【休職希望者集まれ!】 ストレスで仕事を辞めたいと思いませんか?

【休職希望者集まれ!】 ストレスで仕事を辞めたいと思いませんか?
さるしゃちょー@脱サラ起業家
さるしゃちょー@脱サラ起業家をフォローする
ストレス解消法として休職するのはあり?
休職する時に気をつけることはある?
休職後に仕事を辞めたいと思ったらどうする?

【休職希望者集まれ!】
ストレスで仕事を辞めたいと思いませんか?
の記事では

投資と経営で月500万円稼ぐ、
さるしゃちょーが、
「ストレスで休職したい」「ストレスでしごとを辞めたい
という考えについて解説しています。

仕事上のストレスへの対処法の一つとして
「休職」というものがあります。

「休職」という言葉は知っているという人は結構いますが
実際にどのような制度か、施その制度の取得方法など
詳しいことまで知らない人が多いようです。

そのため、ストレスを抱えながら仕事をしている人が多いです。

この世の中、情報や知識を持っている人が有利なつくりになっています。

逆の言い方をすると
情報や知識を手に入れておけば、自分に有利に進めることができます。

この記事では、休職について詳しくなってもらいつつ
自分の選択肢を増やせるように書いています。

【この記事を読むと】

・休職のことについて詳しくなる
・休職後に仕事を辞める時のことについて詳しくなる
・仕事を辞める時の注意点がわかる

この記事の信頼性

【休職希望者集まれ!】 ストレスで仕事を辞めたいと思いませんか?の記事の信頼性

こんにちは、さるしゃちょーです。
投資と経営で月500万円稼ぎます。

先日、こんなツイートしました。

みなさんは、社会人になって
明日勉強していますか?

私は、毎日勉強してきました。
今も常に新しいことに挑戦しています。

日本人の平均勉強時間は、1日約6分です。
呆れるくらい短いです。

そりゃ、人生の選択肢は広がらないです。

勉強をやりたくない、娯楽に時間を使いたい
そんな気持ちもわからなくはないですが
私は、自分が40代や50代になってもストレスを抱えながら
仕事をしたくないので、勉強してきました。

そのおかげで、もう働かなくてもお金が入ってくる仕組みを作ることができました。

「50代になっても、働き続けたい」
と言うのなら、止めはしないですが
できれば、働かずに好きな人と好きなことをして暮らしていきたいですよね。

今の現状を変える方法は、何か行動するしかないです。
この記事を読んで、何かしら行動して欲しいと思います。

それでは、本編をどうぞ。

休職について知ろう

休職について知ろう

休職の定義

休職とは、労働者が自分の都合で長期的に会社を休む、つまり労働を免除されること

自分の都合に当てはまるのは、業務外での病気やケガ、ボランティアや留学、
そのほか自己の状況により会社に命じられた、などです。

休職の条件や期間について法律による決まりはなく、
会社ごとに就業規則に定められていますので確認してみましょう。

休職中は、原則として給与や賞与は支払われません。
自分からの申し出による休職で労働をしないため給料が発生しないからです。

しかし病気やケガの場合、本人には何の落ち度もないため、
収入が断たれると生活に困ってしまうでしょう。

そこで公的な制度で手当金を受けられる場合があるのです。
業務外での傷病で療養する際には、
条件を満たせば加入している健康保険からの「傷病手当金」が受給できます。

休職中でも金銭を受け取れるため、安心して療養に専念できるでしょう。

休職と休業は何が違うの?

休業とは、

従業員の自己都合によるケガや病気などにより従業員が何らかの理由で業務を休むことで、
下記のような例があり、それぞれ支給される給付金や補償が異なります。

・育児休業や介護休業
・労働災害によるケガや病気療養のための休業
・会社都合による休業(設備故障による操業停止、経営難による自宅待機、ストライキなど)
・地震や台風など災害によって会社が操業できない状況での休業

休職とは、
労働者が自分の都合で長期的に会社を休むことで会社から許可を得て、
労働を免除してもらうという制度です。
原則として給与はありませんが、業務外の病気やケガの療養で休職する際は、
傷病手当金を受け取れる場合があります。

休職が認められる理由7選

休職が認められる理由7選

休職は、
就業規則に定められており、従業員の自己都合や会社の命令で行われるもので、
休職理由も規定に沿ったものになります。

どんな理由でもよいというのではなく、
妥当性があるものに限り、一般的な休職理由は下記の7つです。

休職が認められる理由①

傷病休職

会社の業務とは関係がない病気
(持病、うつ病など)、けがの他、上司からのパワハラ、セクハラ、社内の人間関係など
が影響して病気になった際には、傷病休職の扱いになります。

傷病休職の場合、
本人の意向だけで休職するのが難しい可能性もあり、
会社側から休職診断書を希望される場合もあります。
また、傷病が原因で休職した場合には、ある一定の条件を満たせば傷病手当金が支給されます。

一方、業務中や通勤中に起こったけがや疾病の場合は、
傷病休職とは異なり、労働災害(労災)による休職という扱いになるため、注意が必要です。

休職が認められる理由②

自己都合休職

ボランティア活動への参加で業務を一定期間休むなどのように、
会社に休職を認められる状況があります。

近年、各地で起きている災害の復興支援や、
社会福祉施設や青年海外協力隊での奉仕活動などに取り組みたいと思う人もいるでしょう。

休職が認められる理由③

留学休職

海外でしっかり学ぼうと思うと長期間の休職が必要になります。
休職であればキャリアを中断せず、留学を終えたらまた元の職場に戻って、
留学で習得した能力を生かして活躍できるでしょう。

たとえば語学や資格、その地域で発展している技術、調理やスポーツなどの習得が挙げられます。

一方でキャリア形成の一環として、必要な資格や能力を身につけるために、
制度として留学が組み込まれている企業もあるのです。

休職が認められる理由④

公職就任休職

雇用している従業員が地方議会の議員に当選するなど、
公職に就いたため多忙になり、業務と両立できない場合は休職の対象になります。

労働基準法では、労働時間中ある程度の公民権行使の保障がされているのです。

しかし、限度を超える不在で業務に影響が出る場合、
双方でよく話し合って解決していくことが望ましいでしょう。

休職が認められる理由⑤

事故欠勤休職

事故欠勤の事故は、アクシデントを指します。
ケガや病気など他のどの理由にも当てはまらない自己都合による欠勤を事故欠勤といいます。

事故欠勤が長期にわたると、「刑事事件を起こし逮捕・拘留され、長期欠勤している」
「そのほか、どの理由にも該当しない自己都合の欠勤だが無断欠勤ではない」などの場合、
会社は休職の措置を取るのです。

休職が認められる理由⑥

起訴休職

起訴休職とは、従業員が刑事事件の被告人として起訴された際
、一定期間または判決確定までの間、会社が休職させる制度です。

しかし裁判例では、刑事事件で起訴されただけで起訴休職にするというのは
認められないとしています。

休職が認められる理由⑦

組合専従休職

組合専従休職とは、労働組合の役員が業務に専念するために、
もともと在籍している会社を休職すること。

通常、組合員は勤務時間外に組合の業務を行いますが、
規模が大きく組合員の多い労働組合では専従の人員を置く状況になります。

休職するメリット・デメリット

休職するメリット・デメリット

何かをする時には必ずメリットとデメリットがあります。

では、休職する時のメリットとデメリットをみてみましょう。

休職するメリット①

仕事から離れて心身の療養に専念できる

休職制度を活用すれば、毎日職場に行く状況から解放されます。
そのため
「仕事の締切りによるストレス」
「数字を取らなければいけないというストレス」
「上司や同僚からのストレス」
などといったような、仕事に関する心配事を一切する必要がなくなり、
体調の回復に専念することができます。

仕事のストレスが原因での体調不良だった場合には、
仕事から一時的に離れることで、一気に回復することも見込めるでしょう。

休職するメリット②

今後についてじっくり考えることができる

仕事に行かなくなることで、自由な時間が生まれます。
その時間を使って、自分は今後どうすべきなのかをじっくりと考えることができます。

休職前は多忙で、とにかく「会社に行く」「仕事をする」しか選択肢がなかった人も、
改めてさまざまな選択肢のメリットとデメリットについて考えてみることができます。
そうすることで、今後の最適な過ごし方を見つけられるかもしれません。

休職するメリット③

心身の体調が回復すれば職場への復帰も可能

休職の最大のメリットともいえるのが、
仕事を休みながらも雇用関係は解消されないという点です。

つまり、医師の診断を受け、診断書の提出など所定の手続きをおこなうことで
職場にはいつでも復帰することができます。

休職後の仕事は保証されているので、特に転職活動することも不要で、
「体調が良くなったら職を探さなければ」というプレッシャーを感じる必要もありません。

休職するデメリット①

収入が大幅に減る

休職中に給与が支給されるか否かは企業の規定や就業規則によります。
一切支給されないという場合も少なくありません。

しかし、労災保険の休業補償制度、健康保険の傷病手当金の制度などがあるので、
当面の期間、ある程度の収入は期待できます。

それでも、通常働いている場合に比べて収入が減少するのは避けられません。

休職するデメリット②

社内評価が下がり、キャリア形成に不利になる

昇進のための条件として、実務の経験年数や成果を挙げる会社は少なくありません。

休職すると当然その期間は実績にカウントされないため、
周囲と比較してキャリア形成が不利になってしまう場合があります。
また、休職したこと自体が、評価の低下につながることもあります。

休職するデメリット③

一度休職すると復帰しづらく感じる場合もある

真面目な人ほど仕事で無理をしてしまい、自らをギリギリまで追い詰めた結果、
休職に陥ってしまうことがあります。
そういった人は、休職したことで楽になるのではなく、

「周囲にも迷惑をかけてしまった」
「自分が弱い人間だと思われている」
「復帰しても白い目で見られるのではないか」

といったようなプレッシャーを抱えてしまい、
復職がしづらいと感じることも少なくありません。

実際に、休職後に職場復帰できた人の割合は5割程度に留まっているというデータがあります。

仕事を辞めるという選択肢

仕事を辞めるという選択肢仕事を辞めるという選択肢

休職をして、しっかりと休養を取れたとしても
「今の仕事を辞めたい」
と思うこともあるでしょう。

私の意見としては、どうしても「仕事を辞めたい」と思うくらいなら
辞めてもいいと思います。

あなたが「今の会社に努めるために生まれてきた」と言うのなら、話は別ですが
そんなことないですよね?

私は、幸せな人生を送るための手段として仕事を選んでいます。

幸せになれない仕事を選んだことはありません。

自分の幸せのために
自分の好きな人たちと
自分の好きな仕事をしています。

実際に、ストレスが原因で離職する人も少なくありません。

離職理由は人それぞれで
・独立したいから
・次のステップに進みたいから
など
ポジティブな理由もありますが

割合で言うと
・人間関係の悪化
・職場環境のストレス
・給与問題
などの
ネガティブな理由で離職する人の方が圧倒的に多いです。

ストレスで悩んでいるのはあなただけではないので
「仕事を辞めたい」と考えるほど悩んでいるのなら
「辞める」と言う判断は間違っていないと思います。

ただ

仕事を辞める前に考えて欲しいこともあります。

今の仕事を辞める前に

今の仕事を辞める前に

前の項目で
「仕事を辞めたいと思ったら辞めてもいい」
と言いましたが
今すぐに辞めるのはオススメしません。

辞める時期がいつであれ
何も準備せずに辞めるのはリスクがあります。

ここで言うリスクとは
・次の仕事に就くまでの期間が長くかかる
・収入がない時間が長くなる
の2点です。

このリスクを最小化するための方法は

安定した収入がある時に、次のステップへの準備をする。

です。

私が言う、次の仕事に向けた準備はとは
スキル(武器)を身につけることです。

多くの人が
今の仕事を辞めてから、スキルを身につけようとします。
しかし
これはオススメしません。

スキルを身につけるなら
「今の仕事に就いているうちに、勉強する」ことをオススメします。

仕事を辞めてからスキルを身につけるために勉強を始めると
次の仕事を始めるまでに時間がかかります。

次の仕事に就くまでの期間は、収入0なので、貯金で生活することになるでしょう。
いつ次の仕事に就けるかわからない状況で収入0はかなりの不安要素になります。

すると、スキルを身につけることに集中できなくなります。
次の仕事への就職はスピード勝負です。

中途半端な勉強をして、次の仕事が決まらないのは
本末転倒なので気をつけましょう。

仕事を辞めると決断する

スキルを身につけるための勉強

今の仕事を辞める

次の仕事につく

この流れで仕事を辞めることをオススメします。

オススメのスキル(武器)

オススメのスキル(武器)

【結論】

これからの時代はIT系のスキルが重宝される。
IT系のスキルを身につければ仕事に困りません。

前の項目で散々、「スキルを身に付けろ」と言ってきましたが

どんなスキルを身につければいいの?

と思いましたよね。

その答えは

IT系のスキルです。

IT系のスキルを細かく説明すると
・プログラミング
・ウェブマーケティング
・アフィリエイト
・ブログ
・SNS
・Youtube
などです。

IT系のスキルをオススメする理由を解説します。

今の社会状況でインターネットを使ってない人なんて
ほとんどいません。

・何かを調べる時は、Googleで検索
・買い物は、Amazonや楽天
・飲食店を調べたい時は、ぐるなび等、

など

インターネットがあれば
大抵のことは解決します。

したがって、
世界中の企業が、ITに力を入れています。

インターネット上で使えるスキルを
ITスキルと言います。

日本中の大企業たちも
インターネット市場の強化を始めています。

IT系の技術を持った人材が求められていて、
それなのにIT系人材は、圧倒的に足りていません。

【結論】

仕事が大量にあるのに、
できる人が少ないチャンスタイム。

そこで

IT系の技術を身につけることができれば
企業側から求められる人材になれます。

そうなってしまえば
怖いものはありません。

IT系のスキル・知識・経験について、
ぜんぜんわからない人の為に、
初心者むけの情報をまとめています。

【初心者向け】IT系のスキル・知識・経験を手に入れる方法
IT企業への就職・転職をサポートしてくれるおすすめ企業【脱サラ起業に成功する為に】

タイトルとURLをコピーしました