【仕事を辞めたい】 仕事のストレスで悩んでいる女性へ

【仕事を辞めたい】 仕事のストレスで悩んでいる女性へ
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする
女性と男性ではストレスの感じ方は違う?
ストレスで仕事を辞める女性はいる?
女性が仕事を辞める時の注意点は?

【仕事を辞めたい】
仕事のストレスで悩んでいる女性へ
の記事では

投資と経営で月500万円稼ぐ、
さるしゃちょーが、
ストレスで仕事を辞めたいと考えている女性ついて解説しています。

仕事におけるストレスを感じているのは
男性だけではありません。

もちろん女性もストレスを感じています。
なんなら、女性の方がストレスを抱えていると言う調査結果もあります。

ストレスを感じて働いていると
「こんなにストレスを感じているのは私だけ?」
と思うようになります。

そうなっている人には
この記事を読んで
「あなただけじゃない」と言うことを理解してもらえればと思います。

そして
今の仕事を辞めるのも一つの選択肢として持っておいて欲しいです。
仕事を辞めることは悪いことではありません。

私は自分の好きなことをしながら生きていけるように
計画→実行を繰り返してきました。

【この記事を読むと】

・女性の抱えているストレスについて詳しくなる
・仕事を辞めると言うことも視野に入るようになる
・仕事を辞める時に身に付けておくといいスキルがわかる。

この記事の信頼性

【仕事を辞めたい】 仕事のストレスで悩んでいる女性へ この記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。
投資と経営で月500万円稼ぎます。

先日、こんなツイートしました。

先の方でも話しますが
決して差別的な意味ではなく
「女性は仕事と感情を結び付けやすい」
と考えて女性と一緒に仕事をしています。

「仕事と感情を結び付けやすい」
と言うのは。プラスの面もあればマイナスな面もあります。

ストレスに関することで言えば
マイナスの面に当たるでしょう。

何を言いたいのかと言うと
「自分で自分のことを知っておくことが重要」
ということです。

「自分は、仕事と感情を結びつけやすいタイプだ」
と知っていれば、ある程度の対策は取れるはずです。

私は常に俯瞰的に自分をみています。

そして、ストレスとの向き合い方には
今の仕事を辞めると言う選択肢もあります。

この記事で、仕事を辞めることも悪くない
と考えていただければ、私の言いたいことは少しでも伝わったのかなと思おいます。

それでは、本編をどうぞ。

女性と男性のストレスの感じ方は違う?

女性と男性のストレスの感じ方は違うの?

【結論】

女性は、男性よりストレスを感じやすくなっている。

女性と男性で抱えている悩みが違うように
ストレスの感じ方も、男女で違ってきます。

では、女性と男性ではどちらの方がストレスを感じているか
見てみましょう。

厚生労働省のストレスと性別の調査によると
「日常でストレスを感じている」
と答えた人は

どの年代でも、男性より女性の方がストレスを感じている

という結果がわかっています。

その中でも、20代〜40代は
「仕事に関するストレスを抱えている」
と回答した人が多かったようです。

ある企業の調査では
女性の94%は仕事でのストレスを感じている
という結果がでたこともあるそうです。

男性より女性の方がストレスを抱えやすい原因は

女性は仕事と感情の結びつきが強い

と言うものがあります。
これは、決して差別しているわけではありません。

この違いは、脳の使い方によるものと言われています。

男女で脳の使い方が異なってきます。
左脳は思考や論理、右脳は知覚や感性といった役割があります。

男性は物事を考える際、左脳を使い、右脳はあまり使っていない人が多いため、
情報を整理し、論理的に考えたり分析したりするのに優れているといわれています。

一方、女性の多くは左脳も右脳もバランスよく使うため、
左脳と右脳をつなぐ脳梁を行き交う情報量が増えると、
近くにある偏桃体が強く反応して感情的になりやすいといわれています。

感情的になると、仕事の作業効率が悪くなることも証明されています。

仕事でイライラすることがある

発散できずにストレスを溜め込んでしまう

仕事に集中できなくなる

仕事の成果をあげられない
というような
負の連鎖に陥りやすくなります。

女性がストレスを感じる内容

「女性が具体的にどんな事にストレスを感じるのか」
という調査があります。

1位:上司とに人間関係
2位:給与が低い
3位:仕事量が多い
となっています。

1位に上司との人間関係とありますが
上司だけでなく、「同僚や後輩との人間関係にストレスを感じている」
と言う人も多いようです。

最近では、「女性の社会進出」が目立ってきている反面
女性が仕事関係のストレスを抱える割合も増えてきているようです。

また、女性は男性とは違う悩みを持っています。

・このままシングルで生きていく?それとも結婚する?
・いつまで仕事を続けよう?結婚・出産はいつ?
・キャリアを積みたいけど、結婚・出産はどうする?
・出産したら仕事はやめるべき?
・出産して仕事をやめたら、いつ復職する?
・一度会社から離れたら、キャリアが中断されてしまう…どうしよう
・育児と仕事の両立、精神的にも体力的にも持つか?

女性は結婚や出産に関する悩みも抱えます。
こういったことも踏まえて
女性は男性よりストレスを感じやすくなっているのでしょう。

ストレスで仕事を辞める女性

ストレスで仕事を辞める女性

【結論】

ストレスで仕事を辞める女性は、男性よりも多い。
今、仕事を辞めたいと考えているのは、珍しいことじゃないですよ。

男性と女性の離職率を比べた厚生労働省の調査では
男性は12.5%、女性は17.1%
と差があり、女性の方が年間の離職率は高いようです。

年代別でみると、
特に20代後半から40代にかけては女性の離職率が高くなり、
男女間で差が開く傾向があります。

これは、20代後半から30代にかけて女性が結婚、出産・育児を理由に
仕事から離れることが大きな原因と考えられます。

雇用形態の違い

男性より女性の離職率が高い要因としては、雇用形態の違いがあげられます。

女性は非正規雇用の割合が高く、
女性の入職者全体に占めるパートタイム労働者の割合は年代とともに上昇します。

具体的には、25〜29歳は34.4%ですが、30〜34歳になると48.6%、35〜39歳には58.1%と、
年齢が上がると非正規の雇用契約を選択する女性が増えていきます。

一方で、男性の非正規雇用の割合は、
50代前半までは年代が上がっても15%前後で推移しています。

この雇用形態の違いにより
男女間で給与の差が生まれ、女性の給与に関するストレスも増えているようです。

また、世界153ヶ国を対象にした「世界ジェンダー・ギャップ報告書 2020」によると、
日本の経済的参加度および機会は115位で、男女間の差が大きいという結果が出ています。

まずこの日本における男女間格差をなくさないかぎり、女性の労働参加や活躍は難しいでしょう。

残業が多く有給休暇がとりにくい環境

定常的に残業が多く、有給休暇が取得しにくい環境は女性の離職を招きやすいです。

最近はワーク・ライフ・バランスを重視する人が増えています。
その点は男女問わずですが、
女性の場合は結婚、出産・育児によってその傾向がさらに強まります。

労働時間が長いことが当たり前の環境だと、
特に女性は働き続けるのが困難になってしまいます。
結果として、結婚、出産・育児を機に仕事を辞めてしまいます。

産前産後のサポート体制が整っていない環境

女性にとって、産休・育休や時短勤務など、
産前産後のサポート体制が整っていない環境も定着しづらいです。

妊娠中は体調が不安定になりやすいですし、
産後は子供の急な体調不良で仕事を休まざるを得ないことも出てきます。

そのようなとき、
サポート体制が整っていない環境ですと休みや働く時間を調整しづらく、
周囲の理解も得にくいです。
妊娠・出産・育児で肩身の狭い思いをしている人をほかの女性従業員が見ることで、
自分も長く勤めるのは難しいと感じてしまい定着はしないでしょう。

女性が仕事を辞める時に考えて欲しいこと

女性が仕事を辞める時に考えて欲しいこと

【結論】

女性は30代〜40代の転職成功率は下がります。
このことを頭に入れておきましょう。

男女の転職率をみた時に
男性より女性の方が転職率は高いです。

しかし
転職率と転職成功率は、一緒に考えない方がいいです。

前の項目で言いましたが
そもそもの離職者が男性より女性の方が多いので
転職率が女性の方が高くなるのは、いたって普通のことです。

重要視して欲しいのは、転職成功率の方です。

はっきり言いますが、
30代〜の転職成功率はガクッと下がります。

原因は一つと言ってもいいでしょう。
「結婚・妊娠・出産」です。

あなたを採用する企業側の立場になって考えてみてください。

採用者側は、長く勤めてくれる人材を探していることの方が多いです。
採用して1年後頃に結婚して出産を理由に辞められては、
採用して仕事を教えていた1年間は、あまり意味のないものになってしまいます。

企業側はこれを避けたいものです。

また、
未経験の業種だとさらに厳しいでしょう。
未経験の業種での転職となると、業務を覚えるのに沢山の時間が掛かってしまう可能性が高いです。
結婚・出産のリスクに加え、業務内容を覚える過程で、途中で投げ出してしまわないか?
という心配が企業としてはあるかと思います。

どうやったら転職成功率を上げれるの?

と思いますよね。

その答えは、

あなた自身のスキル(武器)を伸ばす!

この一点集中でいきましょう。

あなたは1日のうちどのくらい仕事以外の勉強をしていますか?

OECD加盟国の社会人20%は、
大人になってからも勉強しています。

社会人をやりながら、
スキルアップもキャリアアップも、
目指すのが当たり前です。

じゃあ、日本人の勉強時間は?

ある調査によると
1日6分だそうです。笑

正直、呆れます。

年収別の勉強時間をみてみると
年収が高い人ほど
勉強時間が長いという結果もあります。

勉強しただけ成果が出る。

当たり前ですよね。

採用側の立場になって考えると
・採用後に1から仕事を教える
・採用前から、ある程度のスキルを持っている
この2人を比べた時に
どっちを採用するかは一目瞭然です。

日本人は、あからさまに勉強を嫌います。
自分が楽できればいいと考えます。

しかし
あなたはそうなってはダメです。

勉強してない人とどんどん差をつけましょう。
勉強してスキルを身につけることができれば
転職ができないことはまずないです。

身に付けて欲しいスキル

【仕事を辞めたい】 仕事のストレスで悩んでいる女性へ 身に付けて欲しいスキル

インターネットを使いこなせ!
インターネットの世界は自分の力でなんとでもできる!


今の世の中
インターネットがないと、
かなり不便な世界になりました。

・何かを調べる時は、Googleで検索
・買い物は、Amazonや楽天
・飲食店を調べたい時は、ぐるなび等、

など

インターネットがあれば
大抵のことは解決します。

したがって、
世界中の企業が、ITに力を入れています。

インターネット上で使えるスキルを
ITスキルと言います。

日本中の大企業たちも
インターネット市場の強化を始めています。

IT系の技術を持った人材が求められていて、
それなのにIT系人材は、圧倒的に足りていません。

【結論】

仕事が大量にあるのに、
できる人が少ないチャンスタイム。

そこで

IT系の技術を身につけることができれば
企業側から求められる人材になれます。

そうなってしまえば
怖いものはありません。

IT系のスキル・知識・経験について、
ぜんぜんわからない人の為に、
初心者むけの情報をまとめています。

【初心者向け】IT系のスキル・知識・経験を手に入れる方法

ITスキルを身につけることができれば
男性よりあなたを求める起業は多くなります。

そのくらい、重宝されてきているスキルなので
是非自分でも調べて行動してみてください。

ウェブマーケティングスキルを身に付けろ!

「インターネットに強くなっておくといい」
と言っていますが、

具体的にどのようなスキルを身につけるべき?

と、思った方もいると思いますので、
私のおすすめを紹介しておくと、

ブログをさっさとはじめて、
ウェブマーケティングスキルを磨くこと

ブログは簡単にはじめられますが、
自分のお店をもつことと同じ効果があり、

ノートと同じように何を書いても自由です。

もちろん、

人に見られているという配慮は必要ですが、
法律や読者に配慮すれば、ブログは自由です。

そこで、
商品やサービスを紹介し、
売っていくことでWEBマーケのスキルが、
上がっていきます。

ウェブマーケティングスキルって?

簡単にざっくりいうと、

ウェブマーケティングとは
インターネット上で商品をお客さんにうる事です。

わたしの概念としては、

こちらが売り込まなくても、
勝手に商品が売れていく仕組みづくりのこと。

ビジネスの基本は

”お客さんの悩みを解決する事”

です。

先ほど紹介した
「ホットペッパー」や「ぐるなび」でいうと
お店探しに悩んでいる人の悩みを解決する。

Youtubeの広告なら
脱毛など今の人たちが悩みがちな広告を出して
商品を買ってもらう。

など

お客さんの悩みを解決することによって
お金が発生しています。

読者がインターネットで悩みを検索する

その悩みの解決策を持ったブログを読む

ブログから悩みを解決する商品を買う

ブログを書いている人にもお金が入る

簡単に書きましたが
これが、あなたにお金が入る仕組みになります。

【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

の記事に、詳しく書いていますので、
よかったら見ておいてください。

楽天やAmazonがいい例です。

今までお店に行かないと買えなかったものが
パソコンで注文ができて、商品が家まで届く。

これは
日本中の企業の発展につながっています。

IT系のスキルを持った人は足りているんじゃないの?


といった声がきこえてきそうですが、
IT系のスキルを持った人は不足しています。

これは総務省の発表もされていますが、
ざっくり10万人のIT系人材が足りていません。

なので、

給料は高いけど、
ブラックだと言われる職場が、
多くあるんですよね。

仕事があるのに、
やれる人が足りていないので、
長時間労働になりがち。

たくさんの企業や仕事が、
ITスキルを持った人材を求めています。

また

なんでブログ?

と思った人もいるはずなので説明します。

結論から言うと、

ブログはウェブマーケティングスキルを磨くのに、
めっちゃ、ちょうどよい仕組みです。

【ブログを書く時に考えること】

・どのように書けば、記事が見られるか
・人はどんなものを求めているのか
・記事ではどんなものが売れるのか

ブログでお金を稼ぐためには
マーケティング的に考えないと、
記事は永遠に読まれません。

そしてこの考え方は

インターネットで商品を売る時に考えることと
ほぼ同じなのです。

ブログに自分の好きなことを書きながら
最強の武器ともいえる
ウェブマーケティングスキルを身に付けられる。

【結論】

起業家として修行もできて、
IT系のスキル・知識・経験も勉強でき、
お金も入るようになる。

やらない理由が見当たらない。

【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

前の項目のことを踏まえて考えると

IT系の起業に転職する

副業でネットビジネスを始める

脱サラ起業する

と言う感じですね。

IT企業への就職・転職をサポートしてくれるおすすめ企業【脱サラ起業に成功する為に】

ブログを書いたら起こること

ブログを書いたらおこること

・書いた記事が資産になる
・自分の好きな仕事ができる

書いた記事が資産になる

記事は一度書けば
その記事はインターネット上に残るので
自分が寝ている間にもお金を稼いでくれます。

ブログ記事からお金が生まれます。

つまり
資産になります。

私の資産たちを紹介します。

収益不動産=11
経営会社=1
不動産売却額=約1億円
家賃=53万/月(満室60万)
ビジネス=月450万前後
株式投資=プラス2900万

この資産たちは
私が寝ている間にもお金を稼いでくれます。

そしてこの中にブログも含まれるのです。

あなたがラーメン屋さんを起業して
10:00〜22:00まで働くとしましょう。
その時の利益は12時間の中でしか発生しません。

しかし、

ブログの記事は
24時間365日
文句も言わずに働いてくれます。

20代で脱サラ起業した時、
チャリンチャリンとお金が入れば、
ビジネスに集中できますよ?

これが私がよく言う
お金が勝手に生まれるシステムです。

自分の好きなことができる

どうせやるなら
自分のしたいことを仕事にしたいですよね。

私は自分の脱サラ起業の経験をもとに
好きなことをブログに書いています。

自分の好きな時間に
好きなことを仕事にできて
それでお金がもらえるって
めちゃくちゃいい人生ですよね。

もっとブログについて知りたい!


と言う人もいると思うので、
1日33円でブログが運営でき、
そこからお金を生み出す方法をまとめました。

やったこともないのに
やり方を知ってる人なんていません。

ブログの記事も書いているので、
これを読んでブログを始めてみましょう。

脱サラ起業で成功したいなら、
今からブログを書いて準備しましょう。

【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

【脱サラ起業ブログ】〜ブログの活用方法が知りたい人はこちら〜

【ブログ記事の書き方】脱サラ起業成功者のブログ運営について

タイトルとURLをコピーしました