【再就職はこうやる!】ストレスで仕事を辞めたいと考えている人必見

【再就職はこうやる!】ストレスで仕事を辞めたいと考えている人必見
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする
ストレスで仕事を辞めた場合再就職できる?
どのくらいの時期から再就職のことを考える?
再就職を支援してくれる期間はある?

【再就職はこうやる!】
ストレスで仕事を辞めたいと考えている人必見
の記事では

投資と経営で月500万円稼ぐ、
さるしゃちょーが、
ストレスで仕事を辞めたいの再就職について解説しています。

ストレスで仕事を辞めたいと考えた時に
一番悩むのが
「再就職ができるかどうか」
「再就職できなかった時の収入のこと」
ですよね。

そんな悩みを持ってるあなたに質問です。

「悩むだけになってませんか?」

「悩む」だけでは、何も解決されません。
考えて行動しないと何も解決しません。

・自分にはどんな仕事がむいているのか
・どんな会社がどんな求人を出しているのか
・再就職にはどんな準備が必要なのか
・再就職で有利になるスキルは何か
など、考えることは山のようにあります。

「悩んでいるだけ」の人をよく見かけますが
はっきり言って、時間の無駄です。

私は、考え続けて行動し続けてきました。
今違う業界に再就職しろと言われても
どこにでも就職できる自信があります。

その分の「スキル・知識・経験」を蓄えてきたから。

【この記事を読むと】

・仕事のストレスで悩んでいる人の実態がわかる
・仕事を辞めた場合再就職できる?
・再就職の時に有利になるスキルがわかる。

この記事の信頼性

【再就職はこうやる!】ストレスで仕事を辞めたいと考えている人必見 この記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。
投資と経営で月500万円稼ぎます。

先日、こんなツイートしました。

私は、就職先に困ったことはありません。

なぜなら、
いつ何時でも「スキル・知識・経験」を蓄えてきたから。

再就職では「スキル・知識・経験」が物を言います。
「スキル・知識・経験」がない人は、再就職が難航し
「スキル・知識・経験」がある人は、スムーズに決まります。

なたはどちら側の人間になりたいですか?

どんな人生を送るかは
日頃の積み重ねによって変わってきます。

私はもう十分ですので
次はあなたに成功して欲しい。

是非、最後まで読んでみてください。

それでは、本編をどうぞ。

仕事のストレスで仕事を辞めたいと考える人

仕事のストレスで仕事を辞めたいと思う人

ストレスを感じる場面には色々あります。
・子育て
・仕事
・日常生活
・友人関係
など

この中でも、
仕事に対してストレスを感じている人はかなりたくさんいます。

仕事って、一週間の内の大半の時間を占めていますよね。

たとえ休みの日でも、
「明日が仕事だから、早めに帰ろう」
のように、制限をかけてしまうこともあると思います。

仕事をしている中で感じるストレスには
・上司との人間関係
・同僚との人間関係
・仕事内容
・会社の規則・風土
などが大半を占めています。

そして
この仕事のストレスの影響で
今の仕事を止めようと考える人も、結構います。

では、そのストレスにより仕事を辞める人のことを
詳しく紹介していきます。

離職率について

厚生労働省が実施した「雇用動向調査結果の概況」調査によると

・会社都合での退職:46.7%
・自主都合での退職:53.3%
と、これはあまり差はありません。

次に
自主都合での退職をした人の詳しい退職理由をみていきます。

自主都合で退職した人のうち、約8割が
・職場の人間関係
・労働時間などの労働条件
・評価や給与
・仕事のやりがい
などの理由で退職しています。

自主都合での退職理由には、
・自分のスキルを伸ばすために違う企業に転職する
・新しい挑戦として起業する
などポジティブな理由もある中で
約8割の人たちが、
ストレスや不満を抱えて仕事を辞めているのがわかります。

ちなみに
私の会社では、離職率が圧倒的に低いです。

離職率が低い大きな理由は
「個人面談を入れること」です。

これは、従業員の数が少ないからできることではありますが
絶大な効果を発揮しています。

数ヶ月に一回、カフェなどで1〜2時間個人面談をします。
面談といっても、堅苦しい面談ではなく
・最近の職場の状況
・将来考えていること
・プライベートな話
など、真剣な話からリラックスした話全般します。

これは
職場の状況を把握したいという理由もありますが
それよりも
「従業員の子とのコミュニケーションを増やす」
という理由が大きいです。

多忙な中で時間を作ってあげることによって、信頼してくれやすくなるし
私の体験談なども目をキラキラさせて聞いてくれます。

このおかげで、仕事をただこなすだけでなく
私の会社のために働いてくれるようになります。

従業員の子たちは、気持ちよく働けて
私の会社はうまく回っていく。

ポジティブなことが循環しています。

仕事を辞めた場合再就職できる?

仕事を辞めた場合再就職できる?

再就職はできます。
ただ、計画と準備が必ず必要。

「仕事を辞めたい」と考えた時に
退職者が考えることは
・再就職できるかの不安
・再就職できなかった時の収入の不安
が大半を占めています。

その反対に
・若いから再就職には困らないだろう
・前の勤め先と同じような会社なら内定が取れるだろう
と考えている人もいます。

しかし
私の意見としては
どちらの考え方も正しいとは言えません。

まず、
「再就職できないかもしれない」と考えている人に対する意見としては

再就職の難易度は、そこまで高くない!

とういことです。

”再就職”
と聞いた時に
多くの人がネガティブなイメージを持つのではないのでしょうか。

再就職についての調査があるので紹介します。

○再就職検討中時点での声
不利だと思う…57.5%、不利だと思わない…40%、有利だと思う…2.5%

○再就職経験後の声
不利だと感じた…31.9%、不利だと感じなかった…50.4%、どちらとも言えない…17.7%

参考:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/5029/

再就職経験前と経験後の声を比べると
実際経験してみると、不利だと感じなかった人が半数以上いるのです。

まずは、ここで
再就職に対するイメージを変えましょう。

再就職までの期間

○実際にかかった再就職までの期間

1ヶ月以内…21.1%、1〜3ヶ月…30.6%、3〜6ヶ月…20.3%

参考:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/5029/

再就職までの期間が3ヶ月以内の人が全体の約6割程度です。

再就職で一番取り上げられるのが
”個人の能力”です。

あなたが採用を取る側の場合
就職歴が浅くて資格もほぼ持ってない人材と
就職歴は浅くても、パソコンのスキルなどを持った人材
どちらを採用しますか?

もちろん後者ですよね。

再就職では
企業側にあなたを採用させなくてはいけません。

逆に捉えれば

あなたが前職でスキルを身に付けていれば
4年制大学の新卒でアルバイトばかりやっていた人よりも
企業は欲しがるのです。

そのために
武器になるスキルを持っておきましょう。

身に付けておくべきスキルは
この記事の後半で紹介します。

次に
「若いから、就職先はいくらでもある」と考えている人に対する意見として

何も考えずに転職活動しても、失敗する。

ということです。

起業は、「即戦力になる人材」「スキル(武器)を持っている人材」
を求めています。

そして
求職者の中には、仕事をやっているうちに
次の仕事のために、スキルを磨いている人もいます。

そんな世界では「若いから」と言う理由はあんまり通用しません。

何かスキルを身につけようと焦っているくらいがちょうどいいのです。

再就職をサポートする機関

再就職をサポートする機関

【結論】

専門家に頼るのも1つの手
ただ、専門家選びには手を抜くな!

再就職希望者のために
支援を行っている機関や起業が存在します。

「再就職支援」とは、どんなサービス?

再就職支援とは、
不況や災害などで企業がやむをえず人員削減を行うとき、
人材会社(再就職支援会社)が再就職希望者の”再就職”を支援するサービス。
この際、
雇用していた企業が人材会社と契約し、人材会社が企業に代わって
退職者の新しい就職先を見つけます。
サービスの主な内容としては、
退職者のカウンセリングや自己分析のサポート、求人の紹介や模擬面接・履歴書添削、また人員整理を行う企業へのアドバイスなどが一般的。

参考:https://mpg.rightmanagement.jp/tm/hrcafe/cm/200907-4.html

一人で再就職先を決めるとなると
年齢や健康状況
といった点から
かなり難しい場合もあります。

その時は
再就職支援期間や転職サイトを利用しましょう。

再就職までの流れ

再就職を実際にやるとなった時に
何から手伝ってくれるかを紹介します。

(1)適性の分析
(2)目標の決定
(3)応募先の決定
(4)面接対策・履歴書の添削
(5)再就職先の決定~アフターフォロー

参考:https://mpg.rightmanagement.jp/tm/hrcafe/cm/200907-4.html

適性の分析

まずは、自己分析・適性判断を行います。
支援する側も、再就職希望者がどんな人間か理解しないと
スムーズに進めることができません。

どんなことから分析するのかというと
・希望する就職先
・理想の働き方
・前職でどんなことをやっていたか
など

その人がどんな人か分かってから
オススメの就職先を紹介してくれます。

(2)目標の決定

再就職希望者がどんな人間か分かった時点で
次に、目標を決定します。
・就職したい業界
・理想の収入
・いつまでに再就職しておくか
など

これらの目標に沿って
必要なスキルや資格を紹介してくれます。

(3)応募先の決定

いろんなキャリアコンサルタントから
求人を探して、再就職先を決めます。

この際、
人材会社は提携している人材紹介会社・転職サイトの運営会社などと協力しながら、
求人を見つけ出してくれます。
なかには、
退職者の希望する会社に「推薦状(ダイレクトアプローチ)」を送って、
直接面接につなげてくれる人材会社もあるようです。

(4)面接対策・履歴書の添削

応募先が決まれば
面接のための、履歴書の添削や、面接の対策をしてくれます。
魅力をうまくアピールできるよう、準備を進めます。

支援側は
何人もの社就職者をみてきて
再就職まで導いてきているので
アドバイスはかなり実践的です。

中には、
給与・休日休暇といった
条件面の交渉スキルまで伝授してくれる会社もあります。

(5)再就職先の決定~アフターフォロー

実際に合格して再就職先が決まっても、
支援は終わりではありません。

再就職希望者は、再就職した後の
「職場になじめるか」
「しっかり仕事ができるだろうか」
など
再就職後の悩みも持っています。

その部分も支援してくれるところはあります。

具体的には、
面談をしながら人間関係の構築方法についてアドバイスをしたり、
今後のキャリアを一緒に考えたり。
など
手厚いサポートを通じて、転職者は安心して新しい仕事を始められます。

「再就職支援」の企業の選び方

支援してくれる起業によって
あなたの再就職の成功が大きく変わってきます。

どんな起業を選ぶべきなのか紹介します。

・「中高年」の支援に強いかどうか
・求人先をたくさん紹介してくれるか
・再就職後の「定着率」

「中高年」の支援に強いかどうか

再就職に最も多い年齢層が
中高年の層です。

その最も多いターゲットの再就職率が低い企業は
あまり当てにしないほうがいいです。

その起業の力を見極めるために
まずは、中高年の再就職率に目をつけましょう。

再就職支援会社のホームページには、
どの年代の再就職が多いかが書いてある場合が多いです。

求人先をたくさん紹介してくれるか

再就職希望者が「この業界・企業に就職したい」
と、言った時に
それに添えるような求人を開拓してくれるかどうかも、
大事な基準になります。
これによって、いかに親身に転職者をサポートしてくれるかがわかります。

求人開拓力は
ネットワークの広さを参考にしましょう。

求人を開拓する際、
多くの再就職支援会社は外部の人材紹介会社・転職サイトの運営会社などに協力を求めます。
こうした各種人材ビジネスの会社をグループ内に持っていたり、
提携していたりする会社は強いです。

また、営業拠点の数も求人開拓力につながります。
全国に拠点がある会社は、
それだけ求人のネットワークも広いということなので、信頼度は高いでしょう。

再就職後の「定着率」

再就職のゴールをどこに定めるか

ある起業だったら
再就職希望者が再就職できればそれでゴール
ある起業だったら
再就職後に、職場に馴染めたり仕事ができるようになるまでがゴール
など
起業によって変わってきます。

再就職先が決まっても
職場に定着できずに
また、退職してしまっては
それまでの時間が全て無駄になってしまいます、

定着率の高さは、
「転職者の適性をしっかり考えて、再就職先を選んでくれる会社」
という信頼の証でもあります。
再就職の”後”も安心できるサービスのほうが、退職者にもメリットを感じてもらいやすいでしょう。

起業を選ぶ時は、
再就職先に仕事面でも精神面でも”定着”できるまで
サポートしてくれるところを選びましょう。

再就職に役立つ最強の武器

再就職に役立つ最強の武器

【結論】

IT系のスキル・知識・経験は最強の武器になる
それを手に入れれば再就職に困ることはないでしょう。

再就職の時に
100%役に立つ最強のスキルを紹介します。

それは

IT系のスキルです。

具体的に何かというと

・プログラミング
・ウェブマーケティング
・アフィリエイト
・ブログ
・SNS
・Youtube
などです。

なぜIT系のスキルが最強か説明します。

答えは

世界中でそのスキルが求められているから

です。

現在、世界中のほとんどの人が
インターネットを利用しています。

・何かを調べる時はGoogleやYahooで検索
・買い物はAmazonや楽天で済ませる
・飲食店を調べたい時はぐるなびなどで見る

生活の様々なところでインターネットが使われています。

したがって
いろんな起業がIT技術を使った戦略をとり始めています。

つまり

IT系のスキルを持った人材が不足していて
あなたがそのスキルを手に入れることができれば
あなたは企業から求められる存在になるのです。

このスキルがあれば
正直、再就職は簡単です。

どうやってIT系のスキルを身につけるの?

と、思った方もいると思うので紹介します。

それは

ブログでウェブマーケティングスキルを磨く

です。

ブログで勉強するの?

と思ったかもしれませんが
ブログはウェブマーケティングスキルの塊です。

ウェブマーケティングとは
インターネット上で商品をお客さんにうる事です。

ビジネスの基本は

”お客さんの悩みを解決する事”

です

先ほど紹介した
「ホットペッパー」や「ぐるなび」でいうと
お店探しに悩んでいる人の悩みを解決する。

Youtubeの広告なら
脱毛など今の人たちが悩みがちな広告を出して
商品を買ってもらう。

など

お客さんの悩みを解決することによって
お金が発生しています。

読者がインターネットで悩みを検索する

その悩みの解決策を持ったブログを読む

ブログから悩みを解決する商品を買う

ブログを書いている人にもお金が入る

簡単に書きましたが
これが、あなたにお金が入る仕組みになります。

【脱サラ起業ブログ】〜ブログの活用方法が知りたい人はこちら〜

ブログを書くと起きること

ブログを書くと起こること

・ウェブマーケティングスキルが身に付く
・再就職が楽勝になる
・書いた記事が資産になる
・自分の好きな仕事ができる

ウェブマーケティングスキルが身に付く

世の中には
そのインターネットの世界で
お金を稼いでいる人たちがたくさんいます。

そして

インターネット上で、
商品を売る時に必要なスキルが、
ウェブマーケティングのスキルです。

【ブログを書くときに考えること】

・どのように書けば、記事が見られるか
・人はどんなものを求めているのか
・記事ではどんなものが売れるのか

マーケティング的に考えないと、
記事は永遠に読まれません。

私は大学生の頃、
あるサイトを運営して、
月に100万円程の収入を得ていました。

その時に培った、
ウェブマーケティングのスキルは、

その後、

サラリーマンをやっていた時も
今の会社を運営していく中でも
かなり役に立っています。

再就職が楽勝になる

何度も言っていますが

ウェブマーケティングスキルがあれば
あなたを求める会社が一気に増えます。

あなたが選ぶ立場になるでしょう。

再就職を探している時間は
1円もお金を生みません。

できるだけ早い再就職を目指しましょう。

書いた記事が資産になる

記事は一度書けば
その記事はインターネット上に残るので
自分が寝ている間にもお金を稼いでくれます。

ブログ記事からお金が生まれます。

例えば、

あなたがラーメン屋さんを起業して
10:00〜22:00まで働くとしましょう。
その時の利益は12時間の中でしか発生しません。

しかし、

ブログの記事は
24時間365日
文句も言わずに働いてくれます。

20代で脱サラ起業した時、
チャリンチャリンとお金が入れば、
ビジネスに集中できますよ?

これが私がよく言う
お金が勝手に生まれるシステムです。

自分の好きな仕事ができる

どうせやるなら
自分のしたいことを仕事にしたいですよね。

私は自分の脱サラ起業の経験をもとに
好きなことをブログに書いています。

自分の好きな時間に
好きなことを仕事にできて
それでお金がもらえるって
めちゃくちゃいい人生ですよね。

ブログのやり方なんて、わからない!

という人がほとんどなので、
1日33円でブログが運営でき、
そこからお金を生み出す方法をまとめました。

やったこともないのに
やり方を知ってる人なんていません。

ブログの記事も書いているので、
これを読んでブログを始めてみましょう。

脱サラ起業で成功したいなら、
今からブログを書いて準備しましょう。

【無料で、できる?】WordPressで自分ブログを10分で作る方法

【脱サラ起業ブログ】〜ブログの活用方法が知りたい人はこちら〜

【ブログ記事の書き方】脱サラ起業成功者のブログ運営について

タイトルとURLをコピーしました