

を分析し、定める必要があります。

【結論】

パンを作るスキル・知識・経験に加え、
経営・マーケティング知識の習得も必須。

脱サラ起業でパン屋を開業する時の資金について

脱サラ起業でパン屋を開業する時の資金について

【結論】

脱サラ起業でパン屋を開業する時、
初期費用で約1500万円〜3000万円

パン屋で脱サラ起業する際、
どれだけお金がかかるのか?

気になる大切な項目ですが、
かなり高額で絶望的な値段です。

最初に開業資金として使うと、
運営後に資金不足に陥る可能性があるので、
注意が必要です。

かなり高額な開業費用になるので、
どれだく低く始められるかの勝負です。

パン屋の開業資金は、
努力によって変動しますが、
かなり高額です。

どうやってパン屋の開業資金を下げるか、
内訳を見ていきましょう。

  • 店舗費用
  • 内装費用
  • 設備費・備品費
  • 材料費
  • 広告宣伝費

おおまかに説明すると上記5つです。

パン屋開業の為の店舗費用

【結論】

パン屋の開業にとって、
店舗費用=広告宣伝費

店舗費用は立地や広さ、
賃貸なのか、持ち家なのか、
かかる費用は変わってきます。

店舗費用をどう考えるかというと、
私は広告宣伝費だと考えています。

パン屋にとっての店舗費用を、
広告宣伝費と考えるなら、

その店舗にして、


・お客さんは集まるか?
・コスパはどうか?

を考えます。

賃貸の場合は、
敷金、礼金、火災保険料など、
借りる際に発生する費用と、
固定費として家賃の支払いが、
毎月かかってきます。

持ち家の場合は、
最初にまとまった資金が必要で、
借金になるでしょうから、
融資の返済と固定資産税です。


キャッシュフローというお金の流れと、
バランスシートという資産の管理では、
結論が変わってきますが、

個人的には、
持ち家にすべきだと考えています。

【結論】

さるしゃちょーが、
パン屋開業するなら、
持ち家にする。

理由は、

住宅ローンで土地・建物を買うことが、
もっとも安い資金調達方法ですし、

自宅部分は住宅ローン減税など、
マイホームは国策ですから、
めっちゃ優遇されています。

子育て世帯の人口密集地で、
一軒家を建てて、そこをパン屋にします。

この時、
事業に使う面積が問題になるので、
厨房はできる限りコンパクトにして、
厨房以外は事業に使わない設計にします。

こうすることで、
事業費として自己負担する分が減ります。

販売はネット販売と、移動販売など、
自宅の設備を使わずとも接客できるようにします。

【結論】

さるしゃちょーなら、
一軒家を子育て世代の多いエリアに購入、
厨房だけのパン屋を開業。

すると、

広告宣伝費である店舗費用は、
厨房代だけという激安に抑えられます。

あとはちゃんと売れればいいだけなので、
コスパ抜群ですからね。

住む場所は絶対に必要な経費なので、
それを利用して事業費を激安にするアイデアです。

パン屋開業の為の内装費用

【結論】

パン屋開業にとって、
ブランド価値=内装費用

内装を一から行う場合、
床、壁紙、家具など、
こだわればこだわるほど費用は増してきます。

さらには内装設計費も加算されるため、
内装費用は店舗を持つ上で、
一番かかる費用と言われています。

【結論】

内装費は蟻地獄、
どこまでもかけることができるので、
さるしゃちょーなら、かけない。

内装費をかけない方法は、
いろいろありますが、
その一つが居抜きです。

「居抜き」とは、
設備をや内装が前回のお店、
そのまま残してくれている物件のこと。

居抜きの場合、
既存の設備で不満がなければ、
あとはクロスや家具を揃えて、
内装費用を10万〜20万に、
抑えることも可能です。

ただ、前回のパン屋がなぜ閉店してしまったのか?
集客が難しい立地ではないか?などを
十分に確認して選択する必要があります。

【結論】

パン屋の開業を、
居抜き物件でするなら、
内装費は安くすむ。

ちなみに、

私の自宅をパン屋にするアイデアだと、
内装費はいらないのでコスパ抜群です。

内装費にかからなかったお金は、

インターネットサイトのデザイン
小麦粉にこだわった商品づくり
商品のパッケージ

などなど、

ブランド価値を上げる為に、
使う方がいいですよね。

パン屋開業の為の設備費

【結論】

設備費は、
パン屋開業に必要なもの。

  • 厨房・キッチン関係
  • レジ関係
  • 店舗備品関係

内装費用とともに、
大きくかかってくるのが設備費です。

ミキサー、トング、トレイ、フライヤー等
パンをつくるために必要な道具達や、
販売するにもレジの機械やレシート用紙など、

パン屋を運営する上では、
細かい備品も必要になってきます。

設備や備品を新品で整えると、
約400万〜800万程かかると言われています。

【結論】

大きな出費は避けるべきなので、
どれだけ削れるかの勝負です。

新品ではなく、中古のものを利用したり、
今ではレンタルサービスも増えているので、
設備や備品によって、
揃える手段や方法を上手に使い分けることで
初期費用を抑えることができます。

さらに、

近くのパン屋の休みだけ、
設備を借りるなんて方法もありますよね。

さるしゃちょーがパン屋を開業するなら、
設備は一つに絞って、メニューを絞ります。

パン屋開業の為の材料費

パン屋は素材がないと始まらないので、
材料費は意識したいところですよね。

一般的に売上の20%〜30%程度は
材料費に費やされていると言われています。

  • どんな素材、材料を使うか
  • どこで仕入れるか
  • どれくらいの量仕入れるのか

どんなパン屋にするかによって、
金額は大幅に変動します。

材料費に関して、
私は削るのは反対派です。

コンビニで便利にパンが買えるなか、
わざわざパン屋で買うには理由がいります。

材料にこだわらずに、
どうやって差別化できるでしょうか?

うまいもんつくろう。
食べた人を幸せにしよう。

だから、儲かるんやで。

パン屋開業の広告宣伝費

パン屋を成功させるために
美味しいパンをつくることや、
設備を整えることも大事ですが、

【宣伝】がかなり大切になってきます。

現代ではweb集客が主流になり、
ホームページやSNSを、
利用している会社がほとんどです。

ホームページ作成を外注すると、
約10万〜30万かかります。

【結論】

パン屋で脱サラ起業するには多くの資金が必要。
会社員のうちから計画と準備を念入りに。

パン屋で脱サラ起業する手段

パン屋で脱サラ起業する手段

【結論】

多額の費用がかかるパン屋だからこそ、
まずは小さく始める手段を選びたい。

パン屋で脱サラ起業するための手段は、
主に二つあります。

  • 独立
  • フランチャイズ

それぞれのメリット・デメリットを理解し、
自分が選ぶべき手段の参考にして頂ければと思います。

脱サラ起業パン屋の独立開業パターン

文字通り、起業をひとりで行います。

メリット

  • 全て自分の思い通りにできる
  • 営業日・時間・定休日を自由に設定できる
全て自分の思い通りにできる

独立の場合はあなたがトップです。
嫌な上司に指示や命令をされることはもちろんないですし、

  • 出店場所
  • 内装
  • パンの種類
  • 誰を雇うかどうか

なども自分の好きなように決めることが可能です。

営業日・時間・定休日を自由に設定できる

他店舗に勤める場合は、お店の定休日が決まっていたり、
自分の休みがシフト制で決められていたりと
自分で自由に時間を使うことが難しいです。

しかし、独立の場合は極端な話、
もし2、3日で週の売上が達成したのであれば、
残りの日は休んで自分の好きな時間に費やすことも可能です。

デメリット

  • 初期費用が多くかかる
  • 自分で全て行う必要がある
初期費用が多くかかる

独立の場合は、一から始めることになるので
店舗費用、内装費用、設備費用、材料・備品費等
何千万とかかる場合が多いです。

自分で全て行う必要がある

自分の好きなようにできる反面、
全て自分一人で行わなければなりません。

  • コンセプト
  • パンの種類
  • 出店場所
  • 内装 など

その他、脱サラ起業時に必要な手続きや準備、
起業後に行う手続きまで誰も手伝ってくれません。

税理士や社労士に頼むこともできますが、
またこれもお金がかかってきます。

【結論】

独立はどんな結果になったとしても全て自分の責任。

脱サラ前に必要なスキル・知識・経験を身につけ、
少しでも小さく始めれるように準備しよう。

脱サラ起業パン屋のフランチャイズパターン

本部と加盟店が契約を結び、運営ノウハウやサポートを受け、
商品やサービスの販売権を得られるシステムです。

メリット

  • ノウハウ・スキルを短期間で習得できる
  • 心強いサポートやアドバイスを受けることができる
ノウハウ・スキルを短期間で取得できる

美味しいパンを焼くためには、
学校に通ったり修行したりして
スキル・知識・経験を積む必要があります。

しかし、フランチャイズは未経験でも
美味しいパンを焼くためのスキル・知識・経験が
身につけられる環境が整っていますし、
本部から店舗運営のノウハウも習得が可能です。

心強いサポートやアドバイスを受けることができる

パンを作る上で材料の調達が重要になってきますが、
フランチャイズであれば材料の入手サポートがあったり、
店舗を運営していく上ですぐに相談できる人がいることは
大きなメリットになるでしょう。

デメリット

  • 加入金やロイヤリティが発生する場合がある
  • 本部の指示に従う必要がある
加入金やロイヤリティが発生する場合がある

ノウハウやスキルを習得したり、
心強いサポートを受けるためには
加入金や毎月のロイヤリティの支払いをする必要があります。

現在は加入金ナシ、ロイヤリティナシの組織もあるようですが、
独立と同じようにフランチャイズでも資金の準備は必要です。

本部の指示に従う必要がある

本部と契約を結ぶため、販売するパンの素材や種類、
労働時間や定休日などは本部から指定されます。

もちろん条件は企業によって異なりますが、
全て自分の好きなように行うことは難しいです。

【結論】

「自由」や「自分の思い通り」を実現させるなら、
フランチャイズではなく、独立をするべき。

パン屋で失敗する理由

パン屋で失敗する理由

【結論】

集客ができていないと失敗する。

パン屋で最終的に失敗する原因は資金不足です。

資金不足になるのは、
経営の知識が足りず、計画と準備が甘く、
思うようにパンの売上が伸びないから。

売上が伸びない=お客さんが集まらない

売上は、お客さんがいなければ発生しません。

日本には、集客努力が足りず、
廃業しているパン屋が多くあります。

現状、開業して1年後に残っているパン屋は62%、
3年後に残っているパン屋は38%。

3年間で半分以上のパン屋が失敗に終わっていることがわかります。

【結論】

パン屋をオープンさせる直前、オープンさせた後に
お客さんを集めようとしてもすでに遅い。

パン屋をオープンさせることでいっぱいいっぱいになり、
集客は後回しにしてしまうと痛い目に遭います。

集客こそ、早い段階から行うべきです!!

オープンするまでに集客ができれば、

  • 高い広告費・宣伝費を払って外注する必要がない
  • 安心してパン屋をオープンできる
  • 資金不足でパン屋を辞めずに済む
  • =脱サラ起業を成功させることができる

【結論】

脱サラ起業前に、自分のファンを作り、
脱サラ起業を成功させよう。

今からやっておくべき準備とは?

今からやっておくべき準備とは?

【結論】

レベル1、WordPressでブログを書こう。

レベル2、IT系のスキル・知識・経験を身につけよう。

レベル3、収益不動産を購入しよう。

レベルの低い順に、解説していきます。

レベル1、WordPressでブログを書こう。

なぜブログですか?

他にも大切なことあるんじゃないですか?

と思った方!!素晴らしいです。
この記事を真剣に読んでくれてるんですね。

そんなあなたに、
なぜブログは必要なのか?結論から言います。

【結論】

ブログは、脱サラ起業を成功させるために必要な道具。

あなたの言う通り、
他にもやるべきことはもちろんあります。

  • 美味しいパンを作るスキル・知識・経験を身につける
  • 経営・マーケティングの知識を習得する など

サラリーマンの間にやっておくべき項目です。

でも、

働きながら、
全て同時に始めるのって、
正直難しくないですか?

誰かに教えてもらうにも、
割と高額なお金がかかるし、
自分の空いてる時間にってなると、
なかなか難しいですよね。

そんな中、

  • 低コスト
  • 低リスク
  • 好きな時間に
  • 好きな場所で
  • 簡単に
  • 一人で
  • 今すぐに始められる準備が、

『ブログを書くこと』です。

私がもしあなたの立場であれば、
何より真っ先にブログを書きますね。

なぜなら、
ブログを書くことで、

  • 宣伝ができる
  • 集客ができる
  • ファンをつくることができる
  • スタッフの募集ができる
  • 広告収入が入る
  • 誰かの役に立てる

と、パン屋で脱サラ起業する人にとっては
メリットばかりなんです。

ブログは、唯一【小さく始めて大きく育てる】ことが可能。

パン屋はものすごく初期費用がかかることを
今回わかって頂けたと思います。

抑えられるところは抑えたいし、
できる限り小さく始めたいですが、
そう簡単に小さく始めることができないのが、パン屋です。

しかし、自分のブログを作れば、
高額な広告宣伝費をかけずに済みます。
高額な初期費用を少しでも抑えることができるんです。

しかも、

ブログは、1日33円で作れます。

1日33円しかかからないのに、
やらない選択肢はありません。

逆にもし、ブログがうまくいかなかったとしても、
1日33円損するだけです。

外注して高額な広告宣伝費を払ったとしても、
必ず集客が成功するとは限りませんよね。

だったら、

低コスト、低リスクから始めましょうよ!

やってみて自分の力で無理だったら、
誰かの力を借りたらいいと私は思いますよ。

さらに、ブログのすごいところは、
自動でお金を生み出す仕組みをつくれること。

実際に私も、脱サラ起業前にブログを立ち上げ、
月3万円、ブログ収入がある状態でした。

サラリーマンのうちにブログを作れば、
脱サラ起業への準備だけではなく、
広告収入として、自動で
お金を生み出す仕組みも知ることができます。

あなたがこつこつブログを書くことによって、

あなた自身にファンがついて、
のちにパン屋のお客さんになってくれたり、

応援してくれる人が増えたり、

あなたと一緒に働きたいと言ってくれる
素敵な従業員に出会えたり、

あなたのブログを読んで、
誰かの人生が好転したり、

あなたのブログ、あなたの経験、
あなた自身に価値が生まれる可能性もあるんですよ。

「WordPressって何?」

「ブログなんてやったことない!」

という方も大丈夫です。

【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

この記事に最初から最後まで手順を載せています。

さるしゃちょーの言う通りにすれば、
あっというまにブログが出来上がります。

まずは、【自分のブログを作ること】から、
始めてみて下さい。

レベル2、IT系のスキル・知識・経験を身につけよう。

【結論】

ITを取り入れることで、
コスト削減と生産性向上の実現が可能。

例としていくつか挙げてみましょう。

  • 精算はタブレット端末で行うことで備品費削減。
  • キャッシュレス決済でスマートに効率よく精算が可能。
  • 在庫・シフトはデータで一括管理。
  • オンライン販売で広範囲の人に販売し売上向上。

IT系のスキル・知識・経験を身につけている人と
そうでない人とでは、今後益々ビジネスだけではなく
日常生活でも差がつきます。

「どこで、誰に、教えてもらえばいいの?」

「どうやって経験を積めばいいの?」

と疑問に思っている方は、
初心者でもわかりやすく読める記事を書いてますので
ぜひ、参考にして下さい。

【初心者向け】IT系のスキル・知識・経験を手に入れる方法

さるしゃちょーは手っ取り早く
IT業界に転職することもおすすめしています。

なぜなら、

  • 給料が倍になることで資金の準備が倍できる
  • 給料を貰いながらITのスキル・知識を身につけることができる
  • 自分のブログや副業ですぐに実践ができる

現在IT化が急速に進んでおり、
ITの人材が不足しているため、
転職するなら今がチャンスです。

需要はあるのに供給が間に合っていないので、
給料も高め。今より年収アップします。

理想の流れは、

2〜3年IT企業に勤めながら、
ITのスキル・知識を日々学ぶ。

資金準備も同時に行う。

さらには、終業時間外も、
パン屋で脱サラ起業の準備も兼ねて
ブログや副業で経験を積み上げる。

一番効率良く、成功しやすい方法です。

もし、あなたがパン屋で脱サラ起業しないとしても、
ITのスキル・知識・経験を身につけていれば、
どんな業界でも求められる人材になります。

IT企業への就職・転職をサポートしてくれる
おすすめ企業の記事も書いています。

IT企業への就職・転職をサポートしてくれるおすすめ企業【脱サラ起業に成功する為に】

  • どんなIT企業があるのか
  • どんな人材が求められているのか
  • 自分の市場価値はどのくらいなのか

上記を把握することで、
今後自分がすべき行動がさらに明確になり、
入念な準備に取り組むことができます。

転職をするつもりがない方も、
無料登録と無料相談だけでもやる価値ありです。

IT企業への就職・転職をサポートしてくれるおすすめ企業【脱サラ起業に成功する為に】

業界の現状と自分の価値を知ることは
脱サラ起業関係なく、
働いてる人は全員やった方がいいです。

この機会に現状を把握しておきましょう!

レベル3、収益不動産を購入しよう。

【結論】

収益不動産から家賃が入ることで、

仕事に集中することができる。

‥‥どういうこと?って感じですかね。解説していきます。

レベル3なので、正直ハードルが上がりますが、
その分脱サラ起業の成功率も上がります。

サラリーマンのあなたは、現在
毎月決まった日に会社から安定した給料を貰っていますよね。

脱サラ起業すると、毎月の安定した給料が消えます

今月は何百万かもしれないし、
来月は0円かもしれないということです。

安定がなくなると、精神的に不安になる。

不安になると、仕事に集中できなくなる。

仕事に集中できなくなると、脱サラ起業は失敗に終わる。

まさに、負のループですね。

脱サラ起業をスタートさせれば、
どこかでつまづいたり上手くいかない時期がきます。

売上がなかなか上がらない時だってきっとあります。

そんな時、家賃収入があれば、

働かなくても自動で毎月お金が入ってきます。

つまり、

毎月の給料に変わる安定を手に入れることができます。

だから、

仕事に目一杯集中することができます。

私も最初は177万円の収益不動産を購入して、
月2万円もらうので精一杯でしたよ。

でも、働かなくても
毎月自動でちゃりんちゃりんと2万円入ってくることが
私の心を安定させました。

だから、脱サラ起業を成功させることができたんです。

【不動産投資で脱サラできる方法】プロの起業家・投資家が教えます。

不動産投資のことについて、
詳しくまとめた記事があるので、ぜひ覗いてみて下さい。

今の行動が未来の幸せに繋がる。

今の行動が未来の幸せに繋がる。

【結論】

成功するかしないかは、あなたの行動次第です。

パン屋で脱サラ起業を考えている方に向けて、

  • パン屋の現状
  • できる限り小さく始める方法
  • 効率よく準備する方法
  • 上手くいかない時のために何をしていたら良いか

読者の方の気持ちになって、書いてきました。

自分にとって最善な方法はどれか、
選択肢が少し広まったのではないかなと思います。

ただ、知識が増えても、
行動しなければ何も変わりません。

自分の未来を明るくするために、
何かひとつだけでも新しいチャレンジを
今から始めてほしいです。

私はあなたを応援しています!!!

タイトルとURLをコピーしました