農業でも脱サラ起業できる!?〜成功する次世代農業マニュアル〜

農業でも脱サラ起業できる!?〜成功する次世代農業マニュアル〜
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする

脱サラ起業して、
農業は難しい??

農業を学ぶ為には、

何をすればいいの??

農業を成功させる為には、

何をすればいいの??

農業でも脱サラ起業できる!?
〜成功する次世代農業マニュアル〜

の記事では、

投資と経営で月500万円稼ぐ、
さるしゃちょーが疑問に答えます。

【結論】

脱サラ起業して、
農業ビジネスをするのは、おすすめ。

インターネットを通した、
ダイレクトマーケティングの時代なので、

お客さんに直接商品を売ることができる

生産物である野菜や果物はもちろん、
人さえ集まれば何でも売れます。

【結論】

マーケティングができる土台が、
あなたの人生を変えるチャンスになる。

脱サラ起業して農業をやりたい!
でも、農業は簡単じゃないことはわかってる。

そんな人の為に、
脱サラ起業で成功した私が、

経営者としておこたえしていきます!!

「脱サラ起業の前に副業をやってみたい!」という方は、
下の記事も読んでみてください!

この記事の信頼性

農業でも脱サラ起業できる!?〜成功する次世代農業マニュアル〜の記事信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。
経営と投資で月500万円稼ぎます。

先日、こんなツイートをしました。

私が成功している業種は、
ホテル業・不動産業・リフォーム業と、

古くからある、ビジネスです。

そこにIT系のスキル・知識・経験で、
生産性を高めて利益をとっています。

【結論】

そんな私だからこそ、
お伝えできる情報があります。

農業と聞くと、

昔から親が農業を営んでおり、
引き継いでいくというイメージがあります。

しかし、

今20代、30代で脱サラ起業し、
農業を始める方が増えてます。

なぜ若者が増えているの?

次世代の農業は若者に有利だからです。

これからの農業で成功していく方法を、
わかりやすく丁寧に解説していきます。

脱サラ起業で農業は難しい、、、

脱サラ起業で農業は難しい、、、

【結論】

脱サラ起業して、
農業でいきなり起業は難しい。

脱サラ起業を農業ビジネスでやるのは、
私は反対の立場です。

脱サラ起業してからの順番が、
脱サラ起業を成功させるには大切であり、

おすすめの順番は、

1、嫌いじゃない儲かるビジネスをやる
2、農業ビジネスをやる

その理由はシンプルで、

農業ビジネスは普通にやったら、
全然利益が出ないのにしんどいから。

実際サラリーマンと農家の平均年収を
比べてみるとかなり差があります。

【平均年収】

・サラリーマン・・420万
・農家・・220万

もちろん農業で、
年収1000万を稼ぐ人もいますが、
ほんの一握りですよね。

普通ではない、
工夫と真似できないことが、
かならず、あります。

また、農業は始めるのも難しい。

農業を始めるにあたって様々な
準備も必要となりますが、

資金・農地・機械・ノウハウなど、
揃えるのが難しいものも多い。

【結論】

農業ビジネスは始めるのが大変で、
さらに初期にお金がかかる。

就農1年目は作物もあまりないので
収入がほとんどありません。

お金が儲からないことが、
ほぼ決まっているのに、

起業に、たくさんのお金がいる。

資金は、1000万円程用意が必要。
農地をもっていなければ農地も必要になる。

何も準備はしてないけど
とりあえず今の仕事やめて
田舎でのんびり農業で稼ごう!

のような甘い考えで農業を
始めるのであれば必ず失敗します。

【結論】

農業ビジネスを、
最初のビジネスにするのは反対。

脱サラ起業で農業を失敗する人達

脱サラ起業で農業を失敗する人達

【結論】

脱サラ起業で農業を失敗する人は、

・体力
・気力
・資金

のどれかがなくなっている。

脱サラ起業に成功したら、
お金・時間に余裕ができ幸せになる

脱サラ起業に失敗したら、
借金・離婚など人生が狂ってしまう

【結論】

脱サラ起業するからには、
成功したいですよね。

そこで、

農業で失敗する人はどんな人なのか
特徴をまとめてみました。

脱サラ起業して失敗は最悪なので、
目を通しておいてください。

【資金不足】

農業は初期資金がかなり必要です。

初期資金は用意できたが、
安定した収入を得られる前に、
資金が底をつきてしまう。

未来予測の甘い人がほとんど。

【スキル・知識・経験が不足】

資金や土地だけあっても、
技術・ノウハウがなければ作物は
育ちません。

つまり、
商品が出来ないので収入がないです。

【仕事量・辛さを甘くみている】

農業と聞くと、
田舎でのんびりという人もいますが、
実際はかなりハードです。

とくに利益を出そうとすれば、
かなりハードになります。

いやいや、
そんな馬鹿なことにはならない。

といった反論も聞こえそうですが、
脱サラ起業後の成功率は他業種でも、

10年以上の生存率が10%です。

【結論】

自分だけは違うと思って、
みんな脱サラ起業するが、

脱サラ起業して、
9割は失敗してしまうんです。

失敗するのは、最悪です。

そんな馬鹿なことにならないと、
自信があるのは逆に危ないです。

そんなこともあるかもしれない、
だから、こういうふうに防ごうと、
防御力を上げておいてほしいですね。

【結論】

失敗しない為にも、
農業の全体像をしっかり把握し、
資金・技術・知識を身に付けて挑戦。

今から農業で起業して、成功させるには

今から農業で起業して、成功させるには

【結論】

IT系のスキル・知識・経験を使い、
生産性を爆上げさせる農業システムをつくる。

今日本の農業は、
農業人口の不足という、
深刻な問題を抱えています。

農業界は高齢者の割合が高い為
今後さらに農業人口の減少が予想されます。

【結論】

ライバルがクソ弱い。
独占的な市場が広がっているチャンス。

ここに、
IT系のスキル・知識・経験を持ち、
【スマート農業】をやることで勝てます。

【スマート農業】

ロボット技術や情報通信技術を活用し、
超省力化・精密化を可能にした、
次世代の農業です。

スマート農業により、
熟練農業者の技術・ノウハウ・判断を、
データ化することです。

たとえば、
いちご農家では二酸化炭素の濃度を、
濃くすることで甘さが増すことをつきとめ、

二酸化炭素の量を、
ITの技術でコントロールして、
通常より、甘いいちごを育てています。

これをインターネットを使って、
直接お客さんに売るので利益率が高く、
品質の高い商品がお客さんに届きます。

はっきりいって、
農業は3周くらい遅れた、
馬鹿な業界の一つです。

あらゆることをデータ化して、
見えるようにすれば解決策はどんどんでます。

【結論】

IT系のスキル・知識・経験で、
生産性を爆上げすれば成功する。


勘やコツに頼った従来型の農業を、
どれだけデータ化できるか?は、
めっちゃ、おもしろいですよ。

IT系のスキル・知識・経験で、
農業が成功できるとは思えません、、、
という反論がありそうなので、

私の例で、お答えしておくと、

【私の場合】

私がホテル業で成功できた理由は、
あらゆることをデータ化していったからです。

同じように古いホテル業は、
謎の根性論がやばかったです。

なので、

他のライバルホテルから、
お客さんを根こそぎ奪ってやりました。

その時に必要だったのが、
ライバルホテルのお客さんの流入経路。

【結論】

じゃらん・楽天でそのホテルが、
どういう経路で見られているかをデータ化し、
先に自分のホテルが目に入るように工夫。

こうすることで、
ファーストチョイスを奪いましたよね。

私のホテルが気に入らない時しか、
他のホテルが選ばれないようにしたんです。

とまぁ、こんな感じで、

データをとって見える化すると、
戦略ができ、戦術にして実行できます。

【結論】

IT系のスキル・知識・経験があれば、
めちゃくちゃ簡単にライバルに勝てる。

農業では高齢者が多いことから、
まだあまり、普及していません。

ITスキル・知識がないと、
農業でもITが普及したら、対応できません。

逆にいうと、
スマート農業が普及した時、

・高齢者は対応が難しい
・ITスキル・知識を持った人は楽勝

あなたがIT系のスキル・知識・経験で、
差をつけていれば、めちゃめちゃ有利です。

今のうちに身に付けておくことが
成功への道です。

IT系のスキル・知識・経験といわれても、
全然わからないよ。。。という人の為に、
記事にしてまとめています。

【初心者向け】IT系のスキル・知識・経験を手に入れる方法

IT化で成功した農業国家の事例紹介

IT化で成功した農業国家の事例紹介

【結論】

日本は、根性論すぎる。
日本は、人に頼りすぎる。

でも、世界は進化している。

日本はまだスマート農業は普及してません。

農家を本気でやるメリットが少なく、
利権まみれの周回遅れのビジネスだからです。

ですが、

既に世界の農業国では急速に進み、
実績がでています。

【結論】

日本は周回遅れのダサいビジネスだけど、
農業先進国ではスマート農業が当たり前。

たとえば、

オランダでは一般農家の約8割が
最新鋭の技術を取り入れています。

ドローンを使い雑草の場所を割り出し、
連動する芝刈ロボットが除草する。

いや、カッコよすぎですよね。

オランダなんか、
九州程の面積しかない国ですよ。

それにも関わらず、
世界第2位の農業大国です。

いやいや、オランダがたまたまでしょ?

と、素直じゃない人にむけて、
さらに事例を紹介しておくと、

農業大国アメリカでは、
ドローンで広大な農地に農薬を撒いたり、

センサー技術で害虫の検出や作物の
栄養状態の分析などもできるようになってます。

【結論】

アメリカ、スケール感もすごいし、
合理的でカッコいい農業。

儲かるし、農家さんの負担は小さくなるし、
日本が遅れていくのが、意味不明ですよね。

でも、遅れているからこそ、
IT系のスキル・知識・経験がある人に、
めっちゃチャンスがあります。

野菜食べる私からしたら、
農家さんの苦労とか、
まじでどうでもいいことです。

【結論】

おいしい野菜が安全でリーズナブルなら、
それが、一番いいです。

さすがに、

周回遅れのダサダサ日本も、
このようなスマート農業が普及していきます。

今後起業し農業で成功するためには
農業の技術・知識だけではダメです。

未来を想像し、時代にあったやり方が必要。

脱サラ起業して、農業で成功する手順

脱サラ起業して、農業で成功する手順

【結論】

農業で成功する為に、
もし私だったらこうする!を解説。

1、サラリーマンの間に、ブログを書く

2、サラリーマンの間に、収益不動産を買う

3、IT系企業で2年働き、スキル・知識・経験を身につける

4、地方でお金もらいながら、就農支援を受ける

5、独立して農業成功する。

何を始めるにも計画は大切です。

計画がないと上手くいってるのか
どうかも分からない。

難しい農業だからこそ、計画は重要。

【私の場合】

1、大学でIT系のスキル・知識・経験を得る

2、東証一部上場企業で立ち上げを経験

3、サラリーマン中にブログ・収益不動産。

4、働かなくてもお金が入る状態で脱サラ起業。

と、計画通り進めて、
脱サラ起業を成功させました。

私が脱サラ起業し成功できたのも、
中学生の頃に立てた計画をたてたから。
計画をもとに行動できたからです。

では、農業バージョンを解説しますね。

脱サラ起業して、農業で成功する手順①

1、サラリーマンの間に、ブログを書く

脱サラ起業したら、
来月の給料がもらえなくなります。

かわりに、
事業収入が発生するはずですが、

不安定でどうなるかわからないのが、
事業収入のダメところ。

【結論】

ブログでお金が入るように、
仕組みをつくってしまおう。

ブログをなぜ書くかというと、
ブログからは広告収入をつくれるからです。

サラリーマンで来月の給料がある間に、
ブログに記事をちゃんといれていきます。

お客さんが一定数訪れるブログになれば、
広告収入が入るように仕組み化できます。

【結論】

私の場合、日記みたいなブログをつくり、
そのブログから月3万円が入りました。

毎月働かなくても、
月3万円が入るのは楽ですよね。

え?少なくないですか??と、
聞かれることがあるので、
説明しておくと、

脱サラ起業したビジネスからも、
私はちゃんと利益がありましたし、
収益不動産からも月2万円が入ったので、

脱サラ起業して月5万円入り、
ビジネスでも稼いでいたので、
お金持ちになっていきました。

【結論】

サラリーマンの間にブログを書こう。
ブログを書かない意味がわからない。

【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

脱サラ起業して、農業で成功する手順②

2、サラリーマンの間に、収益不動産を買う

収益不動産は、最初にお金が必要ですが、
お金さえ用意できれば誰でもやれます。

毎月何もしなくてもお金が入ってくるので、
脱サラ起業した後がめっちゃ楽になります。

【結論】

年収を、お金で買う。

私の場合、

24歳のサラリーマンの時に、
177万円で草むらを買いました。

毎月2万円入る装置になりましたし、
年収が24万円増加したんですよね。

【結論】

177万円とアスファルト20万円、
合計200万円で年収24万円UP。

ということで、

収益不動産は、
買えば年収が上がるという、
わかりやすいシステムです。

ただ、

お金が100万円単位で必要なので、
怖いならブログでいいでしょう。

【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

不動産をもう少し知りたい人は、

【不動産投資で脱サラできる方法】プロの起業家・投資家が教えます。

脱サラ起業して、農業で成功する手順③

3、IT系企業で2年働き、スキル・知識・経験を身につける

私なら、

ブログ・収益不動産の準備ができれば、
IT系の転職を成功させます。

なぜなら、IT系のスキル・知識・経験は、
これからの農業に必要なものだし、

お金出して有料プログラミングスクールより、
給料をもらいながら勉強した方がコスパいいから。

【結論】

必要なIT系のスキル・知識・経験を、
給料もらいながら勉強すると最高!

農業でIT技術を導入するにも
もちろんお金が必要です。

IT技術を導入できたとしても
自分自身にスキル・知識がなければ
最大限に活かせません。

なので、

IT系のスキル・知識・経験を、
お金ももらいながら学ぶ為に、
IT系の転職は成功させるべき。

IT企業への就職・転職をサポートしてくれるおすすめ企業【脱サラ起業に成功する為に】

とはいえ、
そんな簡単なことではないですよね?と、
反論の声がきこえてきそうなので、

IT系の転職すべき理由を、
もっと深堀りしておきます。

農家の高齢化が進んでいる為
現在ITスキルを持った農家って
ほとんどいません。

ITスキルを持ってるだけで有利です。
勝てる市場にいるってことです。

ライバルが弱いなんて、
最高にいい市場ですよ。

だから、

起業資金を貯めながら、
さっさと勝ちにいってほしいです。

IT企業への就職・転職をサポートしてくれるおすすめ企業【脱サラ起業に成功する為に】

とはいえ、
転職は怖いなぁという人の為に、
有料プログラミングスクールの記事も、
まとめています。

【プロ経営者が教える】有料プログラミングスクール使いこなし術

脱サラ起業して、農業で成功する手順④

4、地方でお金もらいながら、就農支援を受ける

ITの技術・知識を身に付けたら
次に就農支援を受けます。

【就農支援】

新規就農希望者を、
農地・資金・技術研修など、
全面的にバックアップしてくれるもの。

新規就農には莫大な資金もかかり、
当たり前ですが農業の技術・知識が必要。

資金や技術面で支援してくれる
就農支援をうまく活用します。

自治体ごとに就農・移住セットで、
いい制度があったりしますよね。

ここでは共通で使えそうなものだけ、
紹介しておきます。

農業次世代人材投資資金

農業次世代人材投資資金とは
これから農業をはじめる人を資金面で
支援してくれる制度です。

2パターンあります。

【準備型】

親元で就農を継続、
または法人の共同経営

【経営開始型】

独立した経営または、
親の経営から独立した経営

 準備型経営開始型
最大金額150万円(年間)
最長期間2年5年
対象時期就農前就農後
支援目的研修などを支援生活費を支援
申請先都道府県市町村

【準備型】は、農業に必要な技術等
を習得する研修を受ける場合に利用できる。

【経営開始型】は、就農開始後収入が
不安定な時期に生活費の支援として利用できる。

【結論】

農業次世代人材投資資金を活用して、
就農でお金もらいながら学ぶ。

【準備型】と【経営開始型】の大きな違いは、
就農「前」か就農「後」かということ

【準備型】で2年支援をうけたあと
【経営開始型】で5年の支援をうける

なんと最長で7年の間、毎年150万円まで
支援を受けることが可能。

国・自治体・日本政策金融公庫の融資制度

日本政策金融公庫が
新規就農者むけに行ってる融資に
青年等就農資金というものがあります。

無利子で、限度額3700万円まで
借りることができます。

条件には、

・農業経営開始後5年以内
・原則18歳以上45歳未満
・農業経営の計画書の提出
・法人の場合代表者のみ保証人が必要

などがあります。

毎年度国の予算の範囲内で実施されてるため
基本的には早い者勝ちです。

融資を受けられる可能性が高い訳ではないが
申請するメリットは大いにある。

【結論】

借金は悪ではなく、
未来をよくする為の投資。

脱サラ起業して、農業で成功する手順⑤

5、独立して農業成功する。

・ITの技術・知識
・農業の技術・ノウハウ
・資金

準備が整ったら、独立します。

年齢を重ねると共に
体が思うように動かなくなるので、
それも計画にいれていきましょう。

【結論】

ロボットや後継者や従業員に、
代わりにやってもらうことを模索すべし。

独立していきなりのテーマですが、
人に任せられるように、
最初から取り組むべき。

たとえば、

自分の代わりにロボットが動くなら、
自分は指示だけでよくなりますし、

後継者や従業員を育てれば、
自分は何をしなくてもお金が入ってきます。

【結論】

自由な時間ができ、
本当に、好きな事ができる。

【まとめ】脱サラ起業して、農業で成功する手順

【結論】

1、サラリーマンの間に、ブログを書く
2、サラリーマンの間に、収益不動産を買う
3、IT系企業で2年働き、スキル・知識・経験を身につける
4、地方でお金もらいながら、就農支援を受ける
5、独立して農業成功する。

ブログと収益物件から月5万円が、
入る状態で、私は独立しました。

だから、

脱サラ起業してお金で苦労したことは、
今まで一度もなく、お金持ちになりました。

【結論】

生活の心配がないので、
ビジネスに集中することができる。

また、

IT系のスキル・知識・経験があったおかげで、
弱いライバル達に余裕で勝てて、
脱サラ起業してからも苦労しませんでした。

IT系のスキル・知識・経験は、
今の世の中をたたかうなら、重要な武器。

【結論】

IT系のスキル・知識・経験で、
ライバルよりも楽に有利になる。

もらえる支援金や、
使えるお金は、もらっていきましょう。

私も脱サラ起業してから、
従業員を正社員化する補助金で、

10名×57万円の補助金もらってます。

また、融資も受けてます。

創業融資系で、800万円。
ソーシャルビジネス融資で、1000万円。
コロナ融資で、2500万円。

自分が持っていなかったお金、
約4900万円ほどを動かせるようになってます。

【結論】

お金はあれば、あるほど、
お金が生まれて、楽になる。

何かやるときは、
大学みたいにお金を払うより、
もらいながら学べないか?考えよう。

私がサラリーマンをやったのは、
お金もらいながら学ぶことを重視したから。

あの時もらったお金が、投資を加速させ、
あの時学んだことが、経営を成功させました。

【結論】

サラリーマンやりながら学ぶのは、
めっちゃ、最高のやり方。

思い切ったことができないなら、

本やブログを読んでみて、
小さくやってみることをおすすめします。

本やブログは安いのに、いいこと書いてあるし、
行動したら、いろいろ勉強になりますしね。

たとえば、

ブログを書いたところで、
あなたの人生が終わるようなミスにはなりません。

ところが、

ブログから毎月3万円入るようになれば、
人生を変えることができます。

こういうのを、
ローリスク・ハイリターンと呼びます。

【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

脱サラ起業して農業をやって後悔する人たち

【結論】

すべてを農業のせいにする。

農業で脱サラ起業しようとしたのも、自分。

なのに、

農業をやる環境が悪かった、農業を選ばなければよかった、農業が、農業が、、、

すべて、自分の責任。

農業は、シンプルなビジネスです。

人間が、食べずに生きていけないのであれば、食品生産者は常に必要です。

つまり、

どこの、誰から、何を、というだけの話。

あなたがやらなくても、世界は満たされていますよ?という話。

究極いうと、お客さんにあなたが生産した作物に乗り換えてもらわないと、あなたが稼ぐことなどできないんです。

スーパーで買っていたニンジンを、あなたがつくったニンジンに置き換えてもらうのに、あなたは何をすればいいですか?

脱サラ起業で家族を幸せにする。

脱サラ起業で家族を幸せにする。

【結論】

すべては自分と仲間と家族の幸せを願い、
決断や行動をしていきましょう。

まず、あなた自身が苦しいなら、
そんな人生間違っています。

上手に、笑える生き方をしましょう。

また、家族がいる方は、
不安を持たせないこと。

サラリーマンの間に、
ブログや収益不動産で、
お金が勝手に生まれるようにしましょう。

起業するからには必ず成功し
家族を幸せにしましょう。

私は25歳で脱サラ起業し
27歳の時には働かなくても
お金が入ってくる仕組みができました。

家族との一緒にいる時間も増え
お金も増え、幸せな人生を
送ってます。

ここまで読んでくれたあなたにも
幸せな人生を手に入れて欲しい。

行動ひとつで人生をかえられます。

家族みんなを幸せにできるかできないかは
あなたの行動次第です。

【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

【不動産投資で脱サラできる方法】プロの起業家・投資家が教えます。

【初心者向け】IT系のスキル・知識・経験を手に入れる方法

タイトルとURLをコピーしました